prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

重要!!ニキビ肌の人こそ紫外線を徹底ブロックしよう

暖かい季節は、外出時には皆さん日焼け止めを塗って紫外線からお肌を防御していると思います。
シミやシワといったアンチエイジング対策として日焼けを避けているものと思いますが、実はニキビ肌の人こそ紫外線を避けなければならないってご存知でしたか?

紫外線の種類

◆UV-A(紫外線A波)
お肌の奥深く(真皮)にまで到達し、真皮にある美肌成分であるコラーゲンを破壊してしまいます。
結果、シワが増えたり、たるみが出来たりするので、UV-Aはお肌を老けさせる種類の紫外線と言えます。
UV-Aは雲やガラスも通過するので、車や建物の中でも注意が必要です。

◆UV-B(紫外線B波)
お肌に炎症を起こすので、ニキビやニキビ痕がある方は一番注意すべき種類の紫外線です。
体への害はUV-Aの約600倍とも言われています。

◆UV-C(紫外線C波)
UV-Cは、UV-Bより有害な紫外線と言われ、本来はオゾン層によって吸収されますので私たちの暮らす地上に届くことはないのですが、近年のオゾン層破壊によって遂に地上まで届くかも知れない危険性が危惧されています。

重要!ニキビの大敵、UV-Bの怖さ

UV-Bは、ニキビに悪影響を及ぼすことを上述しましたが、では具体的にどんな影響をもたらすのでしょう。

①ニキビの炎症を悪化させ、ニキビ跡をできやすくする
ニキビによって炎症を起こしている場合、UV-Bの効果により炎症が悪化することがあります。
そうなると、当然ニキビは赤みを増し、治りにくくなってしまいます。
もし治ったとしても、色素沈着(ニキビ痕)になりやすくなってしまいます。

②角質が厚くなり、ニキビができやすくなる
紫外線を浴びると、お肌は攻撃を受けているのを察知し、身を守る為に角質を厚くします。角質が厚くなると、毛穴が詰まりやすくなってニキビができやすいお肌になります。
また、UV-Bはお肌の表面の細胞を破壊するので、お肌の生まれ変わるペースをも乱します。するとお肌がうまく再生できず、ニキビやニキビ痕が治りにくくなります。

③活性酸素発生&過酸化脂質ができる
紫外線を浴びると皮膚の中で活性酸素が発生します。ここで発生した活性酸素は脂質と合体しやすい性質です。
皮脂が活性酸素と合体すると、皮脂はどんどん酸化し、過酸化脂質(酸化され古くなった皮脂)になります。
この過酸化脂質は、炎症を起こさせたり、お肌が生まれ変わるのを阻止してしまうのです。
しかも、肌細胞が壊されてしまうので、その部分にできたニキビは跡が残りやすいです。

UVを徹底ブロック!

UVを避けるには、大定番ですがやはりUVケア商品を使うのが一番。
特にニキビの炎症を抑えたい場合は「SPF」の数字を見ましょう。
SPFとはUV-Bをブロックする効果を数字で表したもの。
つい、このSPFが高いものを選びたくなりますが、ニキビ肌の方はSPF値が高いものを使うと、却ってニキビが悪化してしまう場合があるので要注意です。メーカーにもよりますが、SPF値が高いほどお肌への負担が大きい成分や油分を使用しているケースが多いのです。
ニキビに負担をかけず、UVから守るものは以下の条件を兼ね備えている商品がお勧めです。
・紫外線吸収剤を含まない(ノンケミカル処方)
・PA++くらい(PAはUV-Aをカットする成分です)
・SPF15~25くらい
・アルコールフリー
メーカーによって、PFAやPAの数値が高くても肌に負担にならないものもありますので、是非チェックしてみましょう。

紫外線がいかにニキビに悪影響か、お分かり頂けたことと思います。
ニキビにお困りの皆さんは、是非紫外線対策も忘れずにしっかりと!

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー