prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

芸能人にも人気!飲む美容液の亜麻仁油の効果とは

飲む美容液とまで呼ばれ、今話題沸騰中の亜麻仁油。(アマニ油)
お肌を若々しく甦らせる美容効果だけでなく、アレルギー改善などさまざまな効果が期待できる魔法のような油なんです。

中には、油なのにダイエット効果!?と驚いてしまう効果まで。
どうしてそこまで効果が期待できるの?今回は魔法のような亜麻仁油を詳しく解説して、その魅力に迫ってみましょう。

スポンサーリンク

亜麻仁油とは?

成熟したアマの種子から抽出して採る油のことです。
もともとは塗料やインクの原料として使われていました。
必須脂肪酸であるα-リノレン酸や食物繊維などを多く含み、美容効果や免疫力向上などに一役買えるとして、近年では食用として非常に注目を浴びています。

どこまでスゴイの?亜麻仁油の美容効果

亜麻仁油の主成分には「α-リノレン酸」「食物繊維」「リグナン」が含まれています。
この3つの主成分、実は美容と健康には欠かせないものなんです。
年齢とともに気になり出す、お肌のさまざまな悩み。外的スキンケアではもう追い付かなくなっていませんか?亜麻仁油のインナーケアで、若々しい肌を取り戻していきましょう。

α-リノレン酸で肌悩み解消!

α-リノレン酸は別名「オメガ3」と呼ばれ、体内で合成することができない必須脂肪酸です。青魚や大豆製品などからも摂取できますが含有量が少なく、現代人はオメガ3が足りていないとされています。そのオメガ3を亜麻仁油は豊富に含んでいて、その働きがとにかくスゴイ!

このオメガ3は、美肌のもとといえる「セラミド」の原料になります。
つまりオメガ3が不足してしまうと、肌は乾燥しやすくなり、シワができ、たるんでいきます。

セラミドの原料を体内に取り入れ、良質なセラミドを生成できるようになれば、肌の保湿力は高まっていき若々しい肌になっていきます。外的にセラミドを取り入れていくよりも、ずっと効果が期待できるんです。これが「飲む美容液」と呼ばれる理由なんですね。
そして、オメガ3は炎症を抑えるホルモンの原料にもなり、抗炎症作用があります。亜麻仁油を摂れば、外からのケアでは改善が難しい肌荒れも効果的に治せます。
さらには細胞膜の原料にもなるので、肌のターンオーバーの促進までしてくれるんです。

食物繊維でダイエット効果

亜麻仁油に含まれている食物繊維は、水溶性と不溶性のバランスがよくとれています。
食物繊維をいくら摂取しても、水溶性か不溶性に偏っていては便秘の改善につながりません。亜麻仁油の食物繊維なら、しっかりとバランスをとって腸内環境を改善していきます。血糖値の上昇や、コレステロールの吸収も抑えてくれるので生活習慣病の予防にも。
腸内環境が整えば、体全体の循環が良くなるので美肌効果やダイエット効果が期待できます。

リグナンでエイジングケア

リグナンには高い抗酸化作用があります。「酸化」は、鉄が錆びていくのと同じように人の体を老化させていきます。もちろんお肌も。
抗酸化作用で、活性酸素からお肌を守っていけば肌老化を防ぐことができます。いつまでも若々しい肌を保てる力がリグナンにはあるんです。

亜麻仁油の正しい摂取方法

魔法のような亜麻仁油ですが、摂取の仕方が正しくないとせっかくの効果が台無しになってしまいます。注意しましょう。

熱くしてはダメ

亜麻仁油は熱に非常に弱いため、加熱は絶対にNGです。
熱したものと組み合わせるのも、酸化してしまい効果が薄れてしまうのでダメ。

そのまま摂取できるなら、ツルッとスプーンで飲んでしまえばいいのですが、風味が苦手な人もいるかと思います。そんなときはヨーグルトやジュースに加えてしまったり、自炊をするなら亜麻仁油でドレッシングを作ったりと工夫してみてください。

摂り過ぎ注意

いくら美容や健康にいいからといって、摂り過ぎてはいけません。油なのでカロリーオーバーになってしまいます。1日あたりスプーン大さじ1杯程度を目安にしましょう。
他にも、忙しい人向けにサプリメントでも販売されていますので、容量を守って摂取しましょう。

最も効果的にするには?

亜麻仁油に含まれているオメガ3が重要なことは前述した通りですが、同じ必須脂肪酸であるオメガ6と密接な関係にあります。
現代の日本人の食生活では、オメガ3が不足していてオメガ6が過剰摂取の傾向にあるとされています。
つまり、積極的にオメガ3を摂取していかなければならないということです。
ところが頑張ってオメガ3を摂取しても、オメガ6を過剰摂取している状態では効果が半減してしまうのです。
オメガ3の効果を最大限に引き出すためにも、オメガ6の摂取を控えるようにしてください。

オメガ6を含む食品は、マヨネーズ、ごま油、サラダ油、ファーストフードなどのチキンやポテトです。こういったものを避けるようにしましょう。

美容効果以外にも、たくさんの健康効果

美容効果が盛りだくさんの亜麻仁油ですが、他にもたくさんの健康効果があります。

◆生活習慣病予防、改善効果
◆アレルギー症状の緩和
◆抗うつ、ストレスの緩和
◆血行促進で、動脈硬化や血栓の予防、改善効果

おわりに

こんなにたくさんの効果があるなんて本当に驚きですね!
1日たったスプーン1杯分を口にするだけで、お肌が若返っていく魔法みたいな亜麻仁油。飲む美容液を早速試してみてはいかがですか?
ほんの数日で、お肌のコンディションが違ってくるのがわかります。

ぜひ、効果的に毎日の食事に摂り入れてください。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー