prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

髪にだってうるおいがほしい!冬におすすめのヘアミルク3選♡

いつもはオイルを使ってるけど最近あまり髪が元気じゃない…

もしかしたら冬になるにつれて、あなたの髪はオイル向きじゃなくなっているのかもしれません。
乾燥が気になる季節におすすめするのはヘアオイルより実はヘアミルクなんです。

ヘアミルクNo.1は?

スポンサーリンク

ヘアオイルとヘアミルクの違い

20160127-hairmilk01

なぜ冬はヘアオイルではなくてヘアミルクなの?
そもそも何がどう違うの?
同じ髪をケアするものであっても、その仕上がりや効果は少し違うんです。

ヘアオイル

ヘアオイルの原料はその名前の通りオイルです。

メリット 髪になじみやすく、保湿力が高い。また、紫外線をシャットアウトする。効果が実感しやすい
デメリット べたつき感がある。良い成分を使っているオイルは値段がかなり高い
向いている人 髪の毛を痛ませたくない人。ドライヤーや紫外線から髪を守りたい人。癖が強い人。髪質が固い人。

スポンサーリンク

ヘアミルク

ヘアミルクの成分は主に水やエタノール、グリシンなどです。
ヘアオイルとの大きな違いは水性であるということですね。

メリット パサつき、広がり、枝毛の修復に効果的。うるおいも持続する。まとまりのある髪になりたいひとに。
デメリット オイルよりガード力がない。ツヤもオイルより少ない。
向いている人 髪の毛の修復をしたい人。さらっとした使い心地が好きな人。髪が細く、柔らかい人。

油性か水性か、ダメージガードか修復かで使い分けるのが一番よさそうですね!
冬は乾燥する季節でもあるので、「水を吸収しやすいヘアミルクの方が向いている」ということですね。

ヘアミルクの使い方

①髪にうるおいを持たせる(ミスト等使用!)
②手のひらに出し伸ばす。両手になじませるように伸ばすとよいそう。
③髪の内側からもみ込む。ふわっと優しく握るとなじみやすいです。表面にべたっとつけるのはNGです!
④ドライヤーで乾かす

軽い付け心地なので重ね付けしてもありです!

おすすめのヘアミルク

【No.1】ラサーナ 海藻 ヘア ミルク ¥1,944(税込)
lasana01

べたつかないツヤを実現したヘアミルク。
海藻のもつ力でダメージを補修してくれる、髪にも優しい商品。

香りも強すぎず、ほどよいフローラルが評判です。

ラサーナのヘアミルクをお試し

ジョンマスターオーガニック ローズ&アプリコット ヘアミルク ¥3,996(税込)
john-haimilk

ローズが香る人気のヘアミルク。

アンズ核油も配合のため、まとまりやすい髪を導きます。
スタイリング剤にも使用できます。

ジョンマスターのヘアミルク

ハニーチェ ダメージリペアヘアミルク ¥972(税込)
honeyce01

容器がかわいくてSNSにアップする女子が急増中!

スウィートベリハニーの甘い香り。
髪をしっとりとまとめてダメージを補修します。

ハニーチェのダメージリペア

ebs(イービーエス) ルグラナチュレ ヘアミルク ¥1,296(税込)
174356_xl

カラーリング保持成分が入っている貴重品。
サロン帰りみたいなツヤ色を出せるのが最大の魅力!パッケージも可愛いと好評です。

いいかおりですが少しきついかも、という声もあるのでテスターで試してみて。

イービーエスのヘアミルク

冬に合ったヘアケアでサラサラの髪に

20160127-hairmilk02

色々なタイプのヘアケアグッズがあるので、自分のタイプに合うかどうか、ぜひ試してみてくださいね。

冬もうるおい感のある髪で過ごしましょう♪

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー