prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

妊娠中のニキビ、乾燥の肌荒れ…スキンケアって何を使うべき?!

ベビーと会える日を思い描きながら待ち遠しく過ごすマタニティ期間。
しかし、大きくなっていくお腹、つわり、抜け毛、便秘…めまぐるしく変化する身体の状態に驚いたり不安になったりすることもたくさんありますね。

そしてお肌も例外ではなく、ホルモンの関係で普段とは違うデリケートな状態になったり、逆にハリやツヤが出てくる場合もあります。
妊婦さんの中には、今まで使って問題なかった化粧品にピリピリと刺激を感じたり、かゆみが生じたりする人も多くなります。

そこで今回は、妊娠中のスキンケアではどんな製品を選んだらよいか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

妊娠中に多い肌トラブル

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s

ニキビ

つわりによる食生活の変化やホルモンバランスが乱れることによって、肌のターンオーバーがうまく働かなくなり、おでこや顎下などにニキビができやすくなります。

シミや肝斑

妊娠初期に増加するプロゲステロンというホルモンが、メラノサイトを刺激するためメラニン分泌を促してしまい、シミや肝斑が生じやすくなるといわれています。

敏感肌

ホルモンバランスの変化によって肌のバリア機能が低下することから、肌が敏感になったり少しの刺激でもヒリヒリすることがあります。

乾燥

女性ホルモンの大幅な増加により男性ホルモンのバランスが低下するため皮脂の分泌が抑制され、肌は乾燥が進んできます。お腹や全身に、乾燥によるかゆみを訴える妊婦さんもいます。

なぜ、妊娠すると肌トラブルが増えるの?

ホルモンバランスが変化する

妊娠中の肌トラブルの一番の原因がホルモンバランスの変化。ホルモンバランスが変動するとお肌に影響があることは、生理前の肌荒れなどで経験済みの方も多いと思います。

妊娠するとまずプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンが増え、妊娠15週目あたりからはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンが急上昇します。
こういったホルモンバランスが変動の影響で、皮脂の分泌が過剰になったり、乾燥やかゆみを招いたり、妊娠中ずっと、肌トラブルはつきものといっても過言ではありません。

赤ちゃんに水分を摂られるので乾燥肌になる

妊娠中は、体内の血液量が大幅に増えることや、羊水や胎盤を作るために、普段以上に水分が必要になってきます。
そして優先的に赤ちゃんに水分が送られますので、ママの水分量は減少して、お肌が乾燥してきてしまいます。

妊娠中のストレス

妊娠中の体重管理や食事制限、また妊娠後期は分娩や産後の生活への不安も重なり、ストレスから肌荒れにつながっているケースもよくあります。

妊娠中のスキンケア製品の選び方

シンプルケア

妊娠中デリケートになっている肌は摩擦に弱い状態ですので、触れる回数は少ない方がベストといえます。
今までのような、ライン使いでの丁寧なスキンケアは、この時期だとやりすぎかもしれません。

できるだけ少ない回数のお手入れで十分ケアできる製品を選び、シンプルなケアを心がけましょう。

また、つわりで体調がつらい方はとくに、短時間でスキンケアが終わる製品かどうかは大変重要なポイントです。

保湿成分が多いもの

上で解説したように、妊娠中は母体にも赤ちゃんにも肌にも水分が必要です。冬でなくても、普段以上に保湿することを意識しましょう。
肌の乾燥が進んでしまうと、お腹まわりに妊娠線ができやすくなったり、全身にかゆみが生じやすくなります。

保湿に一番有効といわれている成分「セラミド」が高濃度で含まれている製品を選ぶと、少ない回数のケアでも充分な保湿力を期待できると思います。

安心安全

赤ちゃんと自分自身の健康を第一に考えると、マタニティ期に食べるものや皮膚に直接つけるものは、安全なものを選びたいですよね。
ママやベビーに影響のある成分が入っていないものを選ぶだけでなく、デリケートになっている肌に負担のかかる添加物も極力入っていないコスメを選びましょう。

産後も使える

出産のあとは、増加した女性ホルモンが急激に減少したり、授乳に必要なホルモンが分泌されるなど、ホルモンバランスの変動はまだまだ続きます。
産後はさらに睡眠不足やストレスも加わるため、不安定な肌の状況はしばらく続くと考えてください。

時間に余裕のあるマタニティ期に、自分に合ったよいスキンケア製品を見つけて、産後もぜひ継続して使っていきましょう。

コストパフォーマンスも重要!

妊婦検診、歯科検診、マタニティウエアや下着、お腹が大きくなってくるにつれてどんどんお金がかかる妊娠期。

そして産後のためにベビー服や授乳グッズ、抱っこひも…と買っておかなければならないものもたくさん!
こんな時に、自分の美容にかけるお金は最小限におさえたいところ。

1回のスキンケアにかかる費用は少なく、最大の効果がある製品を選びましょう。

妊娠中におすすめ「メディプラスゲル」

201512225-med

そこで今回、妊娠中の方にぜひおすすめしたいのが「メディプラスゲル」。

これまで解説した妊娠中の肌のトラブルや製品選びのお悩みを、まとめて解決してくれる1本です。

おすすめ理由①無添加製品

まず、デリケートな妊娠中のお肌に負担のかかるような合成界面活性剤や防腐剤が一切入っていない無添加製品であるということ。
今まで使っていた化粧品でヒリヒリしたり刺激を感じていた方や、アトピーの方でも、安心して使えます。

肌がデリケートになっている妊娠中だけでなく、赤ちゃんに触れても大丈夫な成分だから産後そのまま使い続けても大丈夫です。

おすすめ理由②質の良い保湿成分配合

そして、保湿成分がたっぷり配合されていること。

メディプラスゲルは、高濃度のセラミド3種類にコラーゲン2種類、さらに3種類のヒアルロン酸を配合し、乾燥する妊娠中の肌に嬉しい、高い保湿力を実現しています。

おすすめ理由③経済的

コスパがいい!メディプラスゲルなら1ヶ月あたり¥1498で済むので、ベビーにもママにも何かとお金がかかる妊娠中も安心。

洗顔後これ1本を肌に塗るだけで化粧水・乳液・美容液の3役を果たしてくれて、とても経済的です。

また、出産後はベビーのお世話でなかなか自分の時間がとれなくなるので、このようなオールインワン製品を常備しておくと便利ですよ。

妊娠中のスキンケアはメディプラスゲルで決まり♪

今回ご紹介したメディプラスゲルなら、たった10秒でスキンケア完了!
あとは十分な睡眠と栄養ある食事を心がければ、妊娠中のケアはもう万全です。

妊娠中から産後にかけては、ホルモンバランスの変化に身体が追いつかず、しばらく肌トラブルなどが起きやすい日々が続くと思います。
体調の変化でつらい時に、お肌まで荒れてしまってはストレスも溜まってしまいますね。

しかし、これはあくまで一時的なものです。産後しだいに元通りの身体に戻っていき、ほとんどのケースが改善しますので、心配いりません。

メディプラスゲルでスキンケアを楽しんで、ママになる日を待つこの特別な時期を、ストレスなくゆったりとした気持ちで過ごしましょう。

>>メディプラスゲルを詳しく見てみる

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー