prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

お肌に優しい洗顔石鹸おすすめランキング | 無添加石鹸で赤ちゃん肌をゲット!

洗顔石鹸ってたくさんあるけど、結局どれがいいのかわからない!
数ある洗顔石鹸のなかから、自分のお肌の悩みを解決してくれる商品を見つけるのは大変ですよね。

今回は効果のある肌トラブルはもちろん、お肌に優しい無添加の商品を、選ぶポイントと共にご紹介します。
洗顔は毎日行うものなので、刺激は少ないほうが肌トラブルも少なくなります。
美肌になりたい方は必見ですよ!

洗顔石鹸おすすめ1位

スキンケアにおける洗顔の役割

そもそも、洗顔をする目的ってなんでしょう?
汗をかくから?お肌の調子を整えるため?

洗顔をするうえで忘れてはいけないのが「お肌についた汚れを落とす」こと。

メイク汚れはもちろん、ほこりや排気ガス、花粉などによって付着した汚れと、皮脂や汗が混じってできる肌の汚れもあります。
これがしっかり落ちないと肌荒れやニキビなどのトラブルに繋がってしまいます。

保湿成分や美白成分が配合された洗顔料もありますが、大半はすすぎの時に流れてしまいます。
そのため、洗顔において一番大切なのは「お肌の汚れを落とす」ことなのです。

そもそも洗顔石鹸って何?

001482

顔のお肌は、体のお肌と比べると皮膚が薄くてデリケート。
そのため、洗顔料はお肌に負担をかけないような成分を使っていたり、泡立ちやすく作られています。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

皆さんが顔を洗う時に使う洗顔料には、大きく分けると2つの種類に分かれます。
それが洗顔石鹸と洗顔フォーム。
どう違うのかというと「配合成分」と「アルカリ性か酸性化」で分けられます。

一般的なイメージだと洗顔石鹸=固形、洗顔フォーム=クリームなど、「形」が違うと思う方が多いですよね。
しかし、実は形は関係なく、固形でも“石鹸でない”こともあれば、固形でなくても“石鹸である”場合もあります。

洗顔石鹸はアルカリ性で天然成分配合

石鹸と呼べるものは全て「アルカリ性」でできています。
成分の表示は石けん素地や
お肌の表面部分は弱酸性で、外部からの刺激や、雑菌繁殖を防いでくれます。

お肌とは真逆のアルカリ性の石鹸で洗顔するのはお肌によくないのでは…?と感じる方もいるでしょう。
しかし、洗顔後は新しい皮脂が分泌されることで、お肌は弱酸性に戻ります。
中和されることでアルカリ性の洗浄力は失われるため、問題はありません。

アルカリ性の石鹸のいいところは“お肌に優しい”ところ。
天然成分が中心なので、お肌本来の再生能力で健康的なお肌を目指すことができます。

洗顔フォームは弱酸性&中性

一方、洗顔フォームは弱酸性や中性です。
天然の洗浄成分ではなく、合成界面活性剤という水と油を混ぜるための成分によって、汚れを洗い流します。
泡立ちやすくお肌がしっとりして、安く手に入るのが特徴です。

ただし、合成界面活性剤は洗浄力がかなり強力なので、多用している洗顔フォームはお肌本来の皮脂まで落としてしまう可能性も…。
皮脂を落とし過ぎることでお肌が乾燥したり、ニキビの原因になるなど肌トラブルにつながることもあります。
そのため、主成分や成分表の上の方に合成界面活性剤がある場合は注意が必要です。

洗顔石鹸がおすすめな2つの理由

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いはお分かりいただけましたか?
それでは、改めて洗顔石鹸を使った方がいい理由を紹介します。

① 皮脂を落としすぎない

「汚れは落とすべき」と強力な洗浄力を求めるのはNG。
もちろん汚れは落とすべきですが、皮脂はお肌を保護するために必要な成分。
落としすぎてしまうと外部刺激からお肌を守り、水分量を保つ役割を持つバリア機能が壊れ、敏感肌や乾燥肌になってしまいます。

この皮脂まで落としてしまう危険がある成分が合成界面活性剤。
しかし、洗顔石鹸にはこれが含まれていないものが多いため、お肌にもいいとされています。

② スキンケアが浸透しやすい

「油分」が少ないため、洗い上がりはつっぱりしてしまう洗顔石鹸。
しかし、洗顔料に保湿成分が含まれていないため、その後のスキンケアがしっかり肌の奥まで浸透しやすくなっています。
「汚れを落とす」ことに特化しているのが洗顔石鹸なのです。

スキンケアアドバイザー
洗顔はそもそも「汚れを落とす」ことが大切!でも、お肌本来が持つ再生力はキープしなくてはいけません。
そのためには皮脂を落とし過ぎず、汚れだけを落とす“洗顔石鹸”がおすすめなのです。

洗顔石鹸を選ぶポイント

20160303-sengan0001

洗顔には洗顔石鹸がおすすめだということはわかっていただけましたか?
それではいよいよ、洗顔石鹸を選ぶポイントを見てみましょう!

① 泡立ちがいいもの

洗顔石鹸のひとつのポイントとして、「泡洗顔」があります。
細かい泡で行う洗顔は肌に負担がかからず、毛穴の古い角質を落とす効果が期待できます。

洗顔石鹸の種類によって泡の感触は違うもの。
どんな泡で、簡単に泡が作れるかどうかは大切なポイントの一つです。

② 長期間・手作りで作られているもの

洗い上がりのツッパリ感が欠点の石鹸。
しかし、美容成分が配合されている石鹸ならその心配もありません。

その区別をつけるのが「長期間・手作り」。
石鹸には製造方法によって、「機械練り石鹸」と「枠練り石鹸」と分けられます。

機械練り石鹸は全てを機械で作っていきます。
大量生産ができるためローコストですが、原料の98%を石鹸素地にしなくてはいけないので、保湿成分も配合できません。

対して「枠練り石鹸」。
大きな枠の中に流し込んで、長時間かけてゆっくりと固めていく製法です。
手間がかかる製法のために、どうしてもコストが高くなりますが石鹸素地以外の成分を30~40%も配合できるので、美容成分も入れたい放題です。

つまり、洗浄力と美容成分を含んでいるものは長期間をかけて、手作りで作っています
洗顔石鹸を選ぶときは「どんな行程で作っているのか」もチェックするようにしましょう!

③ コスパの良さ

綺麗なお肌を手に入れるにはスキンケアは毎日コツコツ行っていくもの。
高いものを選んで続かなかったら意味がありません。
特に洗顔は毎日続けるものなので、コスパの良さは欠かせないのです。

編集部おすすめ!人気の洗顔石鹸ランキング!

泡立ちが良く、美容成分を多く含む枠練り方法で、コスパのいい洗顔石鹸を編集部でランキング付けしました。
汚れはしっかり落とし、お肌に栄養を与えてくれる洗顔石鹸をピックアップしています。
自分にぴったりの洗顔石鹸を見つけてくださいね。

敏感肌人向けの洗顔石鹸を知りたい人は「【敏感肌用】正しい洗顔方法&おすすめの洗顔石鹸ランキング」を、ニキビ肌に悩んでいる人は「ニキビ肌になったら洗顔法をシフト!おすすめの洗顔法と洗顔料」も参考にしてみてくださいね。

※価格は全て税込み価格です。

【1位】VCOマイルドソープ

vco0001

初回特別価格 ¥1,536
内容量 85g(夜のみ使用で2か月分)

害のある成分は一切なし!正真正銘の無添加・無香料!

VCOマイルドソープの人気の秘密は何よりも無添加・無香料であること!
不要な汚れをしっかり落とし、肌に必要な皮脂はしっかり残す、洗顔本来の役割を果たしてくれる石鹸です。

まるで生クリーム。もこもこ泡で毛穴の汚れをキレイに

濃密な泡はふわふわもっちりしていて気持ちいいと評判。
毛穴の汚れを洗い流し、透明素肌を作ります。
10秒で誰で二にじにじび泡ができるのもうれしいポイント。

洗顔後はつっぱらず、さっぱりとした仕上がりに

VCOは皮脂と似ている成分が多く含まれているため、汚れを落としつつ、肌の潤いを保つのに必要な皮脂は残してくれます。
そのため、洗い上がりもつっぱることなくもちもちのお肌に。

汚れもしっかりおちるから化粧水もぐんぐん浸透していくのです。

>>レビューを見てみる

公式HPを見てみる

【2位】ペネロピムーン ジュノア

penero

初回特別価格 ¥1,080
内容量 50g(1か月使用)

世界7か国で販売している実力派洗顔石鹸!

ペネロピムーンは石鹸を55年間作り続けてきた職人の方が作り出す本物の石鹸。
雑誌にも多数掲載され、世界7か国で販売、ついに60万個を突破!
お肌に優しいのに汚れをしっかり落とし、栄養まで与えてくれるため、多くの方から支持されています。

もちもちの泡でダメージなく汚れを落とす

濃厚で弾力のある泡は、お肌にダメージを与えないように開発されたもの。
固形石鹸ですが、チューブ型の石鹸にも負けないほどしっかりとした泡でお肌の汚れを落としてくれます。

14種類の和漢植物エキスと5種類の美容成分を配合

ハリや保湿、ツヤに効果があるペネロピムーン。
14種類の和漢植物エキスと5種類の美容成分はすべて天然由来です。
また、職人の方が90日間かけて「枠練り製法」という手法をつかって作るため、固形の洗顔石鹸でも美容成分25%配合することが可能になりました。

>>レビューを見てみる

公式HPを見てみる

【3位】然よかせっけん

20160323-yoka

毎月定期コース ¥1,841
内容量 88g(2か月分)

有効成分配合でスキンケア大学マークを取得、医療部外品に!

医療部外品とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているもの。

然よかせっけんはグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので、皮膚の清浄、ニキビや肌荒れ、カミソリ負けを防いでくれます。

また、スキンケア大学マークは医療部外品であり、かつ品質確認で審査をクリアした商品だけが取得できるもの。
お肌に安全な商品にしか取得できないマークだから安心して使うことができます。

もっちりした弾力のある泡が人気!

汚れを落とすことを考えて作られたよかせっけんの特徴は、押すと跳ね返るくらいの弾力のある泡!
肌に吸いついて汚れを吸着してくれるから、負担ゼロでしっかり洗顔が実現できます。

美肌成分が60%以上配合!効果を重視した洗顔石鹸

固形石鹸は99%が洗浄成分で、美肌成分は最大1%しか配合されないことも多々ありますが、よかせっけんは「練り石鹸」にすることで60%以上の美肌成分を配合しています。
美容成分が置く含まれているからこそ、肌荒れもしにくく、洗顔後につっぱらないのです。

>>レビューを見てみる

公式HPを見てみる

【番外編①】プチプラ!ドラッグストアで買える洗顔石鹸

ランク外ですが、ドラッグストアで気軽に買える石鹸をご紹介します。

カウブランド 赤箱&青箱

kauburando

1個100gで赤箱は108円、青箱は86円と激安の固形石鹸です。
洗顔のみならず、ボディを洗うのにも重宝します。

赤と青の違いは成分や感触の違い。
赤箱はうるおい成分をミルク成分のほか、スクワランを配合しているため、しっとりすべすべなお肌になります。
青箱はミルク成分のみですが、さっぱりした使い心地です。

品質を第一に考え、モノづくりを続ける牛乳石鹸。
販売元が創業100年を超える老舗のメーカーというのも人気のヒミツですね。

明色うるおい泡美人 馬油石鹸

bayu
@cosmeのベストコスメでもランクイン経験のある洗顔石鹸。
馬油10%なのでもっちりしっとり、保湿力のある洗顔石鹸です。
泡立てネット付きなのも嬉しい!918円です。

【番外編②】洗顔フォームで人気のもの

洗顔石鹸をご紹介してきましたが、ここでは人気の洗顔フォームもご紹介します。

どろあわわ

doroawawa

芸能人も多く使う、泥洗顔の人気商品!
沖縄産のマリンシルトとベントナイトという2種類の泥で、毛穴の黒ずみや汚れをしっかりキャッチします。
また、もっちりして弾力性のある泡で摩擦によるダメージを防ぐので、お肌の負担をなくします。

20代~50代まで幅広い方が愛用している人気商品です。

TOP3の商品を徹底比較表!

VCOマイルドソープ ペネロピムーン 然よかせっけん
20160301-sengansekken_vco>購入 107298>購入 20160301-sengansekken_yoka>購入
お試し価格 ¥1,536 ¥1,080 ¥1,841
通常価格(1ヶ月) ¥3,074 ¥2,149 ¥1,944
返金保証 15日間返金保証(初回のみ) お届け後7日以内(未開封のみ) 未開封のみ可
効果のある肌トラブル 黒ずみ毛穴
くすみ
乾燥
ニキビ
乾燥肌
毛穴
たるみ
大人ニキビ
くすみ
黒ずみ毛穴
くすみ毛穴
ニキビ
効果的な成分 VCO(ヴァージンココナッツオイル)
ヒアルロン酸
ヒアルロン酸
ダイズ発酵エキス
アミノ酸
シルクパウダー
コメ胚芽油
その他和漢植物エキス14種類
コラーゲンエキス
アロエエキス
ローヤルゼリーエキス
保湿成分(緑茶エキス、ウーロン茶エキス、黒砂糖)
安全性 無香料
無着色
無鉱物油
タール
パラベン
無合成香料
無合成着色料
無鉱物油
無香料
無着色
無鉱物油
防腐剤 なし なし なし
公式サイト VCOマイルドソープ公式サイト ペネロピムーン公式サイト 然よかせっけん公式サイト

どの洗顔石鹸も汚れをしっかり落とし、泡立ちも良いと評判の商品です。
完全無添加なのはVCOマイルドソープ

完全無添加で泡立ちもよく、コスパが良いと総合的に考えると、VCOマイルドソープが一番良いでしょう。

「無添加」でも必ず肌に良いとは言えない!?

お肌に優しいなら無添加、と思っている方も多いと思います。
しかし、実際は「無添加」と書いてあっても合成界面活性剤が入っていたり、パラベンが入っていたりすることも…。

「無添加」表記の仕組みを解説します。

「無添加」表記は定義があいまいなのが現実

無添加化粧品と記載されている商品は多いですが、実際のところ「無添加」ということに明確な定義はありません。
無添加とはすべての添加物がないという意味ではなく、厚生労働省によって定められていたアレルギー反応を起こす疑いのある成分がはいっていないものを示すものなのです。

しかし、この成分以外にも危険な成分はあります。
肝心なのは「何が」無添加なのか。
表示をしっかり確認することが大事です。

また、「オーガニック」と書いてあっても自然由来のものを使っているというだけで「無添加」ではないので要注意です。

気を付けるべき成分

化粧品には全成分を表示する義務がありますが、正直何がなんだか全然わからないのが消費者の現状です。
そこで、注意するべき成分とその成分の役割を覚えておきましょう。

合成界面活性剤

化粧品や洗顔料には“界面活性剤”という水と油を混ぜるために必要な成分が含まれています。
この成分のおかげで汚れを落とすことができます。
私たちがもともと持つ皮脂にも界面活性剤の役割を果たす成分は含まれているので、界面活性剤が悪いというわけではありません。

合成界面活性剤は界面活性剤の強力なバージョン。
強い洗浄力を持っているため、お肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

その結果、お肌の水分を保ち、外部刺激からお肌を守るバリア機能が弱まり、肌トラブルに繋がってしまうのです。
絶対使ってはいけないという成分ではありませんが、多用することでお肌へのダメージとなってしまう可能性があります。

【記載成分例】スルホン酸、~硫酸、Na,アンモニウム、ラウリルといった言葉が入る成分が多い。
ラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ラウレス硫酸アンモニウム、ラウリルスルホン酸ナトリウム、キシレンスルホン酸ナトリウム、スルホン酸ナトリウム、パレス-3硫酸ナトリウム、パレス-3硫酸アンモニウム、ステアリン酸PEG~、ステアリン酸TEA、ステアリン酸グリコール(SE)、ステアリン酸グリセル(SE) 等

防腐剤

防腐剤はその名前の通り、化粧品を腐らないように保つためのものですが、肌に刺激を与えてしまいがち。
防腐剤を使用していないほうが危険だという方もいますが、その理由は「腐ってしまった化粧品を肌につけることが危険」だということ。
洗顔料は形状によって防腐剤を使わなければいけない場合とそうでない場合があります。

石鹸に関していえばそもそも防腐剤などいれなくても変質することはありません。
その秘密は酸・アルカリの度合いを示すph値。微生物が繁殖しやすいとされるph値は3~10のため、ph値を10以上にすれば防腐剤はなくても腐らないということ。
お肌への負担を考えたら防腐剤を使用しない洗顔料を使ったほうがいいということになります。

【記載成分例】~パラペン、フェノキシエタノール、安息香酸、ヒノキチオール等

VCOマイルドソープは完全無添加!

20160418-vco

ランキング1位のVCOマイルドソープは、これらの合成界面活性剤や防腐剤を一切つかっていない、正真正銘の無添加化粧品です。

それでいて保湿効果もあるため、つっぱらずにしっとりした洗いあがりになります。
お肌への刺激が気になる人や、お肌本来の力を取り戻し、キレイなお肌にしたい人には特におすすめです!

VCOマイルドソープの公式サイト

美肌効果を上げる正しい洗顔方法

洗顔を変えてもゴシゴシ洗ってしまったり、洗いすぎてしまっては努力も水の泡。
せっかくなので正しい洗顔方法も一緒に覚えましょう!

正しい洗顔をするとどんな効果があるの?

お肌のターンオーバーを整える

正しい洗顔を行い、汚れ・老廃物をしっかり落とすことにより、古い角質を取り除いてターンオーバーを整えることができます。
洗顔しないでおくと古い角質が剥がれ落ちず、蓄積されてしまい、お肌が黒ずんで見える原因になるのです。

ターンオーバーを整えることは、シミを防いだり、肌の透明感がアップしたりとメリットがたくさんあるのです。

洗顔後のスキンケアの効果が上がる

肌の表面に膜を張っていた皮脂や汚れを落とすことにより、その後のスキンケアが肌の奥までしっかり浸透しやすくなり、肌の潤いをキープすることにつながります。
そのためにもしっかり汚れを落とさなくてはいけませんが、そのためには正しい洗顔を行うことが大切なのです。

洗顔のコツ

洗顔の適温は32度

何度もいっているとおり、お肌にとって皮脂はある程度必要なもの。
その皮脂を残すために必要な最適な温度が32度だといわれています。
しかし、32度と言われてもいちいち温度計で図るのも面倒なもの。

そういう場合は、「少しぬるいかな?」という温度にすると32度近辺であることが多いようです。

手順

①手をキレイにする
②洗顔料をしっかり泡立てる
③くるくるとハートを描くようにして泡をつける
④口元や目元は泡をのせるだけ
⑤すすぎは20回以上行い、しっかり泡を落とす
⑥清潔なタオルで顔をおさえるように拭く
⑦すぐに保湿を行う

オーソドックスな手順はこの通りです。
手でゴシゴシこすることがないように注意しましょう!

固形の洗顔石鹸の保存方法

固形の洗顔石鹸の場合は浴室に置いておくと崩れやすく、気がついたらそんなに使っていないのに小さくなっていた…。
こんなことがないよう、固形石鹸を使う際は保存方法に気を付けましょう!
ポイントをお伝えいたします。

石鹸使用後は水分をきる

水分がついたままだったり、石鹸置きに水がたまっていると石鹸が傷みます。
そのため、使用後はしっかり水分をきることが大切。
できるならタオルやキッチンペーパーで拭きましょう。

保存場所は風通し良し&湿気が少ないところに

水分がついていると石鹸が傷んでしまうため、保存場所は水気のない場所が適切。

石鹸置きはスポンジorタオル

風通しのよく、水分をとばすため、おすすめなのはスポンジやタオルの上におくこと。
スポンジなら水はけもいいですし、タオルの上なら水分を吸収してくれます。
ネットに入れてつるすのもOKです。

毎日使う洗顔石鹸を見直してコツコツ美肌を目指そう!

洗顔石鹸を使うことで、お肌を健康な状態にすることができます。
自分のお肌に合うものは何なのか、しっかり知識をいれたうえで、正しい選択をしていきましょう。

こうして毎日の洗顔を見直すことで、根本からの「美」を目指すことができます。

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー