prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

粉吹きしらず!冬が怖くなくなる!リピート必須の保湿化粧水

なぜ冬になると肌は乾燥してしまうのか

角質層が水分を保って、皮脂の膜がそれにフタをして体温や水分をキープし、潤いを保っているのが健康なお肌の状態です。
しかし冬場は、寒さと乾燥で角質の水分が失われるため、肌の持つバリア機能が低下してしまうのです。

そこへ寒さによる運動不足や血行不良、冷えなどが重なり、どんどん肌の元気を弱めてしまいます。
元気をなくした肌は刺激に弱く、カサカサや割れてしまった皮膚を充分に治す力もありません。そのため冬の乾燥肌は長引くことが多いのです。

このように肌トラブルになりやすい季節は、きちんと保湿したりケアをして、肌に刺激を与えないように守ってあげる必要があります。
保湿力を失ったお肌には、なるべく美容液やクリームよりも、水分の多い化粧水を使って素早く効果的にお肌へ美容成分を浸透させるのがコツ。
そこで今回は、乾燥肌に効果の高い化粧水をご紹介します。毎日のケアにぜひ使ってみてください。

乾燥に効果のある成分の紹介

保湿化粧水の種類はたくさんありすぎて、どれを選んだらよいのか迷ってしまいますね。

まずは乾燥に効果のある美容成分をご紹介します。
よく耳にする成分ばかりですが、よく知ることで、自分の肌に必要な成分が入っているのかをチェックして商品を選べるようになります。

セラミド

セラミドは角層層の中で水と結合し、水分を蓄えたり、細胞と細胞をつないだり、重要な働きをしています。
肌の水分を守り蓄えることで、お肌のバリア機能も高めてくれます。
セラミドを増やせば、確実に肌の水分を増加させることができるパワフルな成分です。

もともとお肌にある成分ですが、年齢とともに減少していくことがわかっています。
体内で新しく作り出すことはできないので、セラミド配合の化粧水で補っていくしかないのです。

レシチン

セラミドを配合している化粧品は比較的高価なものが多いのですが、このセラミドに似た働きをするのがレシチン。
水分を抱えこんで蓄えてくれます。大豆からとれる成分なので安心です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はアミノ酸の一種で、炭素・酸素・水素などでできています。
体内のいろいろなところに存在し、保水力が高く、肌のうるおいと張りを保つのに効果のある成分です。

コラーゲン

コラーゲンはわたしたちの身体を形成する大切なタンパク質で、お肌の原料となっています。
細胞が活性化され、新陳代謝を促進したり、免疫力アップが期待できます。
鶏や豚などに多く含まれています。

ホホバ油

人の皮脂成分のワックスエステルを多く含んでいるため、人間の皮膚にとても近い成分です。
肌の水分の蒸発を防いで油分も補うことができます。
抗炎症作用や殺菌力もありながら、敏感肌にも低刺激なので敏感肌の方でも安心して使えます。

スクワラン

スクワランは、深海サメの肝臓の油を精製したオイル。
人間の皮脂にも含まれる成分で、皮脂膜を健全に保つ役割があります。
細胞の老化を食い止め、みずみずしい肌を保つのに効果的です。

人気の保湿化粧水をご紹介

店頭やネット上での口コミなどで人気が高い商品は、さすがどのアイテムも乾燥肌に優しいものばかり。
添加物は使わないにもかかわらず、高い保湿力を実現したメーカーが肩を並べます。
今回はとくに人気の高い4点をご紹介!

①アヤナス

ay_3103
ポーラ、オルビスグループの、乾燥肌・敏感肌専用ブランドの化粧水。
乾燥肌・敏感肌に特化しているため、肌を刺激するような成分は一切使用せず、香料にも天然植物成分しか使用していません。

ヒト型セラミドを配合し、お肌の潤いを補給するのはもちろん、ポーラオリジナル成分のCVアルギネートなどでコラーゲン生成をサポート。
お肌のバリア機能を強化し、上質なハリや弾力を取り戻すことを目指す化粧水です。

②メディプラスゲル

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCなどを惜しみなく配合しているにもかかわらず、手にとりやすい価格なのが人気のヒミツ。
無香料、無着色、防腐剤不使用、オールインワンの1本でお手入れ完結です。

③ライスフォース

肌の水分保持力を改善する効果が認められた、お米由来の美容成分ライスパワーエキスを配合。
うるおいを補うのではなく、自分の持つ水分保持能力を目覚めさせる化粧水です。
白米には、日本人の健康を守る底力があるのかもしれません。

④肌ラボ

肌ラボシリーズの原点は、ヒアルロン酸へのこだわり。
分子量の違う3種類のヒアルロン酸を組み合わせ、高い保湿力を実現しています。
ヒアルロン酸へはこだわり抜き、不必要なものはできるだけそぎ落としているため、配合成分もパッケージもいたってシンプルです。

さいごに

健康な肌でも季節や年齢によって皮脂の分泌量は変化し、一定ではありません。
冬以外の季節でも保湿力の高い化粧水を使うことで、常に十分な水分量を保ち、肌トラブルを遠ざけることができます。
お気に入りの化粧水を見つけて、いざ乾燥シーズンがやってきても潤いを保持できる、強い肌チカラを手に入れましょう!

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

スポンサーリンク

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー