prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

ねあか顔に大変身!目の下のクマの種類と消し方

20151023woman

目の下のクマに悩んでいる人の中には、実際は疲れても機嫌も悪くないのに「なんか疲れてる?」「機嫌悪い?」と勘違いされたり、実年齢よりも老けて見られたりしたことがある方も多いはずです。

「目元美人」と言葉があるように、人間の第一印象は目元で決まるといっても過言ではありません。
目元美人を目指しどんなに流行りのつけまつげやアイメイクを施しても本来の目元がくすんでいては効果は半減どころではないのです。

今回はそんな悩めるクマの原因と改善方法をご紹介します。

スポンサーリンク

クマの語源を知っておきましょう

20151023kuma
そもそもなぜ「クマ」という名前がついたのでしょう。
その由来は歌舞伎にあります。

歌舞伎の世界では「隈取り」という独自のメイク方法があります。
赤、青、茶色の三色を使い目元や輪郭を強調する手法で役柄によってその色を使い分けます。
具体的には赤はヒーロー、青は悪人役、茶色は妖怪役と歌舞伎の世界でも青や茶色はやはりマイナスのイメージなのです。

慢性化してない?にっくき目の下のクマ

20151022woman
クマには一時的なクマと慢性的なクマの2種類があります。一時的なクマとは徹夜明けや風邪などの体調不良が原因で通常一日二日で消えてくれます。

一方、厄介なのが慢性的なクマ。すでに定着してしまっているため時間が解決してくれるものではありません。
ですが、「だったら仕方ない」と諦めていてはますますひどくなるばかりです。

クマはその原因により「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」と3つのタイプに分けられ、ケアの方法もそれぞれ違ってきます。
まずはあなたのクマがどのタイプに当てはまるかを知ることが必要です。

青クマ

皮膚の下の静脈が浮き出て青くみえるのが青クマ。目の周りには多くの毛細血管が集まっており血行が悪くなると血液が停滞し青っぽく透けて見えるのです。
また、目じりを横に引っ張ると少し色が薄くなり、上向きで鏡をみても色や形が変わらず青く見えます。なお、色白の人は目立ちやすいのも特徴です。

青クマの原因

青クマの主な原因は血行不良です。具体的には睡眠不足やストレス、疲労やコリなどが挙げられます。また目を酷使することで起こるドライアイや喫煙なども青クマを引き起こす一因です。

青クマの改善方法

3タイプの中で比較的簡単に改善できるのが青クマです。
生活習慣が引き金となっている血行不良が主な原因ですのでまずは血流を改善する必要があります。

1.目元をホットタオルで温め血流を促す
2.軽い運動や半身浴で全身の血流を良くする
3.レバーやホウレンソウなど鉄分摂取を意識した食生活十分な睡眠

スポンサーリンク

茶クマ

皮膚の色素沈着で茶色に見えるのが茶クマ。目じりを引っ張っても向きを変えても色は変わりません。

茶クマの原因

茶クマの原因はシミやくすみによる色素沈着です。紫外線対策をせずに外出したり、メイク落としの際のこすりすぎや、目をこする癖による過度な摩擦がその一因です。

茶クマの改善方法

1.日々の紫外線対策を怠らないこと
2.ビタミンC誘導体配合の美白効果のある化粧品でのケア
3.メラニンの生成を抑えるためトマトやブロッコリーなどビタミンC摂取を意識した食生活

黒クマ

たるみやハリが失われできた影が黒クマ。
上向きで鏡を見るとたるみがなくなり色が目立たなくなります。黒クマは皮膚の色自体が変わっているのではなく、たるみにより影が出来てクマのように見えます。そのためもともと顔立ちのはっきりした涙袋の大きい人ほど目立ちやすいのが特徴です。

黒クマの原因

黒クマの原因は加齢による目の周りの皮膚や筋肉のゆるみが原因です。
加齢の他に目の下の脂肪が多い人に出やすい傾向があります。

黒クマの改善方法

1.ウナギや豚足などコラーゲン摂取を意識した食生活
2.表情筋のトレーニング
3.目元を動かし目の周りの筋力を強化

明日には消したい!メイクでクマを隠す裏技

20151023kuma2
日頃の地道なケアはもちろん大事ですが、どうしても緊急でクマを隠したい時にお勧めなのがコンシーラーです。
青クマはオレンジ系、茶クマはイエロー系、黒グマはパール系コンシーラーとの相性が良いのでタイプにあったコンシーラーをお選び下さい。ですが明るすぎる色を選ぶとかえってクマが目立ってしまう場合もありますので肌色に適したカラーの選択が重要です。

コンシーラーのカバー力は固形に近いほど高いのですが、ペンシルタイプやスティックタイプを日常使いすると肌に負担が大きくなります。
「大切な日」にこれらを使用することに問題はありませんが、日常使いであればクリームやリキッドタイプをお勧めします。

最後に

目元の皮膚は0.5ミリ~0.6ミリと非常に薄くゆで卵の薄皮程度の厚さしかありません。
そのため刺激にとても弱いデリケートな箇所です。ですからクマを消したい一心でゴシゴシ力を入れてマッサージや洗顔をするとかえって悪化し逆効果です。

本当の「目元美人」を目指すには日々の地道な努力が必要です。
焦らずじっくりケアをすることが一番近道なのです。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー