prBox_img
春先になると辛くなる花粉症。実は毎日の飲み物を変えるだけで楽になるんです。
カサカサなお肌に悩む冬…プルプルの乾燥知らずのお肌になるために見逃せない高保湿クリームをチェック!

ハトムギ茶の美容効果を5分で伝授!顔に塗るだけでどんどん美肌に!

美容効果もあって美味しいと、ハトムギ茶を飲んでいる人はたくさんいますが、内側からだけでなく外側からだって美容効果がたっぷりあります!

美容としては特に美白効果で有名なハトムギですが、どうして美白効果があるのかは知っていますか?

今回はこのハトムギの基礎から魅力から美容法まで、一気にご紹介していきたいと思います!

ハトムギってどんなもの?

ハトムギは万能食品!

20151118-hatomugi01

出典:kenko-soleil.com

まずは基礎中の基礎。ハトムギの正体から。
ハトムギは、救荒作物(きゅうこくさくもつ)と言って、他の農作物が不作の時でもよく育つ、アワやヒエ、さつまいものように利用されてきました。
イネ科の麦の一種です。

ところが、その栄養価の高さが普通の麦とは断然違います。

良質なアミノ酸で形成されているたんぱく質を始めとし、カリウム、鉄、カルシウム、ビタミンB群、糖質、脂質などがバランスよく含まれていて、新陳代謝を高める作用もある、まさに万能な食品なんです。

しかも、これらの栄養素はキレイな肌作りにかかせないものばかり。

さらには、ただの「食品」と呼ぶには申し訳ないくらいの効能もあります。

漢方薬でもある

20151118-hatomugi02

漢方薬として処方される「ヨクイニン」ですが、実はその正体はハトムギ。
ハトムギの実の固い殻を取り除いて採取したハトムギの粉なんです。

古くから活用されていた漢方薬ヨクイニン(ハトムギ)は、漢方薬を上・中・下にランク分けする「神農本草経」という原典で、上薬にランク付けされています。

これは、どれほど摂取しても体に害はなく、健康を増進するために優れた保健食品であるという意味を持ちます。

おもに消炎、イボ、アトピーに効果的とし処方されてきたヨクイニンですが、これはハトムギがもつ「新陳代謝アップ」の効能力の高さあってこそなんです。

ハトムギの効能

20151118-hatomugi03

①新陳代謝力アップ

ハトムギの栄養価の高さもさることながら、最大の魅力は「新陳代謝力アップ」にあるといえるでしょう。
体の老廃物を、溜まっている水分とともに排出していく効果をもっているわけですが、たかが「新陳代謝」と思ってはいけません。

代謝が良くなるということは、余分な熱や水分を排出するだけにとどまらず、解毒作用、皮膚のターンオーバー、排膿といったたくさんの作用が付随されてくるのです。

この代謝アップの効能によって、古くからはイボ取りとして有名だったハトムギは、ニキビ、アトピーにも活躍の場を広げていきました。

②美容&美肌効果

体内の代謝がアップすることにより、肌への良い影響も出てきます。
その美容効果はさまざま。

シミやシワの改善から、もちろん美白効果。そして保湿効果まであります。

利尿作用があるのに肌への保湿効果もあるの?と思われるかもしれませんが、ターンオーバーが整うことによって角質層がやわらかくなり、保湿機能が高まって保水しやすくなります。

イボが取れてしまうほどの代謝力を高めるハトムギは、あらゆる肌トラブルの改善に役立つことが期待できます。

③便秘改善

ハトムギには、体内の毒素を体外へと排出してくれるので、便秘にも効果があります。
便秘が解消されるということは、健康状態とお肌の状態も改善されるのです。

体内に溜まるこの毒素、身体の中の余計な水で、溜まった水分を体外へと排出してくれる利尿作用によって、お肌を健康な状態へと導いてくれます。

身体の中からキレイに!ハトムギの摂取の仕方

では、万能な「ハトムギ」はどのように摂取したら良いのでしょうか。

ハトムギには様々な摂取方法があり、白米と一緒に炊いても美味しく召し上がれますし、ハトムギの粉末を購入して飲んでもOK!

最も簡単でおすすめの方法は、ハトムギ茶です。

美白を目指すならハトムギ茶

20160119-hatomugi08

ハトムギが体内に入ると、新陳代謝が高まり、細胞が生まれ変わり、血の巡りがよくなります。
すなわち、体全体に健康な血液が流れるので、美肌効果があります。

そして、ハトムギは保湿効果も高いため、お肌のくすみを取り、明るいお肌へと導いてくれるので、美白効果も期待できるのです。
日焼けが気になる夏、ハトムギ茶は身体の中から綺麗にしてくれるので、美白にとても効果があるのです。

ハトムギ茶の飲み方

ハトムギを白米と一緒に炊いたり粉末をお湯で溶かし手飲む方法もありますが、一番簡単で、沢山摂取出来る方法はやはり、ハトムギ茶。
普段飲んでいる麦茶やお水をハトムギ茶に変えるだけ。ティーパックになっているものが便利でお勧めです。

味は、ウーロン茶よりも麦茶のような香ばしい味わいです。

ノンカフェインなので、子供からお年寄りの方までお飲みいただくことができます。

妊娠中のハトムギ茶の摂取には注意!

ただし、妊娠中の方はハトムギ茶の飲み過ぎに注意してください。

ノンカフェインなので、妊娠中の方にも良いかと思われるハトムギ茶、しかし、体内の毒素を体外へと排出する効果があるため、身体が胎児を異物とし、流産の危険性があります。
妊娠中の方がハトムギ茶を摂取する場合は、医師に相談してみましょう。

妊娠中にオススメのタンポポ茶

ノンカフェイン たんぽぽ茶ブレンド ¥680
20160118-tanpopo-top

妊娠中でも、授乳中でも安心して摂取ができるのは「タンポポ茶」。

カルシウムと鉄の栄養素が配合されており、助産師さんもオススメしているお茶。
ノンカフェインで体にいいから赤ちゃんを育てるママの味方!

母乳育児をしたい方が多く選んでいるお茶です。

30日間返金保証がついてるので、味の好みが合わなくても安心ですね。

妊娠中ならノンカフェインのタンポポ茶

簡単にできる!ハトムギ茶でスキンケアの紹介

20151118-hatomugi04

ハトムギの優秀さがわかったところで、ぜひハトムギ茶を自宅に常備して飲み続けたいところですが、他にも活用法があります。

この代謝力を体の内側からだけでなく、肌(外側)から直接取り入れてしまいましょう。

1.ハトムギ茶で手作り化粧水

ハトムギは漢方化粧水などにも配合されている成分です。
このハトムギを使って、自分で化粧水を作ってみましょう。

手作り化粧水なんて作ったことない、という人でも大丈夫。
作りかたはとっても簡単で低コストなので、ぜひ挑戦してみてください。

用意するもの

・ハトムギ茶のパック…1個
・日本酒(または焼酎)…200cc
・精製水…100cc
・グリセリン…50cc

ハトムギ化粧水の作りかた

①小鍋に日本酒(または焼酎)を入れたら、ハトムギ茶パックを浸して1時間ほどおきます。

②そのまま小鍋を弱火にかけて、半分量(100cc)くらいになるまで煮詰めていきます。これでアルコールの匂いは飛びます。

③しっかりと冷ましたら、容器に入れて精製水とグリセリンを混ぜます。これで完成。

アトピーや、敏感肌の人にもオススメの化粧水です。

市販の化粧水には、アレルギー用とされていても少なからず添加物が入ってしまいますが、これなら安心です。
ハトムギの新陳代謝効果で、しっとり色白肌になる化粧水です!

2.ハトムギ茶でお茶洗顔

20151118-hatomugi06

お茶洗顔って聞いたことありますか?これをハトムギ茶でやってみましょう!

お茶洗顔のやりかたはとっても簡単です。
普通に洗顔して洗い流した後に、用意しておいたお茶でパシャパシャとパッティングするだけです。

このときに使用するお茶については、2杯目以降の「出がらし」で抽出したものを使ってください。
そのほうがカフェインがある程度抜けていて、毛穴の引き締め効果に役立つカテキンが出やすくなります。

使用済みのパックで、洗顔後に直接パッティングするのも簡単で効果的です。

ハトムギ茶でどんどん美肌へ

20151118-hatomugi07

あらゆる美容効果をもつハトムギの魅力、わかっていただけたでしょうか?

新陳代謝をアップするハトムギは、ニキビ、美白、シミ、保湿…と、とにかく万能です!

毎日飲み続けるだけでなく、お肌に直接取り入れて美容効果もどんどんアップさせていきましょう。

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

1回で効果が出る美顔脱毛のHPを見てみる 1回で効果がわかる!キレイになれちゃう美顔脱毛とは ディオーネの脱毛サロンで人気の「美顔脱毛」。 “顔にジェルを塗って、脱毛の光を当てる”という、ごくごく
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー