prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

油断は禁物!夏でも乾燥肌になる原因と対策

20150708-kansou

夏に肌が乾燥する原因2つ

①エアコンや扇風機の影響

夏といえば海や花火など、この季節ならではの野外で楽しむイベントが、盛りだくさんです。
気分も盛り上がりますが、やはりオアシス的存在なのは、エアコンのガンガン利いた涼しい部屋や、モヤっとした暑く湿り気のある空気を一掃してくれる扇風機の風。
当たった瞬間の快感は、たまりませんね。
しかし、肌にとっては大敵なのです。
エアコンは室内が乾燥するため、体中の皮脂が乾いてしまいます。
扇風機の風も、涼しくて気持ちがよいのですが、実は風に当たった刺激で、皮膚の水分が失われてしまうのです。

②紫外線による乾燥

ギラギラとした太陽の下では、誰もが紫外線の存在を意識しています。
日に焼けて肌が黒くなるくらいは、皆さんもご存知だと思います。
この季節、日焼け止めクリームも塗って対策万全!なんて方も、要注意です。
実は、紫外線(UVA)は、肌の奥深い真皮まで届き、弾力やハリを保つコラーゲンや、それを支える役割を持つエラスチンも破壊してしまっているのです。
そして、肌内部の水分も蒸発し、乾燥がちに傾いていきます。

夏の肌のベストなお手入れ方法

夏による様々な刺激に対し、肌は防衛態勢に入ります。
春には柔らかくスベスベだった肌も、外部の刺激により、通常28日周期のターンオーバーも乱れ始め、古い細胞が溜まり、ゴワつきやくすみが目立ってきます。
まずは、この硬くなった肌をなんとかして元に戻さなければなりません。
このままでは、肌が素直にお手入れを受け付けてくれないので、表面に溜まった角質を取り去りましょう。

ゴマージュやピーリングが効果的

防衛体制に入っている肌を柔らかく、その後の化粧水の浸透性を上げるための方法です。
ざらつきが目立つ方はゴマージュを使用してみてください。
くすみが気になる方はピーリングにチャレンジしてみましょう。
但し、これ以上、肌に刺激を与えてしまうと逆効果です。ゴシゴシと擦るより押すようにソフトなタッチで、肌の防衛機能を働かせないよう気を付けましょう。

夏はインナードライになりがち

日本の夏は湿度も高いし、汗もたくさんかいて、肌は皮脂でテカテカしています。
まさか肌が乾燥しているなんて思いもよりませんね。
実は汗をかくだけでも、肌の保湿成分(NFM)やセラミドが奪われていて、肌はダメージを受けています。
インナードライ肌は、一見、肌表面が皮脂でテカっているので判断しにくいのですが、乾燥性脂性肌の事なのです。
エアコンや扇風機の風、紫外線など、たくさんの刺激で肌の水分量は少なくなり、それを補うため、肌が一生懸命皮脂を分泌して、これ以上の水分蒸発を防ごうと肌表面に蓋をしているのです。
この蓋が、俗にいうテカりです。そしてこのテカった肌の内部では乾燥している状態が起きているのです。
夏は、意外にもインナードライ肌になりがちなのです。

スキンケアは保湿が重要!

空気中の湿度が50%以下になると、肌の水分が急に蒸発しやすくなります。
夏の飲食店やデパート、室内にはエアコンが設置されています。これは、何度も述べていますが、肌が乾燥しやすい状況ですね。
乾燥により肌のバリア機能が低下します。それから放っておくと、肌荒れやしわの原因になります。
肌トラブルを予防するには、まず、保湿が大切なのです。

夏の肌のスキンケア

夏の刺激で、ゴワつきやくすみと共にインナードライになりがちな肌。
まず、角質を取り除き、肌への浸透性を高めたら、化粧水をたっぷりとつけましょう。
化粧水の浸透を高めるためにコットンの使用をおススメします。
手で付ける場合は、まずは全体に満遍なく、2回目は手の平で化粧水を肌に押し込むように念入りに浸透させてください。
その後は、肌内部にたっぷりと潤った水分を蒸発させない為、クリームなどで蓋をしてあげてください。

【おすすめスキンケア】サントリーF.A.G.E(エファージュ)

夏のスキンケアにぴったり。
私たちは、昔から味噌や醤油といった食品が健康に良いと教えられ、発酵食品を美味しく食してきた歴史があります。

サントリーが開発したエイジングスキンケア製品。
遺伝子レベルで研究を続けてきた酵母の神秘的な力が、たっぷり詰まっています。
ぜひお試しください。

水分補給はしっかりすることも大切!

肌の状態は、体調と密接に繋がっていますから、乾燥肌予防の為にも水分補給は大切です。
内側からのケアも心掛けたいですね。

食事以外から1日1.5リットルくらいを目安にしましょう。代謝を上げるためにも、冷たい飲み物より、常温か温かい飲み物がおススメです。

まとめ

これからの季節、楽しい思い出がたくさんできる分、肌を酷使する状況が続いてしまいますね。
でも、せっかくの夏です。思いっきり楽しんでください。

但し、その日に受けた肌ダメージは、その日のうちにケアするよう心がけましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー