prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

知ってた?スキンケア用品の信頼度は表示で判断可能!

ecf2c4b78217c0c07fdde3b416cb5caf_m
スキンケア用品を選ぶ際、どんなことに気をつけていますか?

「人体に悪影響がないか」「本当に効果があるのか」「肌にやさしいか」など、吟味したい要素はたくさんあるけれど、どれが安心なのかよくわからない、という人も多いのではないでしょうか。

安全性や効果の程度を判断する基準の1つに「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」などの“分類”がありますが、実際にどれがどの程度信頼できるのか、一体どこが違うのかが分からないと選ぶ基準として使いこなせませんよね。

お金を出して買うものだから、安全なものや効果があるものを選びたいもの。
肌に触れるスキンケア用品を選ぶ際は表示に注目して、表示の違いによってその安全性や効果を判断できるようになってくださいね。

スポンサーリンク

何が違うの?「医薬品」・「医薬部外品」・「化粧品」の表示の意味

何となく違うことは分かるけれど、具体的に説明するのは難しい「医薬品」・「医薬部外品」・「化粧品」の違い…。

実はこんなに違うんです!

(1)医薬品

医薬品は病気の治療が目的のいわゆる「薬」のこと。
厚生労働省に有効性分の効果が認められたものが配合されているもので、病院で医師の処方がなければ手に入れられないものや、ドラックストアで手軽に手に入れることができるものもあります。

風邪薬や頭痛薬などはイメージしやすい医薬品の例ですね。
スキンケア用品では、ワセリンや保湿外用剤などが医薬品の仲間です。

スポンサーリンク

(2)医薬部外品

医薬部外品は医薬品と化粧品の中間に位置する、“医薬品に準ずる”もの。効果や効能は認められているものの、病気などを治すものではなく、あくまでも予防に重点をおいたものを指します。

効果も“期待できる”と書かれていたり、体質などによって個人差があると表示されていたりするやや曖昧な位置に存在しています。
薬用の歯磨き粉や制汗スプレー、薬用クリームなどがこれに当たります。

(3)化粧品

薬事法によると、化粧品とは「人間の体を清潔にする」、「美化する」、「魅力を増やす」、「容貌の変化させる」、「皮膚や毛髪を健やかに保つ」、などこれらのために、体に塗るものです。

その作用は、人体に対して緩和であり、人体に悪影響がないと認められている成分を使用している、程度の保証しかありません。スキンケア用品によっては「お肌に以上が合った場合は使用を控えてください」と書いてあることもありますよね。

使ってみないと効果も安全性も確かめにくいものと言えるでしょう。具体的には石鹸やシャンプー、メイクアップ用品などがあげられます。

効果や安全性の高さで考えると「医薬品」>「医薬部外品」>「化粧品」の順に信頼性が高くなると言えますが、病気の治療意外でオシャレやケアに使用するものは「医薬部外品」や「化粧品」が多いため、使用頻度の高さは逆の順番になる場合が多いですよね。

ブランド名に安心しきってしまうのではなく、しっかりと表示を確認して自分の肌に合っているかどうか、効果はありそうかをチェックする目が重要。肌の健康を守った上でスキンケアをしたい場合は、毎日使っているスキンケア用品の分類や配合成分をしっかりと把握できているのが理想です。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー