prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

モデルや女優がこよなく愛する「ヨガ」の魅力とは?

スポンサーリンク

ヨガの目的

ヨガは「姿勢」「呼吸」「瞑想」を組み合わせることによって、自律神経を整えたり、歪んだ姿勢を正しい姿勢へと戻したり、全身の不調を正しく整えて心身ともに安定させることを目的としています。心も体も安定することで日々の生活にゆとりが持て健やかで笑顔の絶えない日々を送ることができます。激しい運動が苦手な年配の方でも、ゆっくりとした動きは無理なく取り組む事が出来ます。有名なモデルさんや女優さんなど多くの著名人もヨガに取り組んでいます。

ヨガの効果は?

自律神経を整える

自律神経の乱れは女性特有の更年期障害をはじめ、抑うつ症状や不眠症、めまいなどのあらゆる病気にかかりやすい傾向があります。ヨガをすることで体の中から汗を流し倦怠感が解消され、心身共にリラックスして症状を軽減してくれます。

リンパの流れがよくなる

リンパの流れが悪いと排除機能が低下して、外に排出しなければいけないはずの老廃物を体の中にため込んでしまいます。そうすると体がむくんでしまい、女性特有の症状に多い「冷え症」を引き起こすのです。また、免疫力が低下してウイルスと戦う力が弱まり病気にかかりやすくなります。病気にならない為には、ヨガでリンパの流れを改善して免疫力を高めることが重要です。病気にかかりにくい体の土台作りを行うのがヨガなのです。

体力や筋力の向上

ヨガをする事で、日常生活ではほとんど使わない筋肉を使うので筋力がついてみるみるうちに疲れにくい体になっていきます。

肩こり・頭痛の緩和

ヨガは、コリをほぐす動きをするので、肩こりの酷い人にはお勧めです。ヨガの動きによって疲労物質の乳酸がほぐれて疲れもスッキリ吹き飛びます。また、呼吸法によって体がリラックス状態になるので緊張性型の頭痛に効くと言われています。体の動きも大切ですが、同時に呼吸の仕方も重要になってくるのです。

体のゆがみを改善する

日常生活の日々の動きによって少しずつ歪みが生じると言われている骨盤はヨガで改善することができます。骨盤が歪むと頭痛や腰痛、肩こりなどの原因を引き起こします。姿勢を正すことを心掛けることが大切です。しかし現代人は楽な姿勢を自然と好み骨盤が歪む姿勢を自らとっている事が多いです。ヨガの筋肉をほぐす動きは、その日の歪みをリセットしてくれるのです。

集中力が増す

ヨガはポーズをとる際に全神経を集中して行います。ヨガの代表的な瞑想のポーズは集中力を高め、勉強前や仕事前などに行うと非常に有効的です。自己認識力が高まり、ストレスが軽減されてスッキリした脳の状態になっているので記憶力や判断力などベストな状態へもっていくことができます。

ヨガで大切な呼吸

8fa0b6c73b24a453e46af374a6022390_s
ヨガにとって大切なのは「呼吸法」です。緊張する前に深呼吸すると落ち着くように、呼吸法は心身共にリラックスさせて、体全体に有効な働きかけをしてくれます。正しい呼吸法を身につけることで最大限の効果を発揮することができるのです。

ヨガを行うタイミングは?

812069ac345a55b3b6b445a3294a3459_s
ヨガは有酸素運動なので続ける事でより大きな効果を得る事ができます。その為、意外と運動時間が長く、ヨガを行う一番良いタイミングとしては、空腹の状態か食事した後消化している頃合いがベストです。

体にも心にも良いヨガは日常生活の中に取り入れる事で豊かな日々を送ることができます。誰でも簡単に始める事の出来るヨガで全てが好転する人生へ繋げられるように今から取り組んでみてはいかがですか。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー