prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

キレイな手は美人の第一歩!ハンドケアで女優のような手になる方法!

20151021-handcare

お肌のお手入れというと、真っ先にイメージするのはやはり顔ですよね。
顔のスキンケアは丁寧にするけれど、手に関してはたまにハンドクリームを塗る程度、という方は多いのではないでしょうか。

しかしながら手は意外と他人から見られているパーツです。
メイクも服装も完璧なのに手がガサガサだったら残念だと思いませんか。

そうはいっても手のお手入れって何をすればいいの?という方のために、ハンドケアについてまとめてみました。

スポンサーリンク

手が荒れやすいのはなぜ?

20151030hand

乾燥が原因のもの

手は皮膚が薄く、皮脂腺が少ないため乾燥しやすいという特徴があります。
物や水に触れるだけでも手の皮脂はどんどん奪われていきます。

紙に触れる作業を続けて手がカサカサになってしまった経験のある方もいると思います。
毎日の水仕事でも洗うたびに手の皮脂は少しずつ洗い流されてしまいます。

スポンサーリンク

合成洗剤の使用

洗浄力の高い合成洗剤は食器洗いによく用いられています。
化学原料を元に作られるこの洗剤は、必要な皮脂まで洗い流してしまう手にとって負担の大きいものです。

皮脂は皮膚のバリアとなってお肌を守っているものですが、合成洗剤を使用するとこのバリアが壊れてしまい肌荒れの原因となります。

特定の成分に対するアレルギー

手荒れの中には、特定の薬剤を使用することによるアレルギー反応で起こる場合も。
このようなケースは、自分で判断せず病院で正しい処置を受ける必要があります。

日常生活でできる手荒れ対策

27d74954f00276f4eb6032dc6f68ac37_s

界面活性剤を避ける

洗いものをするとき、洗髪の際は界面活性剤入りの製品を使わないようにしましょう。
界面活性剤は泡立ちや洗浄力を良くするために洗剤や洗顔料などの様々な製品に含まれています。

しかしながら肌にとって刺激が強すぎるためできるだけ避けたい成分です。

熱すぎるお湯、冷水はNG

洗いものの際はぬるま湯で洗いましょう。
温度の高すぎるお湯は手に必要な皮脂を奪い乾燥が進んでしまいます。

冷水もまた、冷えと血行不良の原因となり良くありません。

手荒れを防ぐ手の洗い方

1.洗いすぎない
美しい手を保つには、洗いすぎない事がとても大切です。
手を洗えば洗うほど必要な皮脂がどんどん流されていきます。

乾燥した角質には雑菌が侵入しやすくなり、手荒れを悪化させてしまうといわれています。
外出から戻った時、トイレの後などの本当に必要な時だけ洗うようにしましょう。

そして手が荒れているときにはハンドソープの使用は避けた方が賢明です。

2.水滴は残さず拭く
濡れた手はすぐにタオルで拭くようにします。
手に水滴が残っていると蒸発するとき同時に手の水分も奪ってしまい、乾燥の原因となります。

手荒れ対策にはハンドクリーム

20151030handcream
手荒れのケアには必須アイテムのハンドクリームですが、様々なものが市販されていて何を使ったらいいのか迷ってしまいますね。

一見同じように見えるハンドクリームも成分によって効果が変わってくるので、自分の手荒れのタイプに合ったハンドクリームを選びましょう。

あなたの手荒れはどのタイプ?症状別ハンドクリームの選び方

指先が象のようにゴワゴワの方

そんな方には角質を柔らかくする成分、「尿素」入りのハンドクリームがおすすめです。
「尿素」には角質溶解作用があり、不要な角質の固い部分を取り除き肌のターンオーバーを促します。

しかしながらもともと皮膚の薄い敏感肌の方、かゆみが気になる方には刺激が強すぎるため向きません。
そのうえ長期的に使用するとかえって皮膚が薄くなって乾燥を招いてしまうのも欠点といえます。

ひび、あかぎれが気になる方

ビタミンE配合のクリームが良いでしょう。ビタミンEには血行を良くする働きがあり、指先に栄養を行き渡らせます。
また、ひび割れた指先には油分がほとんどなく無防備な状態です。

油分を補い皮膚を保護してくれるワセリンも効果的です。

とにかく乾燥する・粉が吹いた状態の方

保湿成分ヒアルロン酸やセラミドの含まれるクリームを選びましょう。
ヒアルロン酸には肌の乾燥を防ぎ、水分を保持する効果があります。
セラミドは角質層の中にある脂質成分です。高い保湿効果で外部の刺激から皮膚を守ります。

さらにキレイな手になるためのハンドケアの4つのコツ

20151022globe

1.ハンドクリームを塗る前に保湿をしっかりする

顔のお手入れでは化粧水の後に乳液やクリームをつけますよね。
ハンドケアでも同様に、あらかじめ化粧水で肌を整えてからクリームを塗ることでしっとりすべすべな手に。

2.とにかく「温める」

手を温める

冷えたままの手にクリームを塗っても有効成分が行き渡りません。
まず最初に手を軽くマッサージして温めておきましょう。

ハンドクリームも温める

冷えたクリームはそのままだと肌に馴染みにくいですよね。
手のひらでよく温めてから手全体になじませましょう。

ハンドクリームをレンジで温める裏技も

ハンドクリーム1、お湯2の割合で溶かすか、水で溶き電子レンジで温めると即席パックのできあがり。
指先の嫌なささくれの症状を和らげてくれます。

3.手袋で完全ガード

水仕事の際には必ずゴム手袋、外出時には紫外線対策用、就寝時には保湿パック用と3つの手袋を使うことで外部の刺激から手を守ると同時に、冷え対策にも有効です。

4.日焼けを避ける

手の皮膚は目の周りと同じくらい薄いので紫外線のダメージを受けやすいといわれています。
外出時には年間を通して日焼け止めやUVカット効果のある手袋を使用しましょう。

まとめ

20151030woman7
手は顔と違ってメイクでカバーできない分、日頃のお手入れが重要なところです。
とはいえ高価な化粧品などは必要ありません。
手を洗う時やハンドクリームを使う際に少し気を配ることで、手は見違えるように美しくなります。

ハンドケアを習慣にして魅力的な手を目指したいですね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー