prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

コスメジプシーさん注目!自分の肌に合う究極のコスメとの出逢い方

20150217-cosume-03

「コスメジプシー」というワードをご存知ですか?

「ジプシー(ロマ)」は遊牧民族のことで、1つのコスメを使い続けるのではなく、お気に入りのコスメを見つけるまで様々なメーカーや種類のコスメを試すことを意味しています。
日々新しい技術や栄養素が発見・開発されているため、「もしかしたらもっと良くなるかも!」と期待してしまいますし、どうせなら自分の肌質にピッタリと合ったものを使いたいですよね。
肌の質は人それぞれですし、使ってみなければ効果も見えませんから、ついついコスメジプシーをし続けてしまいがち。
「だからといって一生ジプシーでは……そろそろしっかりと自分に合ったものに出逢いたい!」そんなあなたのために、コスメジプシー脱却のためのポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

コスメジプシー脱却のためのポイント

1:闇雲に試すのはNG!肌の知識を積極的に取り入れる

肌ケアは1つではありません。
「エイジングケア」や「乾燥対策」など、年齢による肌質の変化やケアの目的によってたくさんのスキンケア方法があること、ご存知ですか?
加齢によって引き起こしやすいトラブルを解消したいのか、季節や気温の変化に伴う潤い不足を解消したいのか、ニキビや吹き出物などの肌トラブルを解消したいのか……。対処したい原因や状況によって必要な成分や方法は異なりますから、「肌にいいから」と闇雲に有効成分を取り入れてもその成分に欲しい効果があるとは限りません。

そこで重要になってくるのがお肌に関する知識をしっかりともっておくこと。
季節や年齢、体質によって引き起こしやすいトラブルやその解消法は異なります。
積極的に美容事典を開き、肌の情報を取り入れてみてくださいね。
肌の構造や目的に合ったケア成分を知っておくことで、どんなコスメを選べば良いかが自分で判断できるようになりますよ。

スポンサーリンク

2: 経験したら、記録しておく

新しい成分配合のコスメを発見して導入してみたら、なんとなく良かった!
そしてまた新しいものが登場したからこっちも試してみよう。
あれ?なんとなく合っていないかも……。
これの繰り返しでは、いつまでたってもどれが自分にあったコスメなのかが判断できません。

新しいものを試してみた場合は、どんな成分が含まれていて、どんな効果が実感できたのかを記録しておくことが重要です。
その成分が作用する美容効果まで調べておくとなおよいでしょう。
こうして経験値が上がっていくと、どんな成分が配合されているコスメが自分に合っているのかがよく分かります。
「この成分は自分に合わない」という経験も大切。
次からその成分入りのコスメは対象から外すことができ、「買って損した〜!」という失敗を避けることができます。

3: 基本のスキンケアセットはもっておく

どんな肌ケアにも欠かせないのが乾燥を防ぎ、ターンオーバーを活性化させた肌の土台づくり。
これに必要なのは基本の「化粧水」、「乳液(保湿クリーム)」、「美容液」の3つと言えるでしょう。
化粧水は水分量を整え、乳液(保湿クリーム)は水分の蒸発を防ぎ、美容液は美容成分をチャージする役割があります。
この基本の土台がしっかりとしていれば、ベースの肌ケアはOK。
それ以外のコスメで様々な美容効果をプラスすることで、コスメをカスタマイズすることができます。
自分にあったコスメは欲しいけど、ジプシーも楽しみたい、そんな場合こそ、しっかりと基本のスキンケア製品を吟味し、自分に合ったものに出逢っておくことが重要。
肌が弱い場合は皮膚科や専門家に相談し、肌トラブルを起こさず保湿をしっかりとしてくれる基本のスキンケアセットをもっておきましょう。

自分にあったスキンケアを選びましょう

そろそろコスメジプシーを脱却したい……!
そんなあなたは、まずは基本のスキンケアセットを決め、肌の知識を取り入れながら心に響いたコスメを試して経験値をUPさせていってくださいね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー