prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

女性がこぞって実践中!「菌活」って何?正しい方法は?

菌活という言葉をご存知でしょうか?
今、海外でも注目されていてミランダカーやマドンナなども取り入れている私達の体にいい事ばかりの美容や健康効果を期待できる方法です。

実際、菌活とはどのようなものを摂取するのでしょうか。

スポンサーリンク

菌活って何?何を摂取するの?

菌活とは体の中にある善玉菌を増やす事です。

体の中には善玉菌と悪玉菌が毎日せめぎ合っています。善玉菌とは便秘や下痢を予防し、高い免疫力で感染症などから守ってくれたり、食べたものの消化や吸収を促進し、腸内環境のバランスを保っている私達の体に欠かせない大切な菌です。
反対に悪玉菌は便秘や下痢を起こしたり免疫力を弱めたりします。

この善玉菌を優勢にするには体の中に発酵した菌を取り入れる事で善玉菌を増やす事が出来るのです。

昔から私達日本人の食生活は漬物や納豆・味噌などの発酵食品を取り入れてきました。
その発酵食の健康や美容効果が注目され、海外でも話題になっており、昔日本でも流行ったコンブチャ(紅茶きのこ)がブームです。

何だか嬉しい事ですよね!
他にもいろいろな菌の種類があるのでご紹介しましょう。

乳酸菌

20151022yoghourt
乳酸を作る菌で私達がよく知っているヨーグルトや漬物などの発酵に携わる菌で、消化管や腸内・口腔内など体の中などに留まり環境を整えて保持してくれる役割をします。

腸内環境を整える事で免疫力も上がるのでアレルギー物質である花粉症の予防やインフルエンザや風邪の予防にも効果があります。

この乳酸菌に加え、血圧や血糖値の抑制効果がある酵母菌と便秘解消効果のある酢酸菌を砂糖入りの紅茶などで発酵させたものが先程も触れた紅茶キノコ(コンブチャ)です。

スポンサーリンク

きのこ類

20151022kinoko
きのこはそのものが菌のかたまりです。菌の中で唯一目で確認する事が出来る菌なのです!

きのこはプレバイオテックスという菌で体の中の良い菌を育ててくれたり、きのこの食物繊維が乳酸菌のエサになるため欠かせない食材なのです。乳酸菌ときのこを摂る事で菌活の相乗効果が生まれダイエットや便秘の解消・美肌やダイエット効果・ストレス対策などにも大きな効果が期待できます。

夏バテ防止にも良いのでこれからの季節のために積極的に取り入れたいですね。

納豆菌

20151022nattou
納豆菌は納豆に入っている菌で腸内に留まる事で他の善玉菌という味方を増やして安定させます。その中でもヨーグルトの乳酸菌は胃酸に弱くほとんど死滅しまうのですが納豆菌が居る事で乳酸菌を増やして安定させる頼もしい効果があるのです。

麹菌

20151022komekouji
食品の発酵に最適なカビなどを繁殖させたものでうまみ成分であるアミノ酸が高く、味噌や醤油などの調味料や日本酒などでも使われている菌です。
この麹菌を使うのはなんと日本だけ!
日本の気候が麹菌の生息にピッタリなのです。
その事から日本の「国菌」として認められています。

麹菌には酵素が豊富に含まれており、栄養の消化や吸収の手助けをしてくれたり、体をサビさせる原因と戦ってくれるので健康や美容にも良いのです。

どのように摂取する?

20151020dish
このように健康や美容に効果大な菌類はどのようにして摂取するのがいいのでしょうか?
具体的にご紹介します。

乳酸菌

ヨーグルト

先程も触れたようにヨーグルトの乳酸菌だけでは胃でほとんど死滅してしまうため、効率よく摂るべき食材です。
納豆菌を体に入れてから摂るか胃酸が薄まった状態である食後のタイミングで摂るのがベストです。

チーズ

加熱加工されているプロセスチーズより加熱加工されていないナチュラルチーズは発酵食品として効果が期待できるのでオススメです。

キムチ

キムチの乳酸菌は強くその生命力は納豆菌以上にも!
韓国では生肉と一緒に食べる事で食中毒予防にもなると言われています。

ぬか漬

キムチ同様生きたまま腸まで届く植物性の乳酸菌なので直接悪玉菌をやっつけてくれます。
漬物にする事で乳酸や酢酸が発生します。
この酸が悪玉菌の弱点なのです。

スポンサーリンク

きのこ類

きのこ鍋

きのこ類を何種類も一度に摂れて数種類も入れる事でうまみ成分もUPするのでオススメです。
味付けも味噌やバター・キムチなどを入れたりする事で発酵食品が一度に摂れます。

きのこは和食や洋食・中華など様々な味付けで調理しやすくカロリーも低いのでダイエットにもピッタリ!

納豆菌

納豆

納豆菌は納豆にしかありません。納豆以外では摂取する事が難しいのです。
積極的に摂りたいですね!

麹菌

甘酒

米麹を発酵させたもので飲む点滴と呼ばれる位栄養価が高く、美肌効果やダイエット・疲労回復効果があります。

味噌や醤油

昔から私達に身近な麹菌です。
調味料として他の食材と合わせやすいので簡単に毎日のように摂れやすいのが良いですね。

納豆+キムチ・味噌+バターなど嬉しい事に発酵食品同士は相性が良いものがたくさんあります。
自分の好きな組み合わせを見つけるのも楽しいです。

さいごに

このように美容や健康に大きな効果をもたらしてくれる菌のチカラですが、体内に留まる期間は短く、便となり体の外に出てしまうため、毎日コツコツと継続して摂取する事が大切です。

また菌には自分との相性もあるので自分にピッタリ合った菌を見つけましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー