prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

注目!秋以降のお肌にも影響大!恐怖の夏バテ肌メカニズム

07226

「夏」というと何が思い浮かびますか?

夏は海にお祭りに楽しいイベントが盛りだくさんです。
1年の中でもこの「夏」を心待ちにしている人も多いのではないでしょうか。

夏は日照時間も長く、遅くまで外も明るいのでうきうきした気持ちになるし、それだけでも楽しいですよね。
しかし、一方で最近の夏は30度を超える日が続き、暑さが非常にしんどいです。

外にでると一気に汗でグショグショになるし、室内にいても冷房がきつくて体調がすぐれない人も多いでしょう。

朝は綺麗にお化粧をしても汗ですぐに崩れしまうし、暑い夏はコンディションを整えるだけでもなかなか難しい現実もあります。夏は、明るくてイベントも多く楽しい季節ですが、実は、お肌にとっては非常に過酷な季節でもあるのです。

夏の暑さにやられて夏バテ状態に陥る人は多いですが、実はこの夏バテは体だけでなく、お肌にも起きることなのです。お肌が夏バテしてしまうと、ただでさえコンディションを整えるのが大変なのに、更に気を使わないといけなくなるし、秋以降のお肌にも大きく影響してしまいます。

では、この夏バテ肌とは一体何なのでしょうか。

スポンサーリンク

夏バテ肌っていったい何?

夏バテ肌とは、夏の暑さや冷房による乾燥等によって様々なダメージを受けているお肌のことを言います。

夏のお肌は強い日差しにされされているので、非常にダメージを受けているのです。
また、冷房の中にいる時間も多いので、必要以上にお肌が乾燥しています。

夏は汗や皮脂の分泌量が多いため、一見乾燥肌とは感じないので、対処するのも遅れてしまいがちなのですが、深刻な乾燥肌に陥っていることは多いです。

デスクワークで日中はほとんど室内にいる人でも安心できません。冷房はとにかく乾燥するし、冷えにより血流も悪くなります。また、お肌の新陳代謝も滞るので、ターンオーバーが乱れがちです。

その結果、角栓が詰まってざらざらしたり、お肌がくすんでしまい、夏バテ肌になってしまうのです。

夏バテ肌は秋のお肌にまで影響する

この夏バテ肌は、夏のワンシーズンだけでなく、なんと秋のお肌にまで影響してきます。

お肌にはターンオーバーといわれるお肌の生まれ変わりの周期があり、基底層で作られた細胞がどんどん上に押し上げられて最後にアカとなって剥がれ落ちるのです。

このサイクルはおよそ28日間なので、28日周期でお肌が生まれ変わることになります。
なので、過酷な紫外線や皮脂等でのダメージは、秋のお肌にも現れてしまうのです。

夏に細胞が受けたダメージは秋のお肌に出てくるので、夏の間にダメージを受けすぎないように対処する必要があります。

夏バテ肌の原因

夏バテ肌の原因は、夏の強い紫外線や室内の冷房、そして食べ物の影響が大きいです。

夏といえば日差しが強い日が続きますが、強い日差しは紫外線も強いので、お肌がダメージを受けてしまうのです。
ダメージを受けた角質は厚くなり、毛穴詰まりやお肌のざらつきを引き起こします。

そして、外が暑く、室内が冷房で冷えすぎている環境もお肌にはよくありません。
汗をかいた体が一気に冷えてしまうし、強い冷房によってお肌も乾燥してしまいます。

更に、暑さで食欲がなくなってしまうことも夏バテ肌の原因の1つです。
健康的なお肌にはビタミンやミネラル等の栄養素が必要不可欠になります。

暑い日が続くとなかなか食欲も出ませんが、欠食してしたり、そうめんなどのバランスが偏るものばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。

栄養不足はお肌に良くないだけではなく、様々な不調を招くので注意しましょう。

夏バテ肌を予防するには

では、夏バテ肌にならないためにはどうすれば良いのでしょうか。

まず、紫外線からお肌を徹底的にガードしましょう。
曇りや雨の日も油断せず、毎日日焼け止めを使用します。晴れていなくても紫外線は毎日サンサンと降り注いでいるのです。

そして、冷房のつけすぎには注意しましょう。
あまりに冷えすぎだと体調にもよくないし、エコでもありません。

オフィス等で自己調節出来ない場合は、カーディガン等で温度調節し、飲み物での水分補給以外にもミスト等でお肌にも水分補強をしてあげましょう。

また、食事からの栄養補給も大切です。1日1食はバランスの良い食事をして栄養面を整えましょう。
サプリメントを利用するのも効果的になります。

栄養バランスが良いと、夏バテも引き起こしづらくもなるので、食欲不振に陥りにくくなるので一石二鳥です。

夏バテ肌を防いで秋以降も健やかな肌を目指そう

夏は明るく楽しい行事が目白押しなので、夏を楽しみにしている人も多いでしょう。

しかし、お肌に関しては、この夏こそ油断大敵な季節なのです。
すぐにはダメージに気付きにくいのですが、夏は非常に苛酷な環境下にあります。

外では強い紫外線からダメージを受け、汗と共に皮脂も沢山分泌されます。そして室内では冷えて血流が悪くなるだけでなく、更に冷房で乾燥してしまうのです。
その結果、角質はボロボロでお肌はくすみ、乾燥肌という悪循環が起こってしまいます。

秋以降のお肌のためにも夏バテ肌を予防して、健やかなお肌を維持しましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー