prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

顔のたるみ解消で10歳若返る!自宅でできる原因別セルフケア

童顔な人、老け顔な人、身長の大きい人、小さい人…色んな条件で若く見えたり老けて見えたりしますが、なんといっても一番年齢が現れてしまうのは「肌」ですよね!

「最近顔がたるんできたと思ったら、一気に老けて見えるようになった…(涙)」

そうです、20代頃から始まるといわれている顔のたるみは、顔年齢を大きく左右する大事なポイント。
顔のたるみが改善されるだけで、5才でも10才でも若く見られることが可能です。

そんな顔のたるみで老け顔にならないために、たるみ改善の方法で選りすぐりを集めてみました。

スポンサーリンク

顔のたるみチェック

まずは次の項目をチェック。
当てはまる数が多ければ多いほど、たるみケアをした方がいい状態です。

  • 毛穴が楕円形になっている
  • 下まぶたに影ができている
  • ほうれい線が目立つ
  • フェイスラインがぼやけている
  • 口角が下がっている

5年後の顔は?30秒でできる顔のたるみチェック

よくわからないという方はもっと簡単な方法でチェックしましょう。
手鏡をお腹のあたりにもち、上から覗き込むだけ。

この状態は5年後の顔と言われています。
明らかにいつもの自分と違う場合はたるみケアが必要なサインです。

スポンサーリンク

たるみが引き起こす症状

具体的に、たるみが引き起こす顔の状態を紹介します。

目袋

若い女子に可愛いと人気の涙袋。
しかし、年を重ねるごとにお肌のハリを失った涙袋は下がってきて、目袋と呼ばれる状態になります。
また、涙袋も筋肉のため、筋肉が衰えることで下がってきます。

ハリを取り戻すために保湿や美容成分でケアしてあげるほか、目元の筋力トレーニングが必要です。

ゴルゴ線

ゴルゴ13のような状態になるゴルゴ線。
目の下あたりから頬を横切るように現れます。

ゴルゴ線は目の下の脂肪が少ない人にできやすく、スマートフォンやデスクワークの影響で出現することが多いようです。

ほうれい線

鼻から口角にかけて斜めに現れるシワ。
若い人でもほうれい線に悩んでいる方が多くなっています。

浅いほうれい線の場合は乾燥やむくみが原因。20代など若い方はこちらが原因のことが多いです。
深いほうれい線は肌弾力と筋力の衰えが原因で、年齢を重ねた方に多いのが特徴です。

マリオネットライン

口角からあごへ垂直にあらわれるシワ。
深いほうれい線と同じで、肌弾力と筋力の衰えが原因です。

たるみ毛穴

肌が下がり、涙型や楕円形に開いてしまった毛穴のこと。
こちらもやはり肌弾力と筋力の衰えが原因となります。

二重あご

あごが二重に見えるこの状態。
加齢による二重あごは皮膚のたるみが原因です。
ただし、肥満が原因で起こることもあります。

顔のたるみの原因

さて、たるみ解消を始める前に、なぜ顔がたるむかについてを知っておきましょう。
原因を知ることで、どこをどう改善するべきかを掴んでおくためです。
顔のたるみの原因は主に2パターンあります。

① 皮膚たるみ

真皮の中で、コラーゲン(線維状のたんぱく質)が網目のように張り巡らされていて、これによってお肌のハリは保たれています。
このコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保つための成分が、年齢とともに減少していってしまいます。

20代と50代を比べると、このコラーゲンの量は約半分にまで減ってしまうといいます。
お肌をたるませる大きな要因といえるでしょう。

紫外線

外的要因の代表格は紫外線です。
紫外線は前述したコラーゲンやエラスチンといった、肌の弾力を支えるための成分を破壊してしまいます。

たるみ予防として、まずは紫外線対策をしっかりとしておきましょう。

加齢

年を重ねるにつれ、前述のコラーゲンやエラスチンは減少していきます。
また、お肌の水分量を保つヒアルロン酸なども減少し、みずみずしさとハリが失われてしまいます。

コラーゲンやヒアルロン酸が配合されたエイジング化粧品を選ぶようにしましょう。

乾燥

加齢と同じように水分保持力が低下し、乾燥してしまうことで、お肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れます。
その結果、お肌のハリが失われ、たるみができてしまうのです。

乾燥しないよう保湿成分が配合された化粧品を選びましょう。

生活習慣

生活習慣も皮膚のたるみの原因となります。
顔のたるみを進行させている生活習慣を4つご紹介しましょう。

喫煙

タバコに含まれるニコチンは、血管を細くし、血行不良になります。
酵素や栄養素が皮膚に運ばれなくなるため、お肌の張りが失われてしまうのです。

また、たばこを吸うことで活性酸素が発生し、ビタミンCが一服で20㎎~100㎎失われます。
コラーゲンの生成やメラニンを抑える美容成分であるビタミンCが喫煙によって破壊されることで、しわやたるみが起こりやすくなります。

睡眠不足

お肌の生まれ変わりに必要な睡眠。
寝ることで体の機能を正常に働かせるための成長ホルモンが分泌されます。
しかし、睡眠不足になると体の機能が正常に働かなくなり、お肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが乱れます。

その結果、お肌がシワ、くすみ、乾燥といった肌トラブルを起こしてしまうことになるのです。

栄養不足

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった美容成分を生成するために、ビタミンやミネラルなど様々な栄養素が必要となります。
その栄養が不足することで美容成分が生成されなくなり、皮膚のたるみへと繋がってしまうのです。

猫背などの悪い姿勢

顔の皮膚と筋肉は頭とも首ともつながっています。
そのため、猫背で顔を前に突き出すような姿勢を長時間撮り続けると、首の前部分が伸び、頬が下方向に引っ張られてしまうのです。

② 脂肪・筋肉たるみ

皮膚の下には皮下脂肪があり、エネルギーを蓄えておいたり保温をしたりといった働きをしています。
この皮下脂肪が、年齢とともに代謝を低下させて肥大化してしまいます。
肥大化した皮下脂肪は重力によって下方向へ…これも大きなたるみの要因です。

また、顔の筋肉(=表情筋)は手や足の筋肉とは違って、骨ではなく皮膚に直接付いているので細かい表情を作り出すことができます。
年齢とともに手足の筋肉が衰えていくのと同じように、表情筋も衰えていってしまいます。すると、その上に付いている皮膚や皮下脂肪が支えきれなくなってしまうのです。

無表情

顔の筋肉は意識しないとなかなか動かさないもの。
そのため、無表情だったり表情が乏しい場合は顔の筋肉が動かず、やせてくるため、たるみが進行するのです。

加齢

顔の筋肉も加齢が原因で衰えていく部分。
適度に動かすことが大切です。

顔のたるみを改善する方法【皮膚たるみ編】

肌の弾力を保つための成分が減少することで引きおこる皮膚のたるみ。
予防と改善法は次の通りです。

紫外線対策

紫外線は肌弾力を保つ成分を破壊するため、まずは紫外線を過剰に浴びないことが大切。
日焼け止めや日傘などで紫外線対策を行いましょう。
日焼け止めを塗るのは少し面倒…という方には飲む日焼け止めをうまく使って紫外線対策をしましょう。

保湿する

お肌の弾力を保つために必要なのは水分とそれを逃がさないための保湿力。
そのため、“高保湿”“高保水”の成分が配合された化粧品を選ぶことが大切です。

注目するべき成分はセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタ、プロテオグリカンなどです。

おすすめの化粧品

エイジングケア化粧品と書いてあるものなら高保湿、高保水の成分が配合されていますが、ここでは特に効果の高い化粧品をご紹介します。

No.1/アヤナス トライアルセット ¥1,480(税込)
ay_3102-2
セラミドが配合され、高保湿、高保水化粧品として大人気のアヤナス。
オリジナル成分CVアルギレートを配合したことで、コラーゲン生成を促し、通常よりハリ効果が170%アップ!
敏感肌専門ブランドなので、乾燥肌や敏感肌の人でも使えるのが特徴です。

30日間無料返品保証もついているので安心して試せる一品です。

No.2/アスタリフトベーシックトライアルキット ¥1,000(税抜)
IMG_1370 (1)
フジフィルムが独自に考案したナノ技術を駆使したセット。
ハリとうるおいに定評があり、ハリ肌パワーのあるアスタキサンチンを配合、それをナノ化することにより、お肌の隅々まで美容成分がしっかり吸収し、浸透します。
No.3/メディプラスゲル ¥2,996(税込)
IMG_2245 (1)
洗顔後一本でできるお手軽スキンケア。モンドセレクション2年連続で金賞を受賞した実力派商品です。

3種類のヒアルロン酸、2種類のコラーゲン、3種類のセラミド、プラセンタエキス。
さらにアミノ酸やビタミンCなど、美容成分が全部でなんと66種類も配合!

オールインワンゲルなのでこれ一本でお手入れが完了するのも嬉しいポイント。
さらにお値段は一カ月で約1,490円なので続けやすいことも特徴です。

こちらも30日の返品保証がついています。

より効果をあげるなら蒸しタオルや美顔器

最近では40代50代なのに若々しいお肌を保っている美魔女と呼ばれる方も多いですよね。
そんな彼女たちが大切にしているのは“スキンケア”。
リフトアップに必要な美容成分が配合されている化粧品を使っているのはもちろん、その成分がしっかりお肌に浸透するように工夫しています。

手軽にできる方法は蒸しタオル。
化粧水を使う前に毛穴をしっかり開くことで通常よりもしっかりと有効成分が浸透していきます。

さらに効果をあげたいのならイオン導入器を使用しましょう。
イオン導入器は通常の30倍の浸透効果を発揮する美容機器。
真皮層まで届けることでしわ、たるみの予防に繋がります。

最近ではホームケアとして超音波美顔器が販売されています。
月々の支払いが1000円程度で購入できる美顔器も販売されているので、気になる方はチェックしてみましょう。

質のいい睡眠をとる

寝ている間に成長ホルモンが分泌され、お肌の調子が良くなります。
しかし、ただ寝るだけでは効果がないのも事実。
質のいい深い睡眠をとることが大切です。

深い眠りにつくためには、寝る前の習慣が大切です。
カフェインやアルコールを避け、牛乳やゼラチン、コラーゲンを摂取するように意識しましょう。
また、強い光は脳に刺激を与えるため、TVやPC、スマートフォンの使用を控えめにすることも必要です。
アロマや音楽、ストレッチなど、リラックスした状態にして眠りにつくと、ぐっすり寝ることができます。

バランスのいい食事

美肌を作るために必要な栄養素をしっかりとるため、バランスのよい食事をとりましょう。
摂取するべき成分は次の6種類。

イソフラボン コラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする働きを持っています。
【食品】納豆、大豆飲料、みそ、豆腐など
ビタミンA 皮膚を上部にしてくれる働きを持ちます。
【食品】レバー、ホウレンソウ、ニラなど
ビタミンB1 糖質を分解し、エネルギーに変えてくれるビタミンB1。
【食品】豚肉、玄米、たらこ、うなぎなど
ビタミンB2 皮膚や粘膜を正常な状態にしてくれるビタミンB2。不足すると肌荒れになります。
【食品】レバー、キャビア、うなぎ、さば、納豆、たまごなど
ビタミンC 紫外線からまもり、コラーゲンの生成を増やす働きを持つビタミンC。美肌には欠かせない成分です。
【食品】赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、芽キャベツ、レモン、キウイ、柿など
たんぱく質 質のいいコラーゲンを増やすためにタンパク質も有効です。
【食品】納豆、ツナ、すじこ、かつお、たらこ、鮭など

おすすめなのは鮭とキウイ。
鮭はたんぱく質が豊富で、コラーゲンの生成に大きく貢献してくれます。皮にもコラーゲンがたくさん含まれているので、できれば全部食べてください。
さらには「アスタキサンチン」という抗酸化物質が含まれているので、細胞の酸化を防いでくれます。

キウイはビタミンCがとっても豊富。
ビタミンCはコラーゲンの生成に欠かせない成分です。キウイでなくても、日ごろからビタミンCが含まれている食材を選ぶようにしましょう。
熱に弱い成分ですので、生野菜やフルーツで摂取するのが効率的です。

甘いものも控えめに

甘いモノの食べ過ぎもたるみの原因に。
糖はエネルギーになりますが、摂り過ぎると糖化作用をおこします。
糖化はコラーゲンの育成を妨げるため、たるみの原因になります。

食べる際の一工夫

糖質のとりすぎはたるみの原因。
しかし、食べる順番や食べ合わせで吸収を抑えることもできます。

食べる順番

まずは食べる順番です。
野菜などの食物繊維、次に肉や魚などのタンパク質、最後に白米やパンといった炭水化物を食べましょう。

粉の食べ方なら糖質の吸収をおさえることができます。

食べ合わせ

糖質をとるときは食物繊維が豊富なものや、タンパク質と一緒にとりましょう。
そうすることで血糖値の急上昇を防ぎ、たるみを防止することができます。

また、血糖値の急上昇防止には雑穀や玄米などもおすすめです。

正しい姿勢を意識する

猫背になることで皮膚が伸びてしまうメカニズムは先ほどご説明しました。
つまり、猫背にならないよう正しい姿勢を保つことが大切です。

肩甲骨を中心に寄せるだけで猫背は直すことができます。
気が付いたときにきゅっと寄せるといいでしょう。

顔のたるみを改善する方法【脂肪・筋肉たるみ編】

筋力の低下や皮下脂肪の増加で肌がたるんでいる場合は、顔の筋肉を鍛えることが大切です。
また、むくみや脂肪にはマッサージが有効的。

正しいやり方で顔のたるみを解消しましょう!

顔の筋肉を鍛えるエクササイズ

顔の筋肉を鍛えるためには顔の筋肉を意識的に使いましょう。
3つの表情筋トレ法を紹介します。

まいうー運動

まずは衰えてきた表情筋を鍛えます。とっても簡単で、テレビを観ながらでもできます。

①「まー」と大きく口を開けながら10秒言う。
顎下のたるみの原因となる顎舌骨筋が鍛えられます。

②「いー」と思いっきりの笑顔で10秒言う。
頬を支えるための小頬骨筋と大頬骨筋が鍛えられます。

③「うー」とタコのような口で10秒言う。
ほうれい線を作らないための口輪筋が鍛えられます。

まいうーを1セットとして5回ずつ、できれば朝昼晩と行いましょう。
顔の筋肉を意識しながら、思いっきり表情筋を使うのがコツです。運動後は少し顔が疲れているくらい頑張りましょう。

ベロ回し体操

顔のたるみ、ほうれい線、二重あごなどに効果のあると人気のベロ回し体操。

①口を閉じたまま、歯と歯をあけて舌を出します。

②舌先を上側の歯茎に触れ、1回転2秒ほどのスピードでベロを回します。

③歯茎に沿って舌を大きくぐるっと回しましょう。

③歯の表面側の歯茎を同じように1回転2秒ほどのスピードで一周します。

④左右20回ずつ続け、慣れてきたら回数を増やしましょう。

すぐにできるベロ回し体操、家事をしながらでもできるので気がついたときに取り組んでみましょう。

眼輪筋トレーニング

特に目元のたるみが気になる場合は眼輪筋トレーニングを行います。

①目を軽く閉じます。

②ぎゅっと閉じて5秒間キープ。

③ゆっくり力を抜いていきます。

④眉をあげ、目をパッと見開き5秒キープ。

⑤ゆっくり元に戻します。

朝と夜に5回ずつ繰り返しましょう。
涙袋が大きい人などは特に眼輪筋トレーニングを行うことをおすすめします。

フェイスマッサージ

むくみや脂肪をとるためにはそれらを分解してあげる必要があります。
マッサージでほぐしていきましょう。

クレンジングマッサージ

わざわざマッサージクリームを使ってマッサージをしなくても、クレンジングのときに顔のリンパに沿ってクルクルとマッサージ。
ゴシゴシと強くこする必要はなく、撫でるようにマッサージすればリンパ液が流れるようになります。忘れずに首のリンパも流れるようにしておきましょう。
首のリンパが滞ると、顔の老廃物が排出されなくなってしまいます。

マッサージでリンパ液の流れが良くなると、栄養や酸素も運ばれやすくなるのでたるみの改善にはとっても効果的です。

フェイスラインマッサージ

ぼやけてきたフェイスラインをはっきりさせるためのマッサージ。

①保湿力の高いクリームを使い、伸ばします。

②首のリンパを刺激します。上から下に左右で10回ずつすりおろしていきましょう。

③顎の老廃物をリンパに流すため、顎先から耳にむかって親指を滑らせて行きます。5回~10回ほど行いましょう。

④頬の老廃物を流します。口角から耳、小鼻横から耳、頬骨下から耳へ親指を滑らしましょう。

⑤目の下とこめかみ、眉の上を刺激します。

⑥もう一度首のリンパを10回ずつ刺激し、鎖骨の両骨の上を指で押しましょう。

注意!マッサージでやってはいけないこと5つ

マッサージは一歩間違うとさらにたるみを引き起こしてしまう可能性も…。
次の5つのことを守りましょう。

  • 過剰なマッサージをせず、時間をしっかり守る
  • 老廃物を輩出するため、リンパの流れに沿ってマッサージをする
  • ニキビのある所にマッサージはしない
  • 皮膚が薄いため、力を入れすぎない
  • 摩擦が起きるため、保湿力の弱い乳液でマッサージをしない

ツボ押し

たるみやほうれい線に効くツボを押すことも効果的。
4つほどご紹介します。

救後

目の下から目尻の中央にあるツボ。
人差し指を横にして骨の際を小刻みに動かしましょう。
なでる感じで大丈夫です。

迎香

小鼻の脇にあるツボ。
鼻を両脇から挟むように押すとうまく刺激できます。

地倉

口角の外側にあるツボ。
人差し指の腹で軽く押しましょう。
3秒ほど上向きに押すのがおすすめ。

四白

瞳の真下にある四白は目のふちから2本ほど下に下がったところにあります。
まっすぐ奥におすように、3秒押し、3秒休むというサイクルで刺激しましょう。

原因にあったセルフケアで10歳若返り!

皮膚のたるみと筋肉のたるみで起こる顔のたるみ。
化粧品をエイジングケア商品に変えたり、生活習慣を改善したり、毎日のエクササイズで少しずつ改善していくことができます。

ご紹介した方法をしっかり行えば10歳若返りも夢じゃありません!
コツコツ行うことが美容への一番の近道です。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

ついつい気になる顔の小じわ。 目立ってしまいがちですし、どうにかして隠したいですよね。 しかし、どうやって小じわを隠せば良いのか分からない方も多いと思います。 そこで、今回は気になる小じわを隠す優秀な化粧品をご紹介します
美容に関心の高い方は、美容成分「レチノール」を耳にしたことがあるでしょう。 しわやしみへの効果があるエイジングケア成分として、注目を集めています。 一方、レチノールは効果が高いぶん、肌トラブルや副作用も報告されています。
世の女性達を老け顔に見せる憎きしわ! なんとかしたいと皆さん思ってらっしゃるのでは? できることならなるべく簡単な方法で消せないものか? 1度できてしまったしわは、残念ながら完全に消すことはできません。 しかし簡単なスキ
小鼻の脇から口元へ向かうエイジングの象徴、ほうれい線。 一気に老けた印象を与えてしまうため、できるだけ目立たなくしたいシワのひとつです。 ほうれい線は年齢を重ねて現れるのではなく、実は20代のお肌にも見られるのです。 ケ

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー