prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

大注目!ボタニカル化粧品で肌に負担をかけず美肌へ

20150904-botanical

今、大注目のボタニカル。よく耳にするようになってきました。
ボタニカルとは植物という意味ですが、ブームになっているボタニカルには「積極的に植物を取り入れる」という広い意味合いが含まれています。
ボタニカル柄を取り入れたファッションを好んで着る女子は「ボタニカル女子」という呼び名まで付いて大人気に。
そんなトレンドのボタニカル、スキンケアでも取り上げられて話題になっています。

スポンサーリンク

ボタニカル化粧品ってどんなもの?

2015102102
植物由来の成分を中心にして作られた化粧品がボタニカル化粧品です。主にハーブから抽出されるエキスやオイルなどが配合されています。
従来の石油由来の化粧品に対して、ボタニカル化粧品は肌に負担をかけません。天然成分が中心なので、肌にとても優しいからです。

また、科学が発達した現代では忘れがちになってしまいますが、人間は自然と相性のいい生き物です。もともとは自然との相互関係の中で生きてきました。
植物という自然の恵みは、体内にも摂り入れやすく、影響力も大きいものと期待できます。
劇的な変化を及ぼすわけではありませんが、月の満ち欠けのように緩やかに女性の肌を変えていく働きがあります。
そんな、肌に優しいボタニカル化粧品がジワジワと女性の心をつかみ始めているんです。

従来のスキンケア、肌への負担は?

20151019 woman
普段何気なく使っているスキンケア商品、何が由来のものかは知っていますか。
気を付けて石油由来のものを選ばないようにしている人もいるかと思いますが、そうでなければ手に取るものはまず石油由来。
大量生産ができ、長期保存も可能で、なんといっても安価で作ることができる。企業にとってはメリットだらけです。
そのため、ほとんどのスキンケア商品は石油由来という現状なんです。

ですが、企業にとってはメリットだらけでも、私たちのお肌にとっては逆になってしまいます。
たとえばクレンジングを例に挙げてみましょう。石油由来のクレンジング剤は、汚れをスルスル落としてくれます。簡単に落ちてくれるので、肌に負担をかけていないと思ったら大間違いです。
強すぎる洗浄力が、肌を守っているバリアゾーンの大事な保湿成分まで除去してしまいます。それが、乾燥肌や肌荒れの引き金になることも。
また、バリア機能が低下した肌には紫外線も入りやすく、シミの原因に。石油系の原料は肌から取れにくく、よく落としたつもりでも残存している場合が多いので、それも肌への大きな負担になってしまいます。

石油由来でパラペンやフェノキシエタノールなど肌への負担が大きく、気にしておきたい成分はいろいろあります。
中でも気になるのは、メイク用品によく使われている石油系合成色素。合成のタール色素のことですが、キレイな発色とはうらはらに、発がん性物質との指摘も多い成分。口紅などは特に体内に入らないよう気を付けたいところです。

注目したいボタニカルの美容成分

20151021hana
そんな従来のスキンケア商品に嫌気がさしたり、肌をもっと優しくいたわってあげたいと思う女性が、少しずつボタニカル化粧品に乗り換え始めています。
では、そんなボタニカル化粧品にはどんな美容成分が使われているのでしょうか。肌への効能は?注目しておきたい美容成分をチェックしておきましょう。

アルガンオイル

美容マニアの間でも大人気のアルガンオイル。アルガンツリーの実の種子から抽出される、とても希少なオイルです。
美容オイルはいろいろありますが、アルガンオイルの大きな特徴はビタミンEの含有量。オリーブオイルと比べると、2~3倍ものビタミンEが含まれています。
美容に興味がある人ならご存知かと思いますが、ビタミンEは抗酸化作用として代表的な美容成分です。アンチエイジングの最終兵器。
肌のハリがなくなった、小じわやシミが気になる、乾燥で化粧ノリが悪いなど、年齢とともに衰えていく肌は、酸化が大きな原因です。アルガンオイルには、こういった肌の酸化に対抗する働きがあります。

スポンサーリンク

ローズヒップ

ローズヒップは「ビタミンCの爆弾」といわれる程、ビタミンCが豊富に含まれています。ドッグローズの実から採取するローズヒップには、さまざまなビタミン類が含まれ、なんとレモンの10~20倍のビタミンCが含まれています。
通常のビタミンCの場合は熱に弱く、加熱処理してしまうと成分が壊れてしまうわけですが、ローズヒップには酵素やビタミンPも含まれているため加熱処理しても壊れにくくなっています。ですから紅茶のローズヒップティーも人気が高いわけですね。さらに、体内で吸収されやすいという特徴ももっている「強いビタミンC」なんです。
ビタミンCといえば、美白を思い浮かべる人がほとんどかと思いますが、ビタミンCほど優れた美容成分はありません。
美白効果だけでなく、皮脂のコントロール、コラーゲンの生成促進、アルガンオイルと同じく抗酸化作用まであります。まさに美容効果のオンパレード。
ローズヒップにはそのビタミンCが非常に多く、吸収されやすい状態で詰まっているということです。

オススメ!ボタニカル化粧品

さて、ボタニカルスキンケアシリーズもいろいろ発売されているわけですが、まず試してみるならこれがお勧めです。

ボタニカルフォース

botanikarufo-su
セブン&アイグループとファンケルが共同開発して発売されたボタニカルスキンケアシリーズです。
もちろん無添加、肌に優しいだけでなく注目のアルガンオイルとローズヒップがしっかりと配合されています。
このシリーズの美容クレンジングオイルは特に評価が高く、肌に優しいのにウォータープルーフのマスカラまでしっかり落ちると評判に。品切れでなかなか手に入りにくい状態です。
セブンイレブンという、近くのコンビニでも手軽に買えるという便利さもあります。
7日間使えるトラベルセットも発売されていますので、まずはこちらで試してみるといいかもしれません。

おわりに

20151019 oil
毎日のスキンケアで、肌をいたわっているつもりが逆に痛めつけていた…。そんな結果にならないように、もう一度自分のスキンケアを見直してみませんか。
ボタニカルスキンケアなら、肌に負担をかけることなく美肌へと導てくれます。
トレンドのボタニカルをスキンケアにも取り入れて、ハッピーライフを手に入れましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー