• 化粧品白書 > メイク > 仕上がりの違いはここにあった!ファンデパフのお手軽なお手入れ方法 
prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

仕上がりの違いはここにあった!ファンデパフのお手軽なお手入れ方法

ph_100306_07_0029m
化粧ノリが悪くなったりニキビで肌が荒れてしまったり…もしかしてファンデーションがあってないのかな?と思っている方。
実はパフが原因かもしれませんよ!

スポンサーリンク

ファンデパフって洗ってますか?

みなさんファンデパフって洗っていますか?
「買ってから一度も洗っていない…」「面倒くさくて洗わない」そんな方もいらっしゃるのでは?
けれどメイク道具は毎日使うもの。洗わないとだんだんと仕上がりに差がつくことをご存知ですか?

洗わないとデメリットが…

1.化粧ノリが悪くなる

ファンデーションはスポンジに均等につかないときれいな仕上がりにならないため、洗わないとだんだんムラが発生します…

2.肌荒れ

1週間放置したファンデパフには雑菌が発生し放題…時期にもよりますが4万個以上の雑菌が潜んでいるのです。
雑菌だらけのものをお肌に塗る…だんだん恐ろしくなってきませんか?

ファンデパフのお手入れ方法

20151030girl3

スポンサーリンク

面倒くさがりさんに!使った後に少しだけお手入れ

デメリットがあるのはわかるけど正直毎日使った後に洗うのは面倒くさいし時間もない…そんな方は少しだけ工夫してきれいな状態を保ちましょう♪

ティッシュでふき取る

使うたびにティッシュでふき取ることにより、汚れが蓄積するのを防ぎます。

パウダーをはたき落とす

ティッシュと理由は同じです。汚れが蓄積することを防ぐ一つの方法です。

一週間に1度!パフの簡単な洗い方

用意するもの

◆クリーナーか洗剤
◆水かぬるま湯
◆乾いているタオル

クリーナーがない!という方や、敏感肌で不安…という方は普段使っているクレンジングオイルを使いましょう♪
台所などの洗剤でも汚れはおちますが成分がスポンジに残りやすく、柔らかさがなくなってしまったり、においが気になることがあります。

方法

①クリーナーか洗剤をパフの汚れた部分に含ませます。
②汚れた部分をもみ洗いします。水かぬるま湯を足すと汚れが落ちやすくなります。
③ある程度なじませたら水かぬるま湯を入れた洗面器の中で汚れを落とします。
④流水で流します。
⑤タオルではさんで水気をとりましょう。絞るとパフが痛みます!
⑥日陰で乾かします。直接日光にあててしまうとごわごわになってしまうため、必ず日陰でほしましょう!

洗うのも面倒くさいな~という方は安いパフを買ってきて使い捨てにしてしまうのも一つの方法です。

おすすめのクリーナー

ザ・ダイソー パフ・スポンジ専用洗剤 ¥108(税込)
170498_xl
100均の王様、ザ・ダイソーから専用の洗剤が販売されています。
ベストコスメ大賞でも上位に入る実力!100円と思えない洗浄力が話題です。
オルビス パフクリーナー ¥648(税込)
pdt2917442
石鹸やクレンジングよりも楽に汚れを落とせるクリーナー。
つけて放置しておくと新品同様にきれいになるそう。大手メーカーの安心感はピカイチです。

注意点

20151030girl2
ニキビ肌の方は1週間に2回洗うことをお勧めします。
お肌を清潔にたもつことがニキビ肌改善の第一歩です。
また、付属のパフは薄いものが多いので乾きやすいですが、厚めのパフはなかなか乾かないことがあります。パフは2,3枚持っておくと安心です。

さいごに

毎日洗うのは無理でも1週間に一回だったらできそうな気がしますね♪
きれいなお肌になれるように、メイク道具もちゃんとお手入れをしていきましょう!

スポンサーリンク

  • メイク
  • 作成日:2015年10月28日
  • 1,238 views
prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー