prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

ぷるっと潤う唇に!冬の乾燥に負けない唇ケア方法3選

20150217-rip-02

空気が乾燥する冬の悩みといえば、“肌の乾燥”をあげる方が多いと思いますが、中でも「唇」は人に見られやすい部分だから特に気になる部位ではないでしょうか。
冬でもガサガサと硬そうなイメージを抱かせない、ぷるっと潤った唇の女性は魅力的ですよね。
特に冬の時期にはケアが欠かせない「唇」の、ガサガサになってしまう原因と対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

唇はどうしてガサガサになるの?

20151023lip
唇は角質層がとても薄く、かなりデリケートな部位。
他の部分の肌と比べてバリア機能が弱く、乾燥や刺激に弱いのが特徴です。

また、乾燥が気になる場合についついやってしまうのが「なめて湿らせる」という方法ですが、なめてしまうとさらに乾燥が悪化した!という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
唾液には潤い成分が入っていませんから、なめた時は潤っても、水分が蒸発すればすぐに乾燥状態に。
よかれと思ってやって行動が乾燥や荒れを加速させる場合も多いんです。さらに唇の周りの部分までなめるようになると、被害が広がってしまいます。

さらに、唇にはメラニンも少なく、紫外線にも弱いのが特徴。
冬の乾燥だけでなく、紫外線による刺激で唇の荒れや乾燥を引き起こす場合も多いと言われています。
乾燥対策だけでなく、UVケアも重要なケアの1つと言えるでしょう。

なめちゃダメならどうすれば?カサカサ唇を防ぐケア3選

20151023lip
それでは潤ったハリのある唇を育てるにはどうすればいいのでしょうか?
ここでは手軽に毎日続けられる唇ケア方法を3つご紹介します。

(1)口紅の下地には薬用リップを

普段化粧を欠かさない、という女性が多いと思いますが、基本的に口紅には保湿の薬用成分は入っていません。
口紅を塗っても地割れのように見えてしまう、なんて場合はケア不足。
口紅の下にはしっかりと薬用リップを塗り、乾燥を防ぐことが大切です。

(2)お風呂で洗い流す&保湿ケアを

唇は皮膚が薄くデリケートだとお話しましたが、メイクの落とし忘れや不潔な状態は肌荒れの大きな原因になってしまいます。
保湿のため、と1日中いろいろなものを塗っている場合は特に“しっかりと洗い流す”ケアが重要。
ただし、デリケートな部位のため、ゴシゴシ擦るのはNGです。

お風呂でしっかりと老廃物を流したら、薬用リップでの保湿もお忘れなく。
唇のパックや就寝時用の保湿リップを使用することもおすすめです。

(3)毎日の食事で内側からケアを

美は外側のケアだけでは育ちません。肌のターンオーバーをスムーズにするためには必要な栄養をしっかりと摂って、体内の代謝を高めることが重要です。
どんなに保湿をしても、栄養不足で新しい細胞が生み出されなければその場しのぎになってしまいますよ。

エネルギー源である炭水化物、細胞の材料であるたんぱく質、潤いを育てる脂質はバランス良く摂取することは基本中の基本。
さらに、体内のはたらきを活性化させるビタミンやミネラルを積極的に摂りましょう。

まとめ

20151023kiss
手先や足先、唇などの先端や表面の荒れは、体内の荒れた状態を表しています。
外側からのケアはもちろんですが、内側からの健康を大切にぷるっと潤う肌を育ててくださいね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー