prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

苦痛だった生理が劇的に楽になった!月経カップの正しい使い方

生理はいろいろと面倒。
痛みだけでなく、経血の量の多さや臭い、頻繁に取り換えなくてはいけない煩わしさなど、お困りのことたくさんありますよね。

その助けになる「月経カップ」ご存知ですか?

スポンサーリンク

月経カップとは?

聞きなれない方も多いと思いますが、月経カップとは、ナプキン、タンポンに代わる第三の生理用品。
日本ではまだなじみが薄く、生理用品としては認められていませんが、海外ではとてもポピュラーで、20年ほど前から広く使用されています。

1930年代にアメリカで原型となるものが商品化されているので、比較的歴史のあるものなのです。

シリコンでできているカップ状のもので、膣内に挿入することで経血を受け止めます。
日本は生理用品の基準として、「経血を吸収処理すること」「使用面は白」と定められているので、形状と処理方法が違うため国内では生理用品と認められていませんが、安全面や使用法に問題があるわけではありません。
安心して使えます。

月経カップの使い方の流れ

カップをどう使うのか?まずは気になる使い方を説明しましょう。

使用前の準備

①カップには、大体どのメーカーでも尻尾のような細長い部分(ステム)がついています。メーカーによりステムが長いものもあり、そのままで挿入すると膣壁に当たって痛い場合があるので、あらかじめ少し短く切っておくといいでしょう。切りすぎると取り出す際につまめなくなってしまいますので注意です。少しずつ切って長さを調節してみてください。

②使う前に手とカップをきちんと消毒しておきます。カップは熱湯消毒もできます。

③カップを膣に入れやすいように折り畳みます。折り畳み方はいろいろなやり方がありますので、取扱い説明書などを読んで、膣に入れやすい畳み方を探してみましょう。

④爪が長すぎると膣内を傷つける恐れがあるので、少し短くしておいた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク

月経カップの装着方

基本的には水道があるトイレやお風呂場など、経血を流せる場所で行います。

①折り畳んだカップを手にしっかり持ちます。持ち方がゆるいと、膣に入れている最中に形が戻って、ついた血が飛び散ってしまうこともありますので、いきなりカップが開かないようしっかりと押さえるように持っていてください。

②力を抜いて中腰になり、カップを膣入口に当てて挿入していきます。

③膣内の比較的手前付近に装着します。人差し指の第一関節まで膣に入れた時、カップの尻尾(ステム)に触れるくらいのところが正しい位置になります。タンポンは子宮口の近くまで入れますが、カップはもっと手前入口付近に着けます。

④膣内でパコンとカップが開いて、真空状態で膣に吸い付き、経血を受け止める準備が完了です。

⑤膣を締め、カップを奥へ吸い込むようなイメージで定位置に着けます。つま先立ちや背伸び、屈伸などをして、カップを正しい位置に持ってきましょう。

取り出し方

①膣内に空気を送り込むような感じでいきみます(大便を出す要領で)

②いきむことでカップが下の方へと降りていきますので、指でステムをつまみ徐々に下へ降ろしていきます。

③ステムが膣の外に出てきたら、カップの底の部分をつまんで、本体を指でへこませながら取り出していきます。へこませることで取り出しやすくなります。ステムだけ引っ張っても取り出せないので注意してください。

④経血をトイレやお風呂場などで流し、トイレットペーパーやウエットティッシュで拭き再装着します。膣内は殺菌力があるので紙で拭くだけでも大丈夫ですが、水で洗ってあげたりすればよりきれいな状態で使えます。水道が周りにない場合も多いので、普段からペットボトルの水を持ち歩くようにしておくといいです。

お手入れ方

夜お風呂に入ったときなどに、薬用石鹸などできれいに洗って消毒します。熱湯消毒もOKです。使い続けて着色が気になる場合は、薄めたキッチン用漂白剤につけておきます。生理が終わってからは備え付けの袋やジップ付きの袋に入れて保管しておきます。

月経カップのメリット

長時間の使用が可能

月経カップはメーカーや大きさにもよりますが、大きいもので最大12時間は経血を溜めることができます。そのため、一度装着すると何度も取り換える必要がなく、外出先で心配しなくてもすみます。立ち仕事や外出が多い仕事、旅行先など、なかなかナプキンなどの交換ができない場合にはとても便利です。夜も取り換える心配がなくぐっすり眠れます。

漏れがない

真空状態で膣に貼りつくように装着されるので漏れが防げます。かなり激しく動いても漏れないので、スポーツをする際にもとても便利です。実際、海外のスポーツ選手などは良く利用しているそうです。寝ている間も漏れを気にせず自由に寝返りをうてます。また、お風呂やプールでも経血を心配せずに入れるので安心ですね。

コスパが高い

経血カップのお値段は大体4千円前後です。少しお高いと思われるかもしれませんが、一度買えば長くて10年近く使えるので、長い目で見るととっても経済的です。アフリカの貧しい地域などでは、生理用品が高くて買えない女性のために月経カップを援助する活動が行われており、一個で長く使える月経カップは非常に役立っています。

ゴミが出ない

溜めた経血を捨てるだけなので、ナプキンやタンポンのようにゴミが出ず、環境に優しいです。

不快感がない

生理中の血が流れ出てくる感触や、下腹部が汚れるのが嫌だという人も多い中、経血カップならばその不快感を感じることもありません。また、空気に触れないので生理中の臭いが全く気になりません。ナプキンなどでのムレによる外陰部のかぶれもありません。

安全性が高い

比較的浅い位置への挿入なので、奥まで入れるタンポンより取り出しやすく安全です。シリコン製なので、タンポンのように繊維が膣内に残ることもありません。また、タンポン使用の際に起きる毒素性ショック症候群(TSS)を引き起こしにくいとも言われています。

月経カップのデメリット

慣れるまでが大変

月経カップのデメリットは、何と言っても着脱の大変さだと思います。慣れれば楽なのですが、それまでは設置しづらく取り外しづらく、着脱だけで疲労感を感じてしまう人が多いようです。普段入れないものがずっと入っている異物感や、痛みを感じてしまうことも。正常な位置に設置されていれば膣内を傷つけることはないので、慣れるまでは我慢のしどころ。

漏れがある?

漏れがないとはいえ、やはり正常な位置に設置されていないと経血が漏れてしまうことがあります。また、長時間取り換えなくていいことに慣れてしまって、気が付くとカップに収まりきれない経血が流れ出てしまうことも。漏れを気にしなくていいのがメリットとはいえ、定期的にチェックはしておいた方が安心です。量の多い人は、溜まる時間が把握できるまでナプキンなどを併用しておくといいかもしれません。

お手入れが面倒

月経カップは基本紙で拭くだけでまた装着できますが、取り出す際や再装着の際に、経血で汚れた指先やカップを拭くのは、やはりなかなか面倒です。きれいに洗わないと再装着したくないという人もいるでしょう。しかし外出先では清潔な水がなかったり、落ち着いて取り外しできない状況というのも多々あります。

また、一日一回はきれいに洗ってあげた方がいいので、災害時など水が確保できない状況での使用は特に難しいかと思われます。

購入が面倒

月経カップは外国のメーカーなので、基本通販での購入になります。日本ではまだ生理用品と認められていないので、薬局などで購入することができません。そのため、切らしたからといって、ナプキンのようにすぐにお店に駆け込んで買えるわけではない点に注意です。購入の際には必ず予備の分を考慮して、最低でも2つは揃えておいた方がいいでしょう。外出先に水道がなくて、使ったカップをきれいにできない場合などにも、予備があると安心です。

たくさんある月経カップ

月経カップは外国のメーカーで、様々な種類のものが販売されています。中には値段が安いものもありますが、質の良くない粗悪品やコピー商品などもあるので、安いからといって飛びつくのは危険です。

ここでは代表的なものを3つほど挙げておきます。どのメーカーにも大小二つのサイズがあり、大まかには、大きい方は経産婦用、小さい方は未経産婦用と区分してあります。

ディーバカップ(カナダ製)

ステムが少し短め(約1cm)。固さは他のメーカーに比べると若干固めなので、カップが膣内にしっかり調節されて漏れにくいです。しかし固めなので、取り出す際のカップを潰す作業に慣れないと取り出しにくく、最初は苦労してしまうかもしれません。きちんと箱に梱包されており、説明書とカップを保管する袋がついています。サイズは他のメーカーより少し大き目ですので、体の小さい日本人女性には大きいと感じるかもしれません。

ムーンカップ(イギリス製)

ステムが長いので、膣内に当たって痛みを感じる人がいるようです。その場合は少しずつ切って長さを調整するといいでしょう。カップに目盛りがついているので、経血量が自分の目で確認できます。日本人女性に使いやすいサイズです。弾力性がありますが柔らかいので潰しやすいです。ですが柔らかい分、膣内でへこんでしまうと漏れてしまいます。柔らかいので比較的取り出しやすいです。説明書はついていますが、日本語の説明はありません。日本人女性が使いやすいサイズです。

フルールカップ(フランス製)

値段が他のものより安いですが、袋はついてなく、説明書も簡単なものなので、ネットなどの説明(英語など)を自分で読んで理解しなくてはなりません。柔らかさ、フィット感がほどよく、漏れも少ないので、日本人女性の体形にあっていると感じる人が多いようです。

まとめ

いかがでしたか?聞きなれない月経カップでしたが、生理の煩わしさを助けてくれるのに大いに役立ちそうですね。既に使っている人達からは、最初は怖かったけど、使ってみたら手放せない!という声も多く聞かれ、これからますます日本国内でも広がっていきそうです。快適な生理ライフを送るための選択肢として考えてみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

質の良い睡眠は心やカラダを休めるための大切な時間なのはご存知かと思います。 いつまでも美しく女性らしさを保つためにも睡眠はなくてはならないものです。 眠れない時が続いてしまう時こそ、質の高い睡眠で心身の疲れをとることが大
楽をして、透明感のある素肌を手に入れられたら最高ではありませんか? もしかしたらその願い、美白パックで叶っちゃうかもしれません。 美白パックは顔に乗せるだけで、肌によい成分が浸透し、うるおいを与えてくれます。 商品によっ
つい最近まではなかったはずのニキビ、肌のカサつき、ベタつき。 いつもと違う肌を見て「どうして!?」と慌てるよりも「あぁ、やっぱり」となぜか納得…。 誰に言われたわけでもないのに心当たりを覚えてしまうのは、自分の体だからで
ブラシで髪をとかしていると、突然チクッと刺すような痛み。 気になるところを見てみたら、頭皮にポツンと赤いニキビができていたことはありませんか。 「できやすい体質だから」「勝手に治るから」…。 その考え方は赤信号。 原因を

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー