prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

爪に優しくてすぐ乾く!胡粉ネイルで作る和ネイルが可愛い!

出典:twitter.com

ネイルケアは今もう女性には欠かせない定番のおしゃれアイテム。
種類も豊富で、ネイルポリッシュやジェルネイル、スカルプチャなど種類も豊富。

そんな中、京都生まれの胡粉ネイルが素敵と美意識の高い女子に人気が高まっています。

胡粉ネイルって?

京都生まれの日本画の白い絵具、ホタテ貝殻の粉末、胡粉から作られたネイル。
日本最古の絵具屋、上羽絵惣公式通販は日本女性を美しく見せるために、絵具屋のノウハウを生かし、胡粉を使用したネイルを販売。

素の女性の美しさを引き出すために原材料から品質にこだわって作られました。

水桃や瑪瑙、水藤などといった日本伝統の色彩で奥ゆかしさも感じます。

低刺激で除光液いらず?!胡粉ネイルのメリット

低刺激で刺激臭がない

胡粉ネイルは色鮮やかなのにも関わらず、水溶性で低刺激
有機溶剤などを使っていないので、従来のマニュキュアのようなにおいが無く、あのつんとしたにおいが苦手な人でも使いやすく、原料が天然素材なので、爪にも優しくつくられています。

速乾性

通気性に優れているので速乾性があり、乾燥する時間が短くて済み、塗り心地も軽いところが人気のようです。

除光液いらず

水溶性のネイルなので、除光液いらず水や消毒用のアルコールで簡単に落とすことができ、爪にも負担がかかりません。

ツイッターでも話題沸騰中!


普通のマニキュアが「油性」だとしたら、胡粉ネイルは「水性」のようなかんじでしょうか。

軽い付け心地のわりに発色がキレイだと話題です。

豊富なカラーバリエーション

20151102wagasa

和色シリーズ

江戸時代女性の口紅や頬紅に使われた艶紅や自然な光沢のある白光。
男性でも使われることのある漆黒。
よどみのない真っ白な胡粉。
平安時代の女性が美しさを求め、好んだ京紅、臙脂、鮮紅朱。

など29種類と豊富なラインナップ。

ヴィヴィッドで鮮明なものから優しいカラーまでバリエーション豊富です。

きらきらシリーズ

雲母桃や金雲母撫子といったピンク系パールネイルをはじめゴージャスで上品な雲母、金雲母など6種類のきらきらカラーバリエーションが楽しめます。
またほかのカラーとの組み合わせも抜群です。

パステルシリーズ

キュートで楽しく元気を与えてくれるそんなパステルシリーズには、バナナ、みかん、ミントアイス、いちごミルク、おそらなど名前にちなんだキュートなカラー6種類のラインナップ。キュートでカラフルな指先へと導いてくれます。

おすすめカラーをご紹介!

胡粉ネイルの中でも特におすすめ、和色シリーズの人気のカラーとは?

水桃 (みずもも) /¥1,300

20151118mizumomo
水桃は透明感のある、桃の花をほうふつさせるマニキュアです桜貝のようにきれいな爪へと導いてくれます。

瑪瑙 (めのう)/¥1,300

20151118menou
瑪瑙は艶のある肌色で少し濃いめなのが特徴。灰色で少し紅赤身を持った落ち着きのある優しい灰色、マニキュア初心者におすすめのカラーです。

水藤 (みずふじ)/¥1,300

20151118mizuhuji
藤の華のような爪へと導いてくれる水藤は透明感のある上品な紫色。古くから紫の薄色として愛されてきた慣用的なカラーです。

ナチュラル思考の大人女子は今すぐ試してみるべし!

創業260年の絵具専門店上羽絵惣の胡粉ネイル。
今までのマネキュアとは異なり優しく、和のテイストと上品さ、そして遊び心を兼ねそろえています。カラーバリエーションも豊富で組み合わせも可能。

自分オリジナルのカラーでネイルが楽しめます。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー