prBox_img
スキンケアをしているのに首や顔のポツポツが治らない…自分ではどうしたらいいかわからない、イボのセルフケア方法を伝授!
カサカサなお肌に悩む冬…プルプルの乾燥知らずのお肌になるために見逃せない高保湿クリームをチェック!

美容アイテムとして超優秀!肌にいい脂質「オメガ3」って知ってる?

omega3

「油」というと、あまり健康的なイメージがありませんよね。
肥満のもと、ドロドロの血液、内臓脂肪。そんな悪いイメージを恐れるあまり油を取ることを控えてしまう方も多いと思います。

でも油は私達が生きていくために必要な栄養が含まれている重要な食品の一つ。選び方と摂り方に注意すれば美容と健康の強い味方になってくれるんです。
 

肌に良い脂質と悪い脂質があるって本当?

油や脂肪のことを総称して油脂と言います。この油脂の成分「脂肪酸」には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあります。肉など動物性脂肪や乳製品に多く含まれているのが飽和脂肪酸です。この飽和脂肪酸は常温で固まっているものが多く、牛や豚といった動物よりも体温の低い人間の体内ではさらに固まりやすくなるという性質があります。血液をドロドロにするのは、この飽和脂肪酸に含まれる悪玉コレステロールのせいなのです。

不飽和脂肪酸はコーンやベニバナといった植物性の食品に含まれており、オメガ3とオメガ6に分かれます。飽和脂肪酸は人間の体内で合成することができる上、現代の食生活においては不足することのない成分であるのに対し、不飽和脂肪酸は食事から摂取しなくてはならないため、必須脂肪酸と呼ばれています。

美肌に効果的な脂質、「オメガ3」って何?

オメガ3とは別名α-リノレン酸という、人間が体内で造りだすことのできない必須脂肪酸です。亜麻仁油、インカインチオイル、イワシ、サバと言った青魚に多く含まれています。高い抗炎症作用があり、美容の面では肌代謝を促し、にきび肌荒れ、くすみに効果があるとされています。またオメガ3には肌内部のセラミドを生成する作用があるため、高い保湿効果を期待できます。

オメガ3の特徴3つ

①アトピーなどのアレルギー軽減

またオメガ3は近年増加しているといわれている花粉症、ぜんそく、アトピーと言ったアレルギーを抑制する効果があると注目されています。

マヨネーズ、サラダ油、コーン油といった食品に含まれているリノール酸はオメガ6と呼ばれ、必須脂肪酸のひとつですが、現代の食生活においては過剰に摂取されているといわれています。オメガ6はアレルギーや炎症、血栓を促進する作用があるため、アレルギーの原因と指摘されています。オメガ3はこのリノール酸の過剰摂取による影響を抑えることができます。

②細胞の修復

人間の体は60兆個の細胞で構成されており、オメガ3はオメガ6、オメガ9とともに、その一つ一つの細胞を包む細胞膜の原料となります。細胞膜は、ウイルスと細菌の侵入を防いだり、栄養を取りこみ老廃物を排出したりという身体の基本となる調節機能を果たします。細胞膜が適切な脂肪酸で構成されていないと細胞の機能は十分に発揮されません。

オメガ3は正しく代謝を行うことができるよう、傷んだ細胞を修復し細胞が栄養を吸収しやすくしたりする大切な役目を担っているのです。

③ホルモンバランスを整える

身体にとって良い事づくめのオメガ3ですが、なかでも女性にとって見逃せないのが、ホルモンバランスを整える効果。ホルモンバランスの乱れは、月経痛や生理不順、それに伴う不快感など女性特有の不調を招きます。生理の際の嫌な痛みは、プロスタグランジンという女性ホルモンの過剰分泌が原因とされています。

オメガ3は、プロスタグランジンの分泌を促進してしまう中性脂肪を抑制するため、生理痛をやわらげることができるのです。

自宅でも手軽のとれるオメガ3「亜麻仁油」

オメガ3をとる方法としてはアジ、サバ、イワシなどの青魚を食べることが挙げられます。けれども毎日青魚を食べるというのも結構大変なことではないでしょうか。
そんな方には亜麻仁油がおすすめ。亜麻仁油は亜麻と言う植物の種から絞られたオイルで、その成分のなんと6割以上がオメガ3という驚異的な含有量を誇ります。そのまま飲む美容液して、また肌に塗っても高い保湿効果が得られます。

飲む場合は一日大さじ1杯を目安に生のまま頂きます。一度に多く飲みすぎるとお腹が緩くなりますので気をつけてください。

非常に酸素と熱に弱い油のため、火を通すと成分が壊れてしまいます。また酸化しやすいので、小さい容器のものを購入し早く使い切るのがおすすめです。お肌に塗った場合も夜のお手入れに使い、昼間の日光に当たるのは避けましょう。

同じオメガでも「オメガ6」には注意?!

オメガ3とともにオメガ6もまた、人間が体内で合成することのできない必須脂肪酸です。オメガ6はダイズ油、紅花油、コーン油、ごま油などに豊富に含まれておりパンや揚げ物、外食が多くなった現在では不足するどころか摂りすぎが指摘されています。オメガ6はオメガ3とは反対に血液を固めたり炎症や血栓を促進する作用があるため、体内のホルモンバランスを乱し高血圧や免疫系に影響を及ぼす可能性があります。

不足しがちなオメガ3は積極的に摂る必要がありますが、オメガ6は摂りすぎに注意しなくてはいけません。

まとめ

脂肪は細胞膜を生成し、身体を機能させる重要なエネルギー源。油をやみくもに控えずに毎日の食事のなかでどのような種類の油をとっているのか気を配り、バランス良く取り入れていきたいですね。

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

1回で効果が出る美顔脱毛のHPを見てみる 1回で効果がわかる!キレイになれちゃう美顔脱毛とは ディオーネの脱毛サロンで人気の「美顔脱毛」。 “顔にジェルを塗って、脱毛の光を当てる”という、ごくごく
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー