prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

ローラがハマって話題沸騰!「ジュースクレンズ」って一体何?


最近話題のキーワードの1つ「ジュースクレンズ」をご存知ですか?
モデルのローラさんがブログ内で紹介したことで話題沸騰中のデトックス法。

「クレンズ」とは「洗浄」のことで、「酵素ダイエット」と同様に、ビタミンやミネラルなどの必要な栄養素をチャージしながらデトックスをする新しい方法なんです。

ただし使うのは「酵素ドリンク」ではなく、野菜や果物などの消化に負担のかかりにくい食材をたっぷりと使ったジュース。
食事の代わりにジュースを飲んで、デトックスのための断食をする、というものなんですよ。
実は「美味しくて楽しい!だから、続けやすい!」と大好評の新方法です。

スポンサーリンク

断食って本当に効果があるのか?

「断食」と聞くと、「栄養不足でよけいに太りやすくなるのでは?」と不安になりますよね。
確かに、ダイエットも極端な食事制限で行えば身体が省エネモードになってしまい、基礎代謝が大幅にDOWN。

また、体内が飢餓状態に陥り少し食べただけでも多くのエネルギーを吸収してしまうようになります。
すると逆に“太りやすい体質”になり、痩せにくくなってしまったり、大きなリバウンドを引き起こしたりすることに…。

それでは、断食はしない方がいいのか?というとそうではありません。
長期間の断食は極端な食事制限をしているのと同じことになり、栄養不足に陥りますから絶対におすすめできません。

ただし、日頃多くのエネルギーをとり過ぎている場合は、体内が絶えず働き続けているためかなり疲労が溜まっています。
そんな状況でいくら美容に良い栄養素を取り入れても、スムーズに吸収したりしっかりとエネルギーに変換することができません。

代謝をUPさせて痩せやすい体質にしたいならまずは内臓の本来のはたらきを取り戻すことが大切。疲労した内臓を休ませ、機能を回復させる方法こそ、短期間で行う「断食」なんです。

老廃物を排出させるはたらきが弱まっている場合は、断食でかなりの体重減少やむくみの改善が期待できます。

ジュースクレンズなら、必要な栄養を取り入れながらデトックス可能

何も食べない断食法では、内臓を休ませることができても内臓機能を活性化させる栄養素が不足してしまいます。
そこで、「ジュースクレンズ」です。
野菜や果物に豊富に含まれるビタミンやミネラルは、体内の代謝や消化の機能をサポートする栄養素。断食しながらも代謝を高める栄養素をチャージすることで、デトックス効果がUPし、内臓機能の回復や老廃物の排出がスムーズになります。また、何も食べられないのは精神的にもかなりキツいですよね。

美味しいジュースを飲むことができれば「食べられない」ストレスを感じることなくデトックスに専念することが可能です。
プチ断食はしてみたかったけれど、食べるのが大好きでなかなか挑戦できなかった、なんて人でもこれなら楽しく続けられるかもしれませんね。

ジュースクレンズの方法

気になるジュースクレンズの方法は次の3ステップ。
意外と簡単に行えるんです。

(1)事前準備

ジュースクレンズ開始の2〜3日前から水分を多めに摂取することを心掛けます。
また、カフェインやアルコールの摂取はできるだけ控えましょう。
糖分の多い食事も控えめにして野菜を中心とした食生活に。
いきなり食事がジュースだけになると身体が驚いてしまいますから、少しずつ変化させることが重要です。

(2)実践

ジュースクレンズ期間中は、朝起きて水を飲み、体内をキレイにすることからスタート。
その後は2~3時間おきに指定の順番に沿ってジュースを飲む、これだけです。
それ以外の時間は十分な水を飲みます。水が体内の毒素などの老廃物を流しますから、ジュースと同程度の水を飲むのが目安です。

クレンズ中はしっかりと睡眠をとり、体を冷やさないようにすることが重要。
炭水化物をあまり摂りませんからハードな運動も避けましょう。
軽いウォーキングやストレッチ、簡単なヨガ程度ならOK。
ハーブティーなどでリラックスすることも可能です。

(3)アフターケア

ジュースクレンズを終えた翌日からガッツリ内臓に負担のかかるものを食べてはNG。
フルーツや生野菜などの消化に負担のかからないものから食べ始めます。
スープやスムージーを取り入れるのも良い方法です。少しずつ通常の食事に戻していきます。

ジュースクレンズの期間は?

クレンズ期間も気になるところですよね。
目的によって日数は異なりますが、デトックスなら3日間で十分に効果が実感できます。
無理をせずに自分の身体と相談しながら慣れていくことが続けるコツです。
上級者になると5日間ほど続ける人もいるそうです。

現代社会には“食べない”健康法も必要!?

排気ガスや食品に含まれる保存料や添加物など、私たちの身体には日々たくさんの毒素が入っていると言われています。

体内はそんな毒素を毎日排出しようとはたらいていますが、負担をかければかけるほど、そのはたらきは弱まってしまいます。

定期的に内臓を休ませてその機能を回復させることで、体内のはたらきを活性化させ、より毒素を排出させやすい、代謝の良い体質にすることが可能。

ダイエット効果の促進にも、免疫力UPにも、アンチエイジングにも効果的な現代のためのデトックス法と言えそうです。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー