prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

エステの必要なし!ワンコイン部分パックでスペシャルケア完了!

20150708-riop

ホームケアで美肌になれる!シートパックの効果

美容成分を染み込ませたシートを顔や気になる部分にのせてパックする「シートパック」は、美意識の高い韓国の女性たちにはずいぶん前からお馴染みのアイテム。
おうちでケアできる手軽さと、集中的に肌への浸透が期待できることもあって、最近では日本のドラッグストアやコンビニでも様々な種類のシートパックを見かけるようになりました。
シートパックは肌に密着させて使用するので、皮膚から逃げる水分をとどめる力があり、化粧水をパッティングするより浸透力も保湿力も高いんです。
また、短時間で美容液が肌の内部まで浸透する即効性があり、忙しい女性にはもってこいのアイテム。
効果や配合成分もバラエティに富んでいて、たくさん欲しくなってしまいますね。
今回はそのなかでも、コスパ抜群で試しやすい「部分パック」をご紹介!

ワンコインで買える!部分パックって?

シートパックといえば、顔全体を覆う丸いシートのマスクタイプが主流ですが、このようなパックは穴があいているので、目元や口元には美容液が届いていません。
唇や首もとなど気になる部分には、小さな「部分パック」を上手に使うと効果が高く、簡単にスペシャルケアができるため密かなブームを呼んでいます。
忙しい朝や就寝前に、気になる箇所へちょこっとだけ…といった手軽さと、ワンコインで買えるお値段が人気のヒミツ!

部分パックの豊富な種類

アイパック

目を閉じている間に使うタイプが多く、目元に貼ったまま一晩眠っている間に成分を浸透させます。
目の周辺はたるみやシワになりやすいうえ、その人を印象づけてしまう場所でもあるので、一晩使って潤いやハリを与えましょう。表情まで変わってきますよ!
部分パックの代表的な人気商品ですので、大容量のものも販売されています。

リップパック

ガサガサになりやすい箇所だけに、リップ用の商品はいくつも発売されています。
お手軽な1枚入りからたっぷり30枚入り、そしてフレーバーもたくさん!
口紅やグロスなどをきれいに落とした唇にパックをしっかり密着させ、5〜30分後にやさしくはがすだけで、ふっくらぷるぷるの潤い唇が手に入ります。
デートの前やお風呂上がりに毎日手軽に使えて、100〜300円とお安いのも魅力。

口周りパック

口のまわりは乾燥すると小じわができやすく、年齢を感じさせやすいにもかかわらずケアを忘れがちな箇所。
口周りの部分パックは、ほうれい線のあたりに貼って美容成分を浸透させ、ハリを与えます。
5枚入りや10枚入りなどいくつか発売されていますが、だいたい500円以下で買えますので、毎日使ってもプチプラ♪

フェイスラインパック

フェイスラインパックは、耳にかけるタイプのシートで口元からあごのラインを覆い、引き締め効果のある美容液を浸透させるパックです。
フェイスラインを持ち上げて、たるみ、むくみ、二重あごをすっきり小顔に!

ネックパック

首筋もシワになりやすく、年齢が出やすい場所。
なのに化粧水もつけない場合が多く、マスクタイプのシートパックでも覆いきれません。
そこで首専用のネックパックを使って、スペシャルケアをしましょう。
首やデコルテ周辺に貼って10〜20分間ほど置いてからゆっくりはがします。
美容液をしっかり浸透させるには、毛穴が開いているお風呂上がりがオススメです。

さいごに

値段が高いパックでなくても、部分的に使うことで集中して効果を上げることができます。
お財布に優しいから、複数を組み合わせてスペシャルケアもいいですね。
自分に合ったアイテムを見つけて、定期的にうるおいチャージ!

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー