prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…間違ったスキンケアで悪化してるかも?正しいケアで美肌をゲット!
エイジングケアに悩んでいる方にオススメ!1,000円でアスタリフトがお試しできる!

医薬品・医薬部外品・化粧品の違いって?それぞれのメリットやデメリットは?

da3c6af3dee4f09a20b322577e141a35_s

スポンサーリンク

スキンケア用品には3種類ある

あなたの大切なお肌の手入れに使われるスキンケア用品。実は医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類に分かれていることはご存知でしょうか。
それぞれに得意・不得意があり、知らずに使っていると期待通りの効果がなかなか現れないかもしれません。
お肌の状態も季節やストレスにより変わるもの。それに合わせたスキンケアをするためにも、それぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

医薬品

医薬品の化粧品といえばあの有名なワセリンが該当します。
医薬品は、文字通り「薬」です。これを使うことによる効果は他の二種類と比べて最も期待することができます。

・メリット
症状の治療を目的としているので効果は期待できます。一部はドラッグストアで購入することも可能です。
有効成分は厚生労働省により効果が認められたものとなります。

・デメリット
製品によっては医師の処方が必要で、入手が容易であるとは言えない物もあります。
効果は強いですが薬品なので、副作用や自分の体質との相性に注意した方がいいでしょう。

スポンサーリンク

医薬部外品

花王キュレルや、サントリーの薬用育毛エッセンス フローリッチなどが医学部外品に該当します。
医薬部外品は厚生労働省が許可した有効成分が一定の濃度で含まれています。こちらは主に予防・衛生を保つために作られています。医薬品と化粧品の丁度中間の立ち位置となります。
パッケージに「薬用」と書かれているものは医薬部外品に入ります。

・メリット
効果があると認められている有効成分による肌荒れやニキビと言ったお肌のトラブルを予防に有効です。
医薬品と違い、医師の処方は必要ありません。
販売資格も必要ないので、どこでも販売することができます。

・デメリット
含まれている有効成分は医薬部外品にしか含まれていないというわけではなく、それ以外の普通のスキンケア商品にも含まれている事があります。
医薬品と比べやはり効果は弱く、有効成分は含まれていますが必ずしも目立つ結果が出るとは限りません。

化粧品

化粧品の薬事法における定義は実は広いもので、女性が日常的に使用する化粧品の他にも歯磨き粉、バスソルトも化粧品とされています。
人を美しく、清潔にするもの、と言ったイメージです。

・メリット
医薬品や医薬部外品と違い毎日使うことを前提に作られているのでお肌には最もやさしいです。

・デメリット
魅力を増したり清潔に保ったりといったことが目的なので、治療や予防に対しては期待できません。

あなたの化粧品、みなおしてみては?

いかがでしたでしょうか。もしもお肌のトラブルが起きた時には化粧品には治す力はないということがわかりましたね。
そのような時には医薬部外品、医薬品などの使用も検討し、お肌に合わせたスキンケアを行いましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー