prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

美容液って本当に必要なの?いつから使うべき?

スキンケアの中で悩むのが美容液。美容液を使わなくては肌はキレイにならないのか、美容液って本当に必要なのか、と疑問を持っていませんか?

スポンサーリンク

美容液は本当に必要?

そもそも、美容液とはスキンケアの上で、プラスアルファの栄養を補給するものです。

スキンケア用品の役割を簡単に述べると、以下のようになります。

■化粧水:水分を補給
■乳液、クリーム:油分で肌に蓋をして、水分の蒸発を防ぐ
■美容液:整った肌に加えることで、保湿や美白、アンチエイジングなどに効果を発揮

こうしてみると、美容液は、必ずしも使うべきものというわけではありませんが、使うことで更にワンランク上の美肌を手に入れることのできる、効果的なスキンケア用品だといえます。

美容液にはどんな効果がある?

3f6186de358bfdb72ffeb0f90dc08e6a_s

美容液には保湿成分や美白成分などの、美容成分が濃縮されて配合されています。そのため、肌への効果をいち早く実感できます。

「シミ、シワを防ぐ」
「乾燥を防ぐ」
「「肌を白く」

などの明確な目的があり、目的ごとに正しく使う場合に、一番効果を発揮してくれます。

普段のスキンケアにプラスアルファすることで、目的に合った集中的なケアを施せ、肌を改善することができます。

また、美容液に含まれる、保湿や潤いを保つ成分により、皮脂の過剰な分泌を抑える効果もあり、ベタつかずしっとりという、理想的なコンディションに整えてくれます。
肌の改善に加え、美肌作りへの近道を開いてくれるもの。それが美容液といえるでしょう。

美容液の効果的な使い方は?

有効成分が濃いとはいえ、あれもこれもと重ねづけするのはNGです。一度に一種類だけ使うようにしましょう。
気になるものや改善したいところが複数ある場合は、朝と夜で使い分けるのが効果的です。

特に、夜のゴールデンタイムは肌の生まれかわる大事な時間帯ですので、一番気になるものを使うようにしましょう。

使うべき年齢は?

「○歳になったら」というCMもありますが、いったい、何歳頃から美容液を使い始めればいいのでしょう。

スポンサーリンク

必要と感じた時が使い時

美容液には、○歳になったら使おうという推奨は特にありません。
しかし、肌は20代後半から、コラーゲンなどの肌に必要な成分の含有量が激減していきます。

個人差ももちろんありますが、20代後半から30代過ぎた頃から始めておくと、加齢による肌トラブルに早めに対応できます。

歳をとってからでも大丈夫?

もちろん、お肌に気になる箇所が出てきてからでも構いません。
しかし、老化が気になりだしてから使うよりも、アンチエイジングのために使っていく方が効果的です。

ハッキリとできてしまったシワやシミ、ホウレイ線などは、美容液を多く使ったからといって完全に消せるものではありません。
美容液は、肌に良い成分を補って、コンディションを保ったり、肌のトラブルを予防していくものですので、なるべく早い内の対策の方が、効果をより実感できます。

毎日でなくてもスポットで使おう

肌の調子が悪い時に

調子の良くない肌に無理やり美容液を塗りこんでも、効果は現れません。
まずは、きちんと毎日、肌に基礎ケアをしてあげることが大前提です。その上で、コンディションが悪いと感じる部分に美容液を使ってあげましょう。

足りない栄養を補うことが美容液の役割ですので、コンディションが良くないと感じたら、栄養補給のサインです。

調子が良い時は控えてOK

美容液の種類にもよりますが、シワやたるみ、くすみが解消されていると感じた場合などは、美容液をお休みしても良いでしょう。
肌には自ら調子を整える整調作用がありますので、特にトラブルがない時は、きちんと整調作用が機能している時です。余分な栄養を与えても、それを必要としなければ無駄になるだけです。
また、使いすぎると肌が栄養過多に慣れてしまい、自ら肌を整えることを怠ってしまいます。
なるべく肌を甘やかしすぎず、かつ、厳しくしすぎずのバランスが必要です。

美白美容液の必要性

推奨年齢が特にないとはいえ、美白美容液に関しては早めの使用をおすすめします。
肌のシミは、昔に受けた外敵刺激やダメージが、後々になって肌の表面に現れてくるものです。
逆に言えば今肌にできているシミは、この何日かに受けたダメージではなく、何年も前に受けたダメージが元になってできたものなのです。

40代後半から大量のシミが出てきたりすることが多いのは、何年、何十年前に受けたダメージのケアを、その時期に怠ってしまっていたからです。
そうならないためにも、先のことを考えた、早い段階での美白ケアを実行していきましょう。そうすることで、年齢を重ねてもシミのない美しい肌を保つことができますよ。

美白美容液の選び方

市販の商品には、美白美容液とうたっているものでも、実際に美白成分をそれ程多く含んでいないものもあります。安全面から選ぶのであれば、厚生労働省が認めた有効成分が配合されている、「医薬部外品」の表示があるものをおすすめします。

コスパを考えた美容液とは?

とはいえ、美容液はやはり少々高価ですし、化粧水や乳液に加えて使うのも面倒という点もありますよね。そんな方にはオールインワンゲルがおすすめです。

美容液としてのオールインワンゲル

オールインワンゲルの魅力は、通常、「化粧水、乳液、美容液」が一つにまとめられていて、ワンステップでスキンケアが終了できる点です。種類ごとにお金をかけなくてもいいので、コスパは格段に高いです。

特に美容液に特化した「オールインワン美容液」もあり、コラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分が多めに配合されているので、肌のハリや弾力、潤いをキープしてくれます。もちろん、化粧水や乳液、クリームとしての機能もしっかり果たしてくれます。

美容液に置き換えても、単体でも使える嬉しい商品です。他の乳液やクリームなどと併用する場合は、先にオールインワンゲル(美容液)を塗ってから、乳液やクリームなどを使いましょう。

おすすめのオールインワンゲル

まとめ

効果の現れが早いことも美容液のメリットですが、やはりそこには個人差があり、そうすぐには変化がないという人も多いでしょう。それでも焦りは禁物です。きちんと使った分、その効果は必ず現れてきます。

5年後、10年後にきれいな自分を目指して、ぜひ、日々のスキンケアに取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー