prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

黄色信号!保湿成分が不足すると乾燥するだけじゃない?!

スポンサーリンク

皮膚に存在する保湿成分の働き

様々な保湿成分について話してきましたが、保湿力の高い成分は角質層や真皮に元から存在するものがほとんどでした。では、角質層と真皮でこれらの成分が不足するとどうなるのでしょうか。

角質層の保湿不足

角質層の保湿をしているセラミドは水分を挟み込む力が強く、湿度0%になっても水分を逃がさないほど強力です。しかし、洗顔のしすぎという外部刺激でも失われやすい成分でもあります。セラミド不足は角質層の乾燥を意味し、肌荒れや粉吹きなどの形で表面に現れます。「乾燥肌」と言ったときに指すのは、この肌の状態がほとんどです。

そしてセラミドには、外部刺激を角質層で留め肌の内側を守る「バリア機能」があります。
これこそがセラミドの最も重要な働きです。セラミド不足になると肌荒れとともに角質細胞が乱れ、その隙間から水分が蒸発し、細菌やアレルゲンなどの刺激も肌の奥に届いてしまいます。これによって肌の奥も乾燥が進行してしまい、刺激によって炎症やかゆみも生じてしまうのです。

真皮の保湿不足

真皮の主な構成分物質は、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンです。保湿を担うのは主にヒアルロン酸で、真皮の細胞の間をゲル状になって満たして肌にハリを与えています。そしてそのヒアルロン酸を抱えているのがコラーゲンで、さらにそのコラーゲンをつないでいるのがエラスチンです。真皮の保湿不足は、内側からの乾燥を意味しています。

まず、ヒアルロン酸は水分を抱えて真皮の水分を保持しています。これが不足すると真皮が水分不足になるだけでなく、ヒアルロン酸が担っていた「肌のハリ」も失われ、しわの原因になってしまいます。

コラーゲンは「真皮の柱」とヒアルロン酸を抱えて真皮の水分を保つ働きをしています。コラーゲン不足は真皮の柱が失われることであり、しわはもちろん、たるみの原因にもなります。そしてヒアルロン酸を抱えることができなくなり、真皮の水分不足にもつながってしまいます。

そしてエラスチンは真皮の柱であるコラーゲンをつなぎ、ゴムのような性質が肌に弾力を与えています。エラスチンはゴムのように伸縮性があるため、不足すると肌も伸縮性を失い、肌を押しても元に戻る力が働かなくなってしまうのです。そして肌の土台である真皮がその形を保てなくなり、たるみの原因になってしまいます。また、コラーゲンと同様にヒアルロン酸も支えきれなくなり、真皮の乾燥の原因になってしまいます。

内側と外側の保湿

表面である「角質層」と内側である「真皮」、どちらも十分な保湿によって健康な状態でいられます。そして、表面を保湿することで内側の潤いや肌の土台としての役割も守られます。すぐにできるのは表面のケアです。正しいスキンケアをして、本当に健康な肌を目指したいですね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー