prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

日焼け止めに新革命!話題のカプレーブが5分でまるわかり!

20150520-capreve

紫外線が、どれほどお肌に悪影響か知っていますか?
もちろん詳しく知っているからこそ、しっかりと紫外線対策を講じている人も多いはず。
詳しくは知らないけど、なんとなく日焼けはイヤだから紫外線対策を少しはしている…という人もいますよね。

ところが従来の紫外線対策では、どんなに頑張っても紫外線を防ぎきれないのが現状でした。
1年中降り注いでいる紫外線に、なす術はないのか…と思いきや、登場しました!
その名は「カプレーブ」まさに紫外線対策としての救世主になる存在です。

さて今回は紫外線の怖さと、カプレーブと従来品の違いについてをわかりやすく解説していきますね。

スポンサーリンク

紫外線が光老化を進めていく

光老化について

普段、紫外線を浴びている部分と浴びていない部分を比較してみてください。たとえばお腹と手の甲。ずいぶん違うと思いませんか?

紫外線をほとんど浴びないお腹の部分はツヤツヤしていて、シワもないですよね。
対して紫外線をよく浴びる手の甲はシワやたるみがあって、目に見えて老化が進んでいます。
これが紫外線と老化が深く関わっている証拠なんです。

紫外線の本当の怖さは日焼けなどのすぐに現れるものではなくて、徐々に蓄積されて表面化してくる肌の老化にあります。
この老化現象を「光老化」といい、紫外線を浴びた時間や紫外線の強度に比例するといわれています。

つまり紫外線を浴びるほどに光老化が進行していくわけですが、人の肌の老化原因の80%がこの光老化なんです。自然老化による肌の老化は20%に留まっているんですね。
紫外線を完全に防御できれば、肌老化の速度は5分の1になる計算になります。

スポンサーリンク

光老化を進めるA波

一言に紫外線といいますが、紫外線にはA波、B波、C波と3種類があります。
C波は地上まで届いていないので問題ありません。

B波は日焼けや水ぶくれといった表皮に影響を与えるもので、エネルギーが強くガンやシミの原因になったりもします。

ただし、波長が短いのでオゾン層や雲に阻まれてしまい、地上まで到達するのは全紫外線の約10%くらいです。

日常生活の中では日傘を使うなどして、直接日光に当たらない工夫をすればある程度防げるものです。

問題は地上に到達している紫外線の90%にもなっているA波です。
すぐに日焼けを引き起こしてしまうB波のほうが一見すると影響が強いように見えますが、A波がシワやシミといった光老化に大きく関わっていることがわかってきました。
波長が長いA波は肌の奥まで浸透していき、時間をかけてジワジワと老化を進めてしまうのです。

しかもA波はオゾン層を通り抜けやすいだけでなく、雲や窓ガラスまで通り抜けやすい性質をもっているため、曇りの日や家の中でも対策をしておかなければならない存在なんです。
{1年中怖いA波}
この光老化を進めるA波は、天候や屋内外に関わらず油断できないものですが、季節にも関係なく対策をとらなくてはなりません。
日差しが弱まる冬場には弱くなるB波とは違い、A波は日差しとは関係なくB波の何倍もの量で肌を攻撃してくるからです。
こうして1年を通して怖い存在のA波をどこまで防げるかが、光老化を防ぐ大きなカギとなります。

UV剤の現状は?

従来のUV剤はこのA波を防ぐために「A波紫外線吸収剤」や「A波散乱剤」を配合しています。

A波紫外線吸収剤は油に溶けにくく、結晶化してしまうために微量しか配合できません。
するとA波散乱剤に頼りたいところですが、酸化亜鉛や酸化チタンといった金属粉対で作られているため、ミクロ的にみると隙間だらけになっているんです。

つまり、防ぐべきA波をブロックしきれていないのが現状だったんです。

酸化亜鉛、酸化チタンが怖い!

従来のUV剤で、A波をブロックするために配合されている酸化亜鉛、酸化チタンは光に当たると活性酸素を発生させてしまいます。

活性酸素はとっても怖いもの!鉄が酸化してサビるのと同じように、人の体を老化させていきます。シミ、シワ、タルミの大きな原因に!

紫外線カットの成分を大量に配合するほどに、老化を進めてしまうという結果にもなりかねません。

カプレーブと従来品の大きな違い2つ

1・A波のブロック能力が違う!

カプレーブは「エステロール#26」を導入。
これはA波紫外線吸収剤を結晶化することなく均一に溶解することができる油剤です。

これによって十分なA波紫外線吸収剤を配合することができるようになり、従来品とは比べものにならないほどA波の肌への侵入が防げるようになりました。

紫外線カット効果の検証によると、ほぼ100%のUVプロテクトに成功しています。

2・酸化亜鉛、酸化チタンが使われていない!

世界初の工法によって酸化亜鉛、酸化チタンを使わずに製造することに成功!
A波紫外線吸収剤、B波紫外線吸収剤ともに油剤、保湿成分、水に包み込まれているので肌に直接触れることがないんです。
従来品では与えられていた肌へのダメージがなくなったということです。

さらには真珠エキス、加水分解ヒアルロン酸といった保湿成分を配合するだけでなく、ジパルミトイルヒドロキシプロリン、アセチルヘキサペプチド-8といったハリ成分まで配合されています。
使うほどに肌の乾燥を防ぎ、リフトアップまでしてくれる夢のような日焼け止めなんです。

最大限に紫外線をカット!

カプレーブの紫外線カット能力、美肌効果、すごいですね。従来品に大きく差をつけた革命品といえます!
信頼できる日本製で、病院などの医療現場でも活用されるようになってきました。

とにかく紫外線を防ぎきれば老化にストップをかけられる!
カプレーブで紫外線を最大限にカットして、徐々に周りとの肌年齢に差をつけてしまいましょう!

スポンサーリンク

  • メイク
  • 作成日:2015年04月10日
  • 2,760 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー