prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

知って納得。冬から春のファンデーションの選び方

お肌をより魅力的に見せるアイテムとして重要なものの一つに「ファンデーション」が挙げられますね。
もしもお肌が荒れていても、ニキビが出来ていても、疲れがたまって顔色が悪くてもファンデーションを塗れば瞬時にそんな悩みは無くなります。
ファンデーションの形状にはパウダータイプ、リキッドタイプ等の種類があります。

そして、同じタイプのものでも、カラーも仕上がりも様々で、何を選ぶかで仕上がりがかなり違います。
どのようなタイプのファンデーションを選ぶのかは人それぞれの好みがありますが、ファンデーションは日中の長い時間顔につけておくものなので、なるべくお肌に合うものでお肌を刺激しないものを使用したいですよね。

最近はミネラルファンデーション等も人気があるようですが、一体どのようにお肌に合うファンデーションを選べば良いのでしょうか。

お肌状態の移り変わり

季節によってお肌の状態が変化することを実感されたことはありませんか。
お肌の状態はお肌の水分量、皮脂分泌量によって大きく影響を受けるので、季節によってお肌状態は変化します。
春は花粉でお肌が敏感になり、夏はべたつくのに室内の強い冷房で乾燥する。秋は夏の疲れからお肌も疲れ気味で、冬は乾燥の季節なのでお肌の状態もカピカピで粉を吹いてしまう。

このように、私たちのお肌は時期や季節、環境によって状態が常に変化しているのです。
夏は日焼けもしてしまうので、ファンデーションのトーンも暗くしたほうがお肌に馴染みやすいし、冬は明るい色の方が良いでしょう。
季節によって選ぶタイプも異なりますね。
冬は保湿タイプのファンデーションで潤いを守ってほうが良いですが、夏は保湿よりもサラサラするタイプのファンデーションで、更にUVカット機能のあるファンデーションならより良いです。

このように、季節によってお肌に最適なファンデーションは異なるのです。
その時期その季節に合わせたファンデーションを使用することが、気持ち的にも見た目的にも、そして何よりお肌のためにも良いといえます。
そんなファンデーションの選択に一番悩み、選ぶのが非常に難しいのが、冬のファンデーションから春のファンデーションへの切り替えです。
春といえば夏ほどUV機能については気にしないかもしれませんが、紫外線はかなり強くなっている時期です。

そして、保湿についてもまだまだ無視できない季節でもあります。
そんな春に向けてはどのような観点でファンデーションを選べば良いのでしょうか。

冬のお肌状態

では、具体的に冬のお肌状態を見てみましょう。
冬は気温と湿度の低下から、お肌の水分の蒸散量は増加し、皮脂分泌量は減少します。

その結果お肌は乾燥してカピカピ状態になってしまうので、お肌に水分を補給することと、油で保湿の膜をはっておくことが非常に大切です。
更に冬はお肌の新陳代謝も低下しているので、お肌のターンオーバーも乱れがちになります。

お肌の新陳代謝がうまくいかずターンオーバーが乱れてしまった結果、くすみやすく、透明感のないお肌にもなってしまいます。

以上より、冬のお肌に最適なのは保湿力に力を入れているタイプのファンデーションといえます。
日々のスキンケアで保湿を意識することも大切ですが、日中長い間つけているファンデーションにも気を配り、日中もお肌を守っていきましょう。

春のお肌状態

では寒い冬を抜けて春が近づいてきた時はどのようなお肌に変化しているのでしょうか。
寒かった冬が通り過ぎ、ぽかぽかと暖かくなってきて、春の到来は気分も晴れやかになりますね。

しかし、実はこの春こそがお肌トラブルが出やすい時期ともいえるのです。
春といってもまだお肌はカサカサするし、余計に化粧のりが悪く感じることはありませんか。
春こそお肌も荒れやすく、お肌のコンディションがなかなか整わないと感じませんか。

それもそのはずです。春は寒い時期と暖かい時期を繰り返す季節です。
その環境の変化についていけずに、お肌のターンオーバーが乱れ、お肌のバリア機能が低下してしまうのです。

また、花粉の季節でもあることから、バリア機能が弱まっているお肌に更に刺激が加わりやすい状態が出来上がってしまうのです。
どうも春はお肌に優しい季節とは言い難い面を持っている春。
スキンケアとしては汚れを落としつつ、しっかりと保湿することを続けることが大切ですが、では春のファンデーションはどのようなものを選べば良いのでしょうか。

冬から春にかけてのファンデーションの選び方

冬は保湿機能を重視したファンデーションを選びますが、春にかけてはどのようなファンデーションを選べば良いのでしょうか。
まず、春は紫外線が徐々に強くなり、UVカットも考えなくてはいけません。

そして、皮脂の分泌も盛んになってくるので、化粧崩れしにくいファンデーションを選ぶべきでしょう。
しかし、まだ春になったばかりの頃は、寒くて乾燥する冬のような日々も多いです。

なので、春の初めのほうは保湿を重視したファンデーションを選び、春の終わりはさらっとした使い心地でUVカットの出来るものを選ぶと良いでしょう。

まとめ

私たちの肌は毎日変化しています。
その時のお肌状態に応じて最適なスキンケアも変化するのです。

わかりやすい環境の変化としては気候が挙げられますが、その他の色々な要素によっても、お肌は変化します。
ファンデーションは日中の長い間お肌に密着させているものなので、季節ごとに見直していくとより良いお肌を手に入れられますよ。

スポンサーリンク

  • メイク
  • 作成日:2015年02月27日
  • 1,292 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー