prBox_img
黒ずみ、たるみ、凸凹…いちご鼻を目立たなくする方法をご紹介!
日焼け止めクリームが使えないシーンでも大活躍!雑誌でも話題の日焼け止めサプリ大特集!

美容ライターに聞いた!今日から始められる本当に効果があった美容方法5選!

テレビや雑誌、WEBサイトなどで様々な美容法が入手できる昨今。
何から手をつけたらいいのかわからない…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は美容に精通する美容ライター50人にアンケートを実施し、本当に効果があった美容方法について聞いてみました。

ヨーグルト × 緑茶パック

20151124yoghourt

市販のヨーグルトに緑茶の粉末をプラス。そのままお顔に塗ってしまう美容法、ヨーグルトパック。
肌が吸い付くようでスペシャルケアとして行っています。(20代女性)

ハリウッド女優なども実践する美容法ですが、美白ケアや毛穴ケアに効果大!緑茶の粉末以外にも、蜂蜜やココアパウダーを入れてもいいようですよ。
やりすぎは禁物ですが、安価で試せるこちらのケア方法はすぐに実践出来そうですね。

ヨーグルトパック

材料

プレーンヨーグルト 大2
小麦粉       大1
緑茶粉末      大1

ヨーグルトパックのやり方

①全ての材料を混ぜあわせる

②顔全体に厚くたっぷりとぬっていきます

③表面が乾いたらぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。最後に化粧水で肌を整えて下さい

1日1回洗顔法!

20151030wash

1日1回洗顔法。夜お風呂に入るときにせっけんで洗顔するだけ。朝は何もしない。
乾燥肌の私は、この方法を始めてからみるみる肌の調子がよくなりました。(20代女性)

これからの季節は乾燥が気になります。朝はあえて何もしない、ということで肌がキレイになるかも!
夜の洗顔前にはしっかり手を洗うことも重要ですよ。

収れん化粧水+オールインワン商品

20151124icerose

安価でも収れん化粧水を使用して肌を整えてからオールインワン商品を使用すると肌馴染みがいいと思いました。(30代女性)

組織や血管などを引き締める作用を持つ「収れん化粧水」。
一般的な化粧水は保湿に主点をおいてますが、収れん化粧水は第一に肌の引き締めに重きをおいています。

夏場に使用する…なんて方が多いこの化粧水ですが、実は冬場に使うことで美肌効果が期待できるのです!

(参考:冬の収れん化粧水が美肌につながる?!正しい使い方とおすすめ商品

肌断食

20151020dish

週に1~2回の肌断食となるべくお化粧自体をしない。角質除去の化粧品は、なるべく使用しない。
お化粧の最後は、なるべく自然のオイル(ローズヒップオイル、アボガドオイル、ホホバオイル)でふたをするようにすると翌日肌のしっとり感が違います。(40代女性)

メイクもスキンケアも一切やらない肌断食。どうしても肌の乾燥が気になる場合は白色ワセリンのみ、肌に塗ることが出来ます。
週末を利用して0円で始められる美容法で、肌トラブルを抱えている方は、効果が目に見えるんだとか。
肌を休ませる肌休日。今週末にでも実践してみませんか?

蒸気ケア

20151109hot

お風呂で洗顔後、浴槽の蒸気で顔の毛穴を少しでも開かせてすぐにオールインワンゲルをつけるようにしています。
この方法にしてから洗顔後の突っ張り感があまり気にならなく、肌のもちもち感も続くようになったと思います。(30代女性)

血行が促進されると毛穴が開き、毛穴汚れやくすみ解消につながります。また、肌に刺激が与えられ、コラーゲンを生成するなんてことも…!
お風呂の際に是非取り入れてみてください。

(参考:簡単自宅エステ!すぐできる蒸しタオル美容法が効果的すぎる

手軽に0円で始められる美容法をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
今日から始められるものも多いはず。是非取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク

prBox_img
スキンケア代も節約したい!1日たった50円で美肌になれる化粧品でプチプラでも綺麗に!

この記事に関するカテゴリー

この記事に関するタグ

Special

イマドキ女子にかかせないアイテム「グリーンスムージー」。 野菜不足も補えるし、置き換えダイエットにもいいし、肌ツヤが良くなるし… 女子にとって救世主のグリーンスムージーですが、いろんな商品があってどれを選ぶか迷いますよね

Pick Up

なんだか最近お肌がくすんで見える、日にこんがり焼けた肌をもとの状態に戻したい…。 美白化粧水を使おうと思うタイミングは人それぞれですが、「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」と思って手に取る方が多いと思います。 「美白
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー