prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

知っておきたい紫外線対策!日焼け防止にUVケアは必須?

1年中、季節を問わず降り注ぐ紫外線(UV)はお肌の大敵です。

紫外線対策をおこたると日焼けをするだけでなく、しみやシワといった肌の老化に繋がります。

たとえ少量の紫外線であっても、長期的に浴びていると、肌の老化を早める恐れがあるため、常に注意しておかなくてはいけません。
お肌だけでなく、目や髪など体のさまざまな部位に悪影響をもたらします。

紫外線防止対策には、外側のケアはもちろんのこと、内側からのケアも大切です。
紫外線に負けないようなグッズや食べ物で、美容と健康を保ちましょう。

スポンサーリンク

そもそも紫外線とは

紫外線はUV(Ultra Velvet)とも呼ばれており、太陽光線のなかで波長が短い光のことを指します。

紫外線には3つの種類があります。

  • UV-A(A波)
  • UV-B(B波)
  • UV-C(C波)

このうち、オゾン層を通過して地球に到達するのはUV-AとUV-Bで、UV-Bは皮ふや目に有害とされています。
UV-AはUV-Bより害が少ないとはいえ、長時間浴び続けると細胞を傷つける恐れがあるのです。

紫外線は太陽が出ていないときは当たらないと思うかもしれませんが、雲を通過するため、曇りの日でも注意が必要です。

また、紫外線は室内にいれば避けられるという訳ではなく、窓ガラスなどを通しても体に影響します。

紫外線が肌に与えるダメージ

肌は表面から内側に向けて表皮、真皮、皮下細胞の順で構成されているのです。

UV-Bは表皮より奥には入れませんが、表皮に強いダメージを与え、細胞を傷つけたり炎症を引き起こします

いっぽうで、UV-Aは皮下細胞まで行き届き、肌の奥深くまでダメージをもたらします

紫外線を長時間浴び続けると、美容に悪影響を及ぼすだけでなく、健康被害をも被ることになるのです。

紫外線を浴び続けた体はどうなる?!

紫外線は人間の体にとって有害なもので、対策をしないで浴び続けるとさまざまな影響を及ぼします。

日焼け

日焼けには主に2種類存在します。

UV-Bによるサンバーン

まず、長時間太陽の下にいて肌が真っ赤になる経験をしたことがあるかもしれません。
これは「サンバーン」と呼ばれるもので、UV-Bの影響で起こります。

サンバーンが起こると肌が赤くなるだけでなく、痛みやかゆみをともなったり、ひどい場合には水ぶくれが発症します。

UV-Aによるサンタン

次に「サンタン」と呼ばれるものがありますが、これはUV-Aにより肌の色が濃くなるケースです。

皮ふが紫外線を浴びると、肌の角質層がある程度は紫外線をブロックしますが、それを通り抜けた紫外線はメラニン色素に吸収され、メラニン色素が増えて肌の色が濃くなってしまいます

UV-Aによる日焼けでは、肌の痛みやかゆみなどを起こすことは少ないのですが、美白にこだわっている方にとって肌が黒くなるのはどうしても避けたいでしょう。

スポンサーリンク

肌の老化

紫外線を浴び続けた肌は、シミやしわ、たるみなどをもたらします。
肌に対する紫外線の影響も、UV-AとUV-Bで異なります。

UV-Aは肌のコラーゲンやヒアルロン酸を生成する細胞を傷つけるため、UV-Aを浴び続けるとシワやたるみを引き起こすのです。

いっぽうでUV-Bはメラニン色素が増える原因となり、その結果シミやそばかすを作り出してしまいます

免疫力の低下

人間の体は、さまざまな病原体やウイルスに勝つために、常に免疫力が働いています。

皮ふの免疫力を保つのに重要な役割を担っているのが、ランゲルハンス細胞と呼ばれるものです。

ランゲルハンス細胞は表皮の中に存在し、皮ふ内に異物が侵入した際にその情報を脳に送る働きをし、そのおかげで免疫反応が起きて皮ふを守ることができています。

しかし、ランゲルハンス細胞は紫外線に弱く、皮ふが紫外線に長時間当たることで細胞の数が劇的に減少してしまいます。

ランゲルハンス細胞の数が減ると免疫反応が出ず、病気に感染したりガンにかかったりするのです。

目の日焼け・病気

紫外線は肌だけでなく、目にも悪影響をもたらします。

長期間紫外線にさらされた目は、角膜や白目にダメージを与えて充血や痛みを引き起こします。

目の病気を招くのも紫外線の怖いところです。
強い紫外線を浴び続けることで、白内障を発症する危険性が高まります。
UV-Bによって水晶体のタンパク質や水分が変性し、弾力性が失われるためです。

紫外線白内障を発症すると、視力の低下や失明など、日常生活に支障をきたす症状が発現します。

紫外線による目の病気はほかにも存在し、雪眼炎や翼状片などが挙げられます。

髪の毛の日焼けや抜け毛

太陽に当たる時間が多いと髪の毛の色が若干明るくなることがありますが、これは髪の毛が日焼けしているからなのです。

髪の毛が紫外線にさらされると、乾燥してパサついたり、髪の老化が起こって抜け毛の原因にもなります。

髪の毛は体のてっぺんにあるため、紫外線が当たりやすく、その量は顔の部分の3倍以上といわれています。

紫外線対策で必須のグッズや食べ物

紫外線から肌を守るには、外側と内側両方からのケアが大切です。

帽子

(シッギ)Siggi おしゃれ コットン 女優帽子 バケットハット 日よけ帽子 ハット 帽子 シェードハット レディース 春夏 つば広 uv フリーサイズ あご紐 ゆったり 無地 リボン アウトドア 旅行 ゴルフ 釣り 自転車 農作業 プール 黒
帽子を被ることは、ある程度の紫外線が肌に直接降り注ぐのを防ぐことに繋がります。

帽子にはさまざまな種類や色がありますが、なるべく黒い色でつばが長い帽子をかぶるようにしましょう。

白い色は紫外線を通しやすく、濃い色であるほど紫外線を吸収してくれます。

また、つばが長ければ長いほど紫外線を浴びる量が減ります。
帽子を被っていない場合に浴びる紫外線の量を100%としたとき、5cmのつばの防止を被ったときは50%、10cmの場合は30%にまで減るのです。

UVカットに特化している帽子もあり、より紫外線をカットする素材や作りになっています。
デザインもさまざまですので、ファッションにこだわる方にもおすすめです。

サングラス

PENGIN PC® (ペンギン ピーシー) サングラス レディース uvカット 人気 レディース サングラス 偏光 ビッグフレーム 大きめ 海 UV400 紫外線 カット率99.9 % 偏光レンズ ケース&メガネ拭き4点セット (1 ブラック )

サングラスは紫外線から目を守ると多くの人に知られていますが、サングラスの選び方には注意する必要があります。

紫外線対策の目的でサングラスを選ぶ際には、紫外線透過率(UVカット率)を見ましょう。
紫外線透過率が低いほど、紫外線をカットできます。

なお、濃い色のサングラスの方がより紫外線をカットすると思われがちですが、実際はそういう訳ではありません。

濃い色のサングラスでも紫外線をあまりカットしないものであれば、暗さで目の瞳孔が開いて多くの紫外線が目に入り込んでしまうのです。

紫外線対策でサングラスを購入する際には、レンズの色よりも性能を重視しながら選ぶようにしましょう。

紫外線に強い日焼け止めや化粧品

化粧品によっても、紫外線に強いものとそうでないものがあります。

紫外線に弱いものとしては、タールが使用されているものが挙げられます。
タールは肌への安全性を確保するために使用されており、その多くは光に弱い性質を持っているのです。

紫外線から肌を守るために、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を使用している化粧品を使うとよいでしょう。
紫外線吸収剤は、肌が紫外線にさらされないように紫外線を吸収して熱や赤外線に変換します。
紫外線散乱剤は、紫外線を肌の表面で跳ね返して、肌に直接紫外線を当たらないようにするものです。

ただし、あまりにたくさんの紫外線を処理することはできないため、定期的に塗りなおす必要があるので注意が必要です。

また、化粧品にはSPFやPAといった表記がされているものがありますが、それぞれ下記の意味を持ちます。

SPF:Sun Protection Factor

  • UV-Bをどの程度防げるかを表した数値
  • SPF1で日焼けを20分程度抑えることができる

PA:Protection grade of UV-A

  • UV-Aをどの程度防げるかを表した数値
  • 4段階あり、+(プラス)の数が多いほどUV-A防止効果が高い

買い物など短時間の外出の際には、SPF20でPA++程度で十分だといわれています。
野外でのスポーツなどで長時間外にいる場合は、SPFとPA値が高いものを選ぶようにしましょう。

なお、紫外線は唇にも影響します。
紫外線対策をしていない唇は、日焼けによってくすみや乾燥を引き起こします。

リップクリームにはSPFやPAの表記が記載されているものを選ぶようにしましょう。

【絶対美白】日焼け止め最強オススメ人気ランキング!選び方のポイント

日焼け防止に有効な食べ物

日焼けは外側から予防することも大切ですが、日焼けに有効な栄養をとることで体の内側から日焼け予防ができます。

日焼け予防によいとされている栄養素はビタミンA、C、Eといわれています。

それぞれの栄養素を多く含む食材には、次のようなものがあります。

  • ビタミンA:ブルーベリー、レバー、ブロッコリーなど
  • ビタミンC:ゴーヤ、イモ類、レモンなど
  • ビタミンE:魚介類、アーモンド、ひまわりの種など

なお、イチゴにはこれらのビタミンがすべて豊富に含まれています。

飲む日焼け止め

日焼け止めは通常肌に塗るものですが、最近ではサプリメントを飲んで日焼けを防ぐ方法も活用されています。

飲む日焼け止めは毎日服用するだけで日焼けを防げるため、日焼け止めクリームを塗り忘れる方や塗るのが面倒な方におすすめです。

また、肌が敏感で日焼け止めクリームが合わないという方も、飲む日焼け止めなら肌に悪影響を与えずに紫外線対策ができます。

飲む日焼け止めの中には、天然成分にこだわっているものや目からの紫外線も予防してくれるものもあるので、気になる方は次の記事をご覧ください。

飲む日焼け止め、副作用はある?子供も飲める安全なサプリ3選&選び方のコツ

紫外線対策はいつからいつまで?

「紫外線対策は夏の間だけやっておけばよい」と思っている方もいるでしょう。

確かに夏は、もっとも紫外線が多い季節であるため、注意する必要があります。
しかし、紫外線が多くなる時期は5月といわれているため、春頃から紫外線対策を始めておくとよいでしょう。

紫外線量は7~8月にピークを迎えて9月頃まで高い状態であるため、5~9月の間は入念に紫外線対策を行うことをおすすめします。

ただし、紫外線は多かれ少なかれ1年中降り注いでいるため、1年中対策を取ることが理想的です。

紫外線は日焼けをはじめ、体にさまざまな悪影響をもたらします。
とくに美肌を保ちたいと思っている方にとっては、絶対に避けたいのが紫外線ではないでしょうか。

健康と美肌を守りたいなら紫外線対策を


以上、紫外線による体への影響や対策をご紹介しました。

紫外線は直接目で見えないため、普段あまり意識しない方も多いのではないでしょうか。
しかし、私たちが思っている以上に紫外線による影響は大きいのです。

紫外線によって日焼けで美白を失うだけでなく、肌や髪の老化、最悪の場合病気を発症する可能性があります。

美容と健康の両方を保つために、日々紫外線対策には気を使いたいものです。

スポンサーリンク

  • メイク
  • 作成日:2015年07月07日
  • 959 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー