prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

目元のたるみにはマッサージ?アイクリーム?撃退する方法4つ

目元のたるみが気になっている方いらっしゃいませんか?
目元がたるんでくると疲れて見えたり、見た目の年齢や印象にも左右されます。
いつまでも若々しく素敵でいるために目元ケアを見直してみましょう。

スポンサーリンク

加齢とともにたるんでくる目元

歳を重ねるごとにお肌の新陳代謝が低下し、内部のコラーゲンやうるおい成分が減少します。
すると、お肌のハリや弾力が低下し、たるみの元となるのです。

では目元のたるみ対策はどうしたらいいのでしょうか?

目元のたるみに効果的な方法4つ

①美顔器

イオン導入機能がついた美顔器がオススメです。
イオン導入機能が付いていると、確実に保湿成分をお肌の深部にまで行き渡らせる浸透力があるので、ハンドプレスで保湿成分を入れるよりも数倍効率が良いのです。

②マッサージやエクササイズ

年齢とともに顔の筋肉が強張ってたるみの元になりやすいです。
特に、無表情など顔の筋肉をあまり動かさないと余計に強張ってしまい、年齢よりも老けて見えることも!
よく筋肉を解してあげる事が大切です。普段から目の周りの筋肉を動かす事を意識しましょう。
ウインクや片眉を上げたり下げたりという簡単なエクササイズを日常の合間に行うだけでも変わってきます。
また、顔と頭皮はつながっているため頭皮をマッサージして柔らかくする事を心がけるとたるみ防止にもつながります。

③食事

コラーゲン

たるみの元となるコラーゲン不足を内側から補いましょう。
コラーゲンは手羽先や豚足・鰻・ふぐなどに多く含まれています。
ハイカロリーなものが多いため、食べ過ぎには注意です。意識して少しずつ食べるようにしましょう。

納豆

納豆のネバネバ成分にはお肌を保湿しハリを出してくれる効果があります。
納豆はアンチエイジング効果が高い食品でもあり、納豆に含まれるイソフラボンはビタミンEと摂る事でより一層効果が期待できます。積極的に摂りたいですね。

ポリフェノール

血行を良くし、抗酸化作用が強いのでアンチエイジング力が高いです。
赤ワインやココア・緑茶・チョコレート・フルーツなどに多く入っています。
また、フルーツは皮の部分にポリフェノールが多く含まれているのでなるべく皮ごと食べるようにしましょう。

ビタミン類

こちらもアンチエイジング力があり、目元のハリを保つ効果があります。
また、ビタミンA・C・Eを一緒に摂ると相乗効果で抗酸化作用がより強くなるのでオススメです。

ビタミンA 卵黄・レバー・にんじんなど
ビタミンC レモン・パプリカ・パセリなど
ビタミンE アボカド・ナッツ・オリーブオイルなど

④スキンケア

お肌の新陳代謝を高める事と徹底した保湿をするために直接的に効く目元専用のスキンケアコスメを使いましょう。
高濃度な保湿成分が入っていて、浸透力があるものだと効果が期待できます。
こちらではいつものスキンケアにプラスして使える1本をご紹介します。

手軽に始めるならこの商品!

b.glen 目元ケア

アメリカのメーカーですが、日本人の女性のお肌に合うように作られた目元専用美容液なのです。
医療技術で使われていた高い浸透力の特許があり、それがこの美容液に使われているためお肌の深部にまで美容成分を届ける事が可能です。
直接必要なところに働きかけてくれるのは嬉しいですよね。

また、独自開発された5つの美容成分が超微小のカプセルに入っており、お肌にハリをもたらすのはもちろん新陳代謝を上げ、内側からイキイキとしたお肌にしてくれます。
無駄な物は一切省き、効果がある成分だけしか入ってないのにもこだわりが感じられますね。
国内コスメランキングでも高評価なのも納得です。
医療技術が使われた高成分の美容液を一度使われてみてはいかがでしょうか?

さいごに

歳を重ねるにつれ、老化は防げませんが目元のたるみは遅らせる事が可能です。
いつまでも美しく若々しくあるために内側と外側の両方からケアする事も大切ですね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー