prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

保湿で老化防止!「バイオセラミド」をつかってみよう!!

GU060_350A

スポンサーリンク

セラミドは1つじゃない

肌の保湿に欠かすことのできないセラミド。
肌保湿のオススメ成分としてコスメによく取り入れられていますが、大きく分けて4種類あるのは知っていましたか?

・酵母から育成される「バイオセラミド」=「ヒト型セラミド」
・動物由来の「動物性セラミド」=「天然セラミド」
・植物由来の「植物性セラミド」
・化学的に合成した「合成セラミド」=「擬似セラミド」

それぞれが違った特色をもっています。

その特色を知ったうえで、自分が納得して使えるセラミドを取り入れたいですね。

今回はおすすめのバイオセラミドについて簡単に解説してみます。

バイオセラミドのおすすめポイント

親和性、浸透力の高さ

バイオセラミドは「ヒト型セラミド」とも呼ばれています。
なぜ「ヒト型」なのか?それは人の肌が本来もっているセラミドとほぼ同じ構造をしているから。
セラミドが減少してしまった部分にピッタリとフィットするように補ってくれます。
保湿力や浸透力がバツグンに高いだけでなく、美白効果も期待できるといわれています。

安全性と大衆性

バイオセラミドは酵母の発酵を利用したバイオ技術によって生成されています。
天然由来なので、肌にもやさしく敏感肌の方にも多く使用されています。

そして動物性セラミドと比べて非常に安価!誰でも手にしやすいお値段で買えるのはありがたいですよね。
継続的に使っていきたいなら、動物性セラミドよりお財布に優しいバイオセラミドは、性能的に見てコスパに優れているといえます。

バイオセラミドの表示と選びかた

人がもつセラミドは「セラミド1」~「セラミド7」の7種類があり、それぞれが肌にとって大切な役割をしています。
人と同じ構造のバイオセラミドも同じように「セラミド2」などのようにセラミドの後に番号がついた形で表示されています。

補給するセラミドとしてオススメしたいのはセラミド1・2・3・6なので、その機能について簡単に説明しておきましょう。

・セラミド1=水分保持機能、外部刺激に対するバリア機能
・セラミド2=高い水分保持機能
・セラミド3=水分保持機能、シワを軽減する機能
・セラミド6=水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能

それぞれの機能をよく考慮したうえで、自分にあったセラミドを選び、いつまでもみずみずしくて若々しい肌を目指したいですね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー