prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

乾燥でまつげが抜ける!?冬こそまつげケアをしっかりと!

長くてツヤがあって綺麗なまつげはそれだけでとっても魅力的ですよね。
素敵なまつげになるためにはしっかりとケアする必要があります。

忘れがちなまつげケア。意外と繊細なまつげのことを守ってあげましょう♪

スポンサーリンク

冬は乾燥の季節、保湿対策はできていますか?

冬になると気になってくるのが乾燥です。どうしても寒くなると暖房器具を使うので空気が乾燥してしまいます。
空気が乾燥するということは私たちの身体も乾燥してしまうということ。

水分量が少なくなると老化の原因になったりインフルエンザなどの病気になったりトラブルがいっぱい!

そうならないためにしっかりと保湿対策をしていきましょう。

まつげが乾燥すると?

乾燥対策に意外と忘れられているのがまつげです。
肌や髪の毛は対策してもまつげは見落としがちですよね。

しかし、まつげも守ってあげないと乾燥して抜け落ちる量が増えたり、ハリやコシがなくなったりと傷んでしまうのです。

まつげはメイクの中でも重要な役割があります。目をパッチリと見せて魅力的にしてくれるまつげのことをもっと考えてみませんか?

乾燥の原因

20151124kareha

お湯で洗顔する

寒くなるとつい熱いお湯でまつげを洗顔してしまいますが、これはまつげのハリやコシを失わせてしまう原因。

ぬるま湯を用意して優しく丁寧に洗顔しましょう。
メイクが残ったままだとまつげが傷むので優しく時間をかけてしっかり落とすのがコツです。

日差しを浴びる

紫外線がお肌に悪いように、まつげにも悪影響を及ぼします。
まつげの外側にはキューティクルがありますが紫外線を受けてしまうとキューティクルが崩れて空洞ができてしまうのです。

そうなってしまうとまつげのツヤがなくなってしまいパサついてしまいます。またキューティクルがはがれると、内部の栄養分や水分が出てしまいます。

ごしごしこする

髪に比べるとまつげは弱く繊細。つい癖で目をこすってしまったりするとまつげが摩擦によって傷んでしまいます。

まつげに触れるときは優しくあまり刺激しないようにしましょう。

対策

20151124hana

加湿器をつける

空気が乾燥していると肌と一緒でまつげも乾燥してしまいます。
加湿器をつけることで空気の水分量があがって肌もまつげも潤います。
暖房器具を使うときは忘れないようにしましょう。部屋に湿度計を置いて湿度を気にかけるのもオススメです。

アイメイク落としは専用のリムーバーを使う

メイクの中でも一番落ちにくいのはアイメイクです。

マスカラやアイライナーやアイシャドウを施した目元は専用のリムーバーを使って綺麗に落としましょう。
普通のクレンジングでは落ちにくいために無駄に目をこすってしまったりメイクが残ってしまうことがあります。

美容液いりのマスカラを使う

まつげに直接塗るマスカラはとても影響力があります。
美容液入りのマスカラを使うことでまつげへの刺激を最小限に抑えてまつげを守ることができます。

参考:(ぐんぐん伸びる!長いまつげが手に入るオススメまつげ美容液5選

アイメイク休養日を作る

アイメイクは女性をいつもより魅力的に見せてくれて素敵ですがやはりまつげには少なからず刺激があります。

アイメイク休養日を作ってまつげを労わってあげる時間を作りましょう。

また、まつげにいい食事を作って食べたり、まつげに美容液を塗ったりして傷んでいるまつげを修復しましょう。

最後に

まつげは女性のアイメイクにとって大切なパーツです。
つい忘れがちですがまつげも心を込めてケアをしてあげると今までよりもっと長く綺麗になります。

冬の乾燥は手ごわいですが丁寧にケアしてあげることで乗り切ることもできますよ♪

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー