prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

1日たったの50円!?コスパのいいプチプラスキンケアはコレ♪

毎日欠かすことができない、スキンケア。いくらくらい予算をかけていますか。

人のお財布事情はそれぞれ。
予算は厳しいけど、肌の衰えが怖いから無理してる!という人もいれば、出費が増えてきたから、これからスキンケア代を削ろうとしている人も。

そもそも、高い商品じゃないと、高い効果は得られないのでしょうか。
そんなことはありません。
「プチプラ=高い効果」のものだってあります!

スポンサーリンク

コスパのいいスキンケアを選べば、まだまだ節約できる!

月々の出費を抑えたい人は、スキンケア代から

独身の頃は自由にお金を使えたけど、主婦になったらムダ使いの余裕なんてない。
習い事を考えているけど、予算を捻出できない。

そんなとき、家計のどこを削ればいいのでしょうか。

毎月決まってかかる支出を「固定費」といい、レジャー費や洋服代といった、いくらかかるかわからない支出を「変動費」といいます。
もちろん、スキンケア代は変動費。

しかし、コレ!と決めているスキンケアブランドがあり、毎月購入しているならば、それはもう固定費みたいなものになってしまいますよね。

有名な節約アドバイザーが、「固定費を削ると、楽になる」といっていますが、納得です。
いくら使うかわからない変動費よりも、月々の固定費を削ったほうが、節約の算出がしやすくなります。

それならば、女性なら必ずかかる「固定費もどき」のスキンケア代は、一番節約しやすいところといえます。

スポンサーリンク

ブランドにこだわる?こだわらない?

有名な化粧品ブランドを、買い続けるだけの予算があればいいのですが、大抵の女性はそうはいきません。

では、予算の少ない女性は、肌のコンディション維持をあきらめなくてはいけないのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。

実は、化粧品の製造原価って、驚くほど安いんです。
そこに、研究開発費や広告費、値引き想定額などを盛り込んで、定価が設定されています。

特に有名ブランドは、ブランドイメージもあるために、広告費は莫大なものとなっています。
だから、必ず「高い=良い」という方程式だけが成り立つわけではなく、広告費が抑えられているプチプラの中にも、良いものがたくさん眠っているのです。

スキンケアに必要なものは、金額ではなく、自分の肌に必要な「成分」なんです。
自分の肌にドンピシャな成分は、お宝です。

そう考えると、プチプラの中に眠っているお宝探しが、楽しくなりますよね!

30代のスキンケア代は、月平均18,000円!?

30代は、衰えてくる肌を実感しはじめる年代です。肌への危機感から、スキンケアへの投資金額も跳ね上がりやすくなります。

ライン使いはお金がかかる

そんな30代頃から増え始めるのが、ライン使い。
スキンケア商品は、シリーズにもよりますが「化粧水」「乳液」「クリーム」「美容液」と、ラインで販売されています。

せっかくなら、ラインで使ったほうが効果があるのでは、と思い、ラインで購入する人が多くなるのでしょう。
ところが、ライン使いはお金がかかる!

30代のスキンケアの例を挙げてみましょう

30代に大人気の「アヤナス」の場合で、例に挙げると…。

・アヤナス ローション コンセントレート/5,400円
・アヤナス エッセンス コンセントレート/8,100円
・アヤナス クリーム コンセントレート/5,940円

スキンケアのラインナップは、全部で6商品ありましたが、これは外せないと思う3商品だけにして、節約しても合計19,440円でした。

2ヵ月もたせるとしても、1ヵ月に9,720円かかる計算になります。

それでも美容液は外せない

美容液は、肌にとってメインディッシュのようなものです。
保湿成分や、美白成分といった、肌にとって嬉しい成分がギュッと入っています。

化粧水から始まるスキンケアの流れの中で、肌が最も美味しい、と感じるのが美容液。その代わり、他のスキンケア商品よりも少々お高いのが通例です。

しかし、肌の衰えを実感し始める30代からは、この美容液を上手に使っていかなくてはいけません。

美容液まで入っている、オールインワンゲルが使える!

20151118-cost-04

一般的に、化粧水、美容液、乳液、クリームが1つになっているオールインワンゲル。

忙しい女性にとっては、スキンケアのステップを簡略できると、一気に注目を浴びました。
ところが、このオールインワンゲルは、時間短縮だけでなく、スキンケア代の節約にもなることに注目したいですね。

化粧水しか使っていなかった、スキンケアの必要性があまりなかった若い頃に比べて、ライン使いが必要になった年齢なら、コスパの差は歴然です。
オールインワンゲルは、その名の通り、全てのスキンケアの機能が詰まっています。もちろん、30代からは取り入れたい美容液の機能も。

オールインワンで、どのくらい節約できる?

さまざまなオールインワンが発売されていますが、価格はだいたい1,500円~5,000円くらいで販売されています。

3,000円くらいのものを買うとしても、先ほどのアヤナスのライン使いと比べたら、約3分の1くらい。
差額は5,640円です。

これを1年間で計算すると、なんと67,680円に!
かなりの節約になりますね。

参考:【高品質なのにプチプラ】売れてるオールインワンゲルランキング

1番コスパがいいオールインワンゲルは?

20151113-medhi-top

何といっても「メディプラスゲル」のコスパが最高です!

2013年、2014年と、2年連続でモンドセレクション金賞を受賞した実力派。
美容成分を62種類も配合し、乾燥知らずの肌に。その満足度は、97%!

効果と反比例して、価格が安いのも評判がいい理由です。2996円で、約2ヵ月分。
1ヵ月あたり1,498円の計算になるので、1日わずか50円という計算に。

節約を考えて、オールインワンを試してみたい人には、うってつけの商品ですね。

他にも、まだまだオススメのオールインワンが

20代、30代なら「ナチュラルエレメンツバランシングゲル」もオススメ。

2ヵ月分で3,725円(1ヵ月あたり1,862円)で、3種類のセラミドが配合!
乾燥によるシワやたるみを、しっかりと防いでくれます。

無添加にも、かなりこだわっている商品なので、安心して試すことができます。

多機能にこだわりたいなら、「ホワイトニングリフトケアジェル」が凄い。
1ヵ月分で4,099円なので、少々お値段は高めになってしまいますが、1つで7役をこなしてくれます。

従来の4役に加えて、パック、アイクリーム、化粧下地の役割も。これ1つあれば、他には何も必要なしですね。
シミ対策として、40代、50代に人気の商品です。

まとめ

スキンケアに大切なのは、それぞれの肌に必要な成分です。

ブランドにこだわらないなら、プチプラの中にも、自分の肌に相性ピッタリのものがあるはず。
節約を考えているなら、1ヵ月あたりいくらになるのか計算しながら、満足のいく商品を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

関連記事

「肌のきれいな男性を、いいな」と思う女子は、男子が思っているより多いといわれています。 「男なんだし、保湿をあんまり気にしたことがない」という方は、自分の肌に注目してみましょう。 男の肌も、乾燥肌や脂性肌など、人によって
乾燥肌の女性は乾燥対策にあれこれとスキンケア化粧品を使っていませんか。 もう少し簡単にお手入れができたらいいですよね。 今回はそんな乾燥肌の人にオールインワン化粧品をおすすめします。 オールインワン化粧品は保湿力に不安が
ハリがなくなり、キメが乱れてきたなどのお悩みを抱えている人はいませんか。 乾燥して毎日のケアが物足りないと感じている人もいることでしょう。 なかなか自分に合った、保湿力の高い化粧品が見つからないとお嘆きの人に朗報です!
男女や季節を問わずお肌の悩みの上位に挙がるのが、毛穴の詰まりや黒ずみ。 毛穴ケアに特化したアイテムを使ってお手入れを行っている人も多いと思います。 しかし、毛穴の悩みのほとんどは、毎日気長にケアを続けていく必要があります

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサする…。 化粧ノリも悪くなるし、ひどいと粉がふいてしまったりすることもある乾燥肌。 特に冬場が近くなると乾燥に悩んでいる人もいるでしょう。 乾燥対策として真っ先に思いつくのは「保湿」! 特

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー