prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

美肌の秘訣は腸にあり!腸に効くオリゴ糖で肌美人になれる

20151116flour
毎日、きちんとスキンケアをしているのに肌が荒れる。原因不明の肌トラブルに悩んでいる。
という方はもしかしたら腸に原因があるかもしれません。

昔から「腸は肌を映す鏡」だと言われています。
つまり、美しい肌を手に入れるためには、“腸を美しくする”必要があるのです。

では、腸を美しくするためにはどうしたらいいのでしょう?
バランスの取れた食生活や睡眠不足の解消、ストレス発散、適度な運動など、腸を美しくするための手段は色々ありますが、少し面倒で時間もかかってしまいます。

今回は、効率よく効果的に腸を美しくできる“オリゴ糖”についてご紹介します。

スポンサーリンク

オリゴ糖とは

20151116sugar
オリゴ糖は、「糖」と付くことから分かるように、私たちが普段よく使う「砂糖」や果物に含まれる「果糖」などと同じ“糖質”の一種です。
同じ糖質ですが、「糖類」に分類される砂糖や果糖と違い、オリゴ糖は「多糖類」と呼ばれ、3個から10個程度の糖類が結びついたものです。

オリゴ糖の働きは?

オリゴ糖に便秘解消の効果があることは広く知られている通りですが、それはオリゴ糖が持つ大きな特徴に理由があります。
その特徴とは“消化されにくい”ということ。
砂糖などの糖類は、他の食べ物と同じように、小腸で吸収されて「エネルギー」として使われますが、オリゴ糖は消化酵素で分解できないため、そのまま大腸まで届きます。

大腸まで届いたオリゴ糖は、「善玉菌のエネルギー源」、つまり“善玉菌のエサ”となります。

善玉菌VS悪玉菌

20151105womans
私たちの腸内には、“善玉菌”と、善玉菌の敵と言われる“悪玉菌”が存在します。
善玉菌と悪玉菌は常にいがみ合い、「一方が増えれば、一方が減る」といった熾烈な勢力争いをしています。

善玉菌が増えると?

1.腸の働きを整えて、便秘や下痢を解消する。

2.免疫力を高め、風邪や感染症を予防する。

3.ビタミンB群を作り、肌を美しく、若返らせる。

悪玉菌が増えると?

1.腸内環境が悪化し、便秘や下痢を引き起こす。

2.免疫力が低下し、風邪や感染症にかかりやすくなる。

3.有毒物質が発生し、肌の老化が進行する。また、発がん性物質を作り出し、癌のリスクが高まる。

腸内環境の悪化が肌に及ぼす悪影響とは?

1.腸の活動が悪くなり便秘になる

活性酸素が発生し、肌の老化(シワやたるみ)が進行する。

2.フェノール類とよばれる有害物質が腸内に増加する

蓄積された有害物質が、腸の壁から血管に吸収される。
そのことで、肌細胞のターンオーバーが正常に行われなくなり、皮膚のくすみや乾燥肌を招く。

3.ビタミンB群の生成が阻害される

ビタミンB群を生成する善玉菌が減ってしまうことで、肌荒れやニキビの原因となる。

オリゴ糖を効率よく働かせるためには?

20151116cup
ということは、今すぐにでも「オリゴ糖を摂取して、善玉菌を増やさなければ!」と思った方もいるでしょう。
ですが、オリゴ糖だけを摂取していても、善玉菌は増えません。

繰り返しになりますが、オリゴ糖は“善玉菌のエサ”となるものです。
つまり、オリゴ糖を食べてくれる「善玉菌自体」が少なければ、どれだけオリゴ糖が腸内にあってもムダなものに終わってしまいます。

では、オリゴ糖を食べてくれる善玉菌とは一体何でしょう。
それが、ヨーグルトでお馴染みの「ビフィズス菌」です。
ビフィズス菌は、「善玉菌の代表格」ともいえる細菌です。
ビフィズス菌はオリゴ糖が大好物です。

オリゴ糖というエサが腸内に沢山あれば、ビフィズス菌は元気に活動でき、なおかつ、その数を増やすことができます。

では、オリゴ糖を摂らず、ビフィズス菌だけを摂取した場合はどうでしょう?
ビフィズス菌には“腸内での寿命が短い”という欠点があります。
ですから、“相当数のビフィズス菌を、絶えず摂取しなければ”悪玉菌に勝つことができません。

そのため、オリゴ糖とビフィズス菌を同時に摂取し、善玉菌の数そのものを増やす方が、腸内環境を整えるためには効果的です。

オリゴ糖が含まれている食材は?

20151020dish
ところで、オリゴ糖にも種類があることをご存知ですか?
オリゴ糖には消化されにくい“難消化性オリゴ糖”と難消化性オリゴ糖に比べて、やや消化されやすい“消化性オリゴ糖”に分類されます。

また、オリゴ糖の種類によって、効果も少しずつ異なります。目的に合ったオリゴ糖を摂取するために、是非覚えておくとよいでしょう。

難消化性オリゴ糖

1.フラクトオリゴ糖

ごぼうや玉ねぎなどの野菜やバナナなどに含まれています。
砂糖の半分程度の甘みがあります。

2.ラフィノース

ビート(砂糖大根)から作られる天然のオリゴ糖で、キャベツやアスパラガスに多く含まれています。
オリゴ糖の中でも、ダントツで便秘に効く成分。
健康効果が高いです。

3.ガラクトオリゴ糖

母乳や牛乳などに含まれている動物性のオリゴ糖です。
腸内環境を整える働きがありますが、ほかのオリゴ糖と比べ少し低めです。

消化性オリゴ糖

1.大豆オリゴ糖

大豆に含まれているオリゴ糖です。
オリゴ糖の中で最もビフィズス菌を増やす力が強いとされています。

2.イソマルトオリゴ糖

はちみつや醤油、味噌などの調味料に多く含まれています。
熱に強いため、料理の際に使用すると効果的です。

注意すべきこと

20151116kutu
色々な食材に含まれているオリゴ糖ですが、どの食材においても含まれている割合はごく少量です。
そのため、効率よくオリゴ糖を摂取するには、「健康食品」などから摂ることをおすすめします。

なお、健康食品としてのオリゴ糖は、多く販売されていますが、その際は添加物の少ない、「高純度のオリゴ糖」を選ぶようにしてください。

終わりに

街はすっかりクリスマスモード。オシャレをして友達や恋人と写真を撮るなんてことも増えてきますね。
そんな時に肌が荒れていては、悲しいもの。
スキンケアももちろん大事ですが、オリゴ糖でしっかり腸をケアして、美しい肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー