prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

肌に潤いが復活!美肌に効果的な「薬膳」を摂取する方法

お肌の調子が違うだけで一気に人の印象って変わりますよね。

調子が良いと綺麗なだけでなく、若く見えたり、健康に見えたり、明るく見えたり。
不調だと、その逆ですよね。老けて見えたり、不健康に見えたりしてしまいます。

あなたはどんなスキンケアをされていますか。

美容液やクリームにこだわっている、毎日パックしている、エステでケアをしている…など、外からのケアに力を入れている方が多いのではないでしょうか。

「最近チョコを食べ過ぎてるからニキビができちゃった」なんて話を一度はしたことありませんか。
そう、お肌の調子はいつも口にする食べ物に大きく影響を受けるのです。

ということで、本日は「食べるスキンケア」のご紹介です。

スポンサーリンク

そもそも薬膳とは?まずは薬膳を知りたい!

20151028woman
薬膳は、漢方の考え方に基づいた食事です。
薬膳と聞くと、どんなイメージをお持ちですか?

不味い、病気の時に昔の人が食べていたごはん、物足りなさそう、なんだか難しそう…
好意的なイメージを薬膳に抱いている方は少ないようです。

マクロビオティックと聞くとどうですか?
ヘルシー、ダイエットに良さそう、美容に良さそう…など、まるで女性の味方かのようなイメージではないでしょうか。

そのマクロビオティックの基になったのが薬膳なのです。
そのため類似点も多いですが、肉・卵などの動物性タンパク質や砂糖などのNG食材がありません。
ですので、薬膳の方が普段の生活に取り入れやすくオススメです。

もちろん病気時も食しますが、基本的に、薬膳は病気の予防のために、陰陽のバランスを整える食事です。
私たちの身体は自然の一部で、その影響を多いに受けているという考えを大切にしています。
つまり季節に応じて身体に必要な食物は変わってきます。旬のものが献立に入っていることが多いのはこのためです。

肌に潤いを与える食材ベスト5!

20151028syokuzai
肌は健康のバロメーターです。
バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

肌が乾いてきたのなら、バランスが取れていない証拠です。
そんなあなたにオススメなのが、今からご紹介する食材です!

①白キクラゲ

体の中でも、特に肺はお肌との関わりが深いです。
なぜなら肺は津液(血液以外の体内の水分)の運行の役目を担っているからです。

つまり、肺が潤えばお肌も潤うということです。
その肺を潤してくれるのが、白キクラゲです。

スポンサーリンク

②ハチミツ

白キクラゲ同様、肺を潤す働きがあります。
また、腸を潤す働きもあるので便秘にも効果的です。便秘も解消されれば、くすみやむくみの改善まで期待できます。

③豚肉

陰液(精・血・津液を豊富に含む体液)を補ってくれる食材です。
体内に陰液が補われると、肌にも良い影響が現れるのは言うまでもないですよね。

④トマト

トマトには「生津止渇(しょうしんしかつ)」という働きがあります。
文字通り、津液を生じさせ渇きを止めてくれる食材です。
喉が渇きやすい夏が旬なのも納得ですよね。

体を冷やす食材でもあるので、寒い時期は気をつけてくださいね。

⑤きゅうり

誰もが知ってる昔ながらの美容法、きゅうりパック。
これはもちろん迷信的なものではなくて、理にかなっています。
「潤膚美容(じゅんふびよう)」という、皮膚を潤し美しく保つ働きをもっているからです。

ただし、注意が必要です。
きゅうりにはソラレンという光毒性をもった成分が含まれています。
外出前にきゅうりパックをすると肌は潤っても、シミになりやすくなってしまいます。

就寝前にパックをすれば、朝には潤いお肌になっているかも!?

薬膳ってどうやったら手軽に摂れるの?

20151028woman2
当帰、山査子、桔梗、合歓皮…
薬膳に使われる食材というと、読み方すら分からない珍しい食材のイメージが先行していますが、それだけではありません。
むしろ、この世に存在する全ての食材が薬膳で使われます。

大切なのは陰陽のバランスです。
嬉しいことに、和食はそのバランスがとても良くとれています。
健康と美の秘訣として、海外で和食ブームが起こるのも当然のことと思えます。

色々な国の料理がどんどん日本に入って来て、バリエーション豊かな食事を楽しめるようになって久しいですよね。

そろそろここで日本人の原点に戻ってみるのもいいかもしれません。

さいごに

薬膳の堅苦しいイメージの誤解はとけたでしょうか?
私たちは自然の一部です。自然と調和した心身の状態になれるよう、情報社会に振り回されずに、自分の身体に目を向けてあげましょう。辛い時ほど、薬膳料理が食べたくなるはずです。

薬膳で潤いお肌の東洋美人を目指しましょう!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー