prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

TVでも話題!美肌にいい「表皮ブドウ球菌」を増やす方法

最近テレビでも取り上げられている「表皮ブドウ球菌」をご存じですか?

実は、私達の美肌作りに欠かせないものだったんです。

表皮ブドウ球菌の化粧品

スポンサーリンク

皮膚に棲む常在菌

20160128-budou001

私達の表皮には、10種類以上の菌が棲みついており、それは、「常在菌」と呼ばれています。
空気を好み皮膚表面に多く存在します。

常在菌には肌をきれいにして、コンディションを保ってくれる「美肌菌」や、肌トラブルを引き起こす「悪玉菌」があります。

表皮ブドウ球菌とは?

「表皮ブドウ球菌」は、その美肌菌の代表格です。
汗や皮脂を食べ、グリセリンを生み出します。

グリセリンは弱酸性で、皮脂に含まれる脂肪酸と一緒に皮膚を弱酸性に保ち、しっとりとしたツヤのある肌に導いてくれます。

弱酸性の皮膚は、外からの病原菌が侵入したり増殖するのを防いでくれる、非常に優秀なバリア機能を持ち、肌や体を守ってくれます。

表皮ブドウ球菌がなければ、私達の体は様々な病気に冒されてしまうでしょう。

それほど大切な菌なのです。

悪玉菌とは?

20160128-budou002

では、悪玉菌とはどういうものなのでしょうか。

代表的なものとしては、ニキビの原因となる「アクネ菌」、皮膚を化膿させてしまう「黄色ブドウ球菌」などがあります。

黄色ブドウ球菌

表皮ブドウ球菌とよく似た名前ですが、こちらは悪玉菌。皮膚の切り傷や引っ掻き傷をそのままにしておくと、化膿し黄色く変色してしまいます。

これは黄色ブドウ球菌の仕業です。

皮膚から染み出た体液を餌にして増殖するので、放置しておくと膿を持ったり炎症を起こしたり、内部組織まで浸透してしまいます。
アトピー性皮膚炎でも検出され、かゆみを引き起こす原因ともされています。

また、食品内に進入し増殖し続けると、エントロトキシンという毒素ができてしまい、嘔吐や下痢を伴う食中毒を引き起こします。
加熱や煮沸しても死滅しませんし、変色もしないので、見た目にも分からずとてもやっかいです。

美肌菌と悪玉菌の関係

20160128-budou003

黄色ブドウ球菌など、悪玉菌はただ棲んでいるだけでは悪さはしません。
しかし、増えすぎてしまうことで皮膚のパワーバランスが悪玉菌寄りに大きく傾き、肌や体にトラブルを引き起こしてしまいます。

そして、繁殖能力が高いため、ちょっとしたことでもすぐに増えてしまいます。

悪玉菌を増殖させないためには、美肌菌を皮膚に常駐させて、悪玉菌を見張らせておくことです。
表皮ブドウ球菌などの美肌菌の割合が多ければ、悪玉菌は悪さができません。

悪玉菌を死滅させるのではなく、美肌菌を増やし、悪玉菌を減らすという、菌のバランスを保つことが大事です。

表皮ブドウ球菌を増やすには?

20160128-budou004

ではどうすれば表皮ブドウ球菌を増やすことができるでしょうか?
それは、菌が好むものを与えてあげて、表皮ブドウ球菌が棲みやすい環境を作ってあげることです。

ここでは、表皮ブドウ球菌を育てるために、気をつけることを挙げていきましょう。

汗をかく

表皮ブドウ球菌は汗や皮脂を食べて増殖しますので、運動や入浴で汗をたっぷりとかいてあげます。
汗をかくことで新陳代謝も活発になり、肌のターンオーバーも促されます。

ただし、表皮ブドウ球菌は冷えが嫌いですので、汗をかいた後体を冷やさないよう気をつけてください。

睡眠をしっかりとる

いい睡眠をとることで、皮脂の分泌が活発になります。

睡眠不足はお肌の大敵と言うように、肌や腸にも悪い影響が出ますので、きちんと睡眠をとってあげましょう。

ストレスを溜めない

表皮ブドウ球菌はストレスで減少してしまいますので、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

また、表皮は内臓とも深く関わっています。
表皮ブドウ球菌が減少すると、内臓もストレスを受けやすくなってしまいますので、悪循環にならないよう、皮膚のコンディションを整えておくことはとても大切です。

体を冷やさない

表皮ブドウ球菌は冷えが嫌いです。自分では熱を生み出せないので、常温以外では元気がなくなり活動が鈍ってしまいます。

体を温めて、活動を活発にしてあげましょう。

脂質、糖質を取りすぎない

脂質、糖質を取りすぎると表皮ブドウ球菌が減少してしまいます。
野菜や魚などを中心とした食事に変えていくなど、食生活を見直しましょう。

また、野菜や果物を積極的に取ることで体も温まり、表皮ブドウ球菌が増えていきます。

紫外線を浴びない

紫外線を浴びすぎて乾燥した肌は、アルカリ性に傾いてしまい、表皮ブドウ球菌が棲みにくくなってしまいます。

美肌菌は乾燥にとても弱いので、充分に気をつけてあげましょう。

消毒液や抗菌グッズは控える

消毒液など滅菌、抗菌作用のあるものは、確かに悪玉菌を殺してくれますが、同時に美肌菌までをも死滅させてしまいます。

菌のない肌は免疫力が弱くなり、肌にトラブルを引き起こしてしまいます。

厚化粧は控える

皮膚呼吸ができないような厚化粧は、表皮ブドウ球菌を棲みづらくしてしまいます。
また、パラペンなどの強い防腐剤や、アルコールなどの殺菌剤、保存料入りの化粧品によって滅菌されてしまうので注意が必要です。

洗いすぎない

何度も洗顔したり、強くこすったりすると、表皮ブドウ球菌は洗い流されてしまいます。

ゴシゴシ洗いで皮膚が傷つくことによっても、表皮ブドウ球菌は減ってしまいます。

クレンジングなどのスキンケアも、菌を落としすぎてしまいますし、商品に含まれている保存料、防腐剤などによって、表皮ブドウ球菌を減らしてしまうことにもなりかねません。

減らさないためには、朝はぬるま湯のみの洗顔にしたり、洗浄力の高いクレンジングは使わないというケアが有効です。

スキンケアアドバイザー
本来、美肌菌は過剰なケアを嫌い、自分で肌のコンディションを整える機能を持っています。

そのため、清潔に保つ必要最低限のケアだけに留め、美肌菌が自らの役割を果たせる環境を作ってあげることが大切です。

表皮ブドウ球菌に着目した化粧品

とは言っても、お化粧もしたいし、洗顔料やスキンケアを使わないのは嫌だという方は多いでしょう。

そういった場合は、表皮ブドウ球菌を増やす化粧品を使ってみるのも一つの方法です。

整菌スキンケア お試し¥1,080(税込)
20160128-seichou01

皮膚常在細菌活性因子を配合した化粧品で、菌バランスを整え、美肌菌の働きを活かしてくれます。
アトピーや重度の肌荒れにもおすすめ。
ボディソープはそれ一つで髪や顔も洗えます。

赤ちゃんにも安心して使える肌に優しい商品です。

まずはお試しセット1080円!

ビオサプ お試し¥500(税込)
201512171853247415

ビオサプは、美肌菌を増やすことに着目した化粧品です。
朝用洗顔から美容液、シートマスクまで、ラインナップも充実しています。美肌菌を増やす成分の他に、潤いを守る乳酸菌なども配合してあります。

無添加で安心して使える化粧品です。

【¥500】美肌菌を増やすマスク

プロメディアル お試し¥1,296(税込)
20160128-puromedhial

ロート製薬から出ている商品。

美肌菌が好きなグルコオリゴ糖を配合し、美肌菌をしっかりと増やしてくれる化粧品。
乾燥性敏感肌のために開発されたので、肌にとても優しい商品です。

肌の菌バランスに着目したシリーズは種類も豊富で、初めての方にはスターターキットもあります。

NHKで紹介されて人気に火がついた!

このように、美肌作りに欠かせない表皮ブドウ球菌ですが、お料理も美味しくしてくれることを知っていましたか?

表皮ブドウ球菌は手にも棲んでおり、食品に付着して体内に入ると旨み成分に変化し、お料理の味に深みを出してくれるんです。
家庭で作るおにぎりが美味しいのは、表皮ブドウ球菌のおかげでもあるんです。

これからどんどんと紹介されていくであろう表皮ブドウ球菌。新たな嬉しい発見もあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー