• 化粧品白書 > 冬の乾燥にピリオドを。保湿美容液で今日からあなたももちもち肌に 

冬の乾燥にピリオドを。保湿美容液で今日からあなたももちもち肌に

多くの人が気になる冬の「乾燥」
1年中同じスキンケアだと、粉が吹いたり、カサカサしたり乾燥が目立ってしまいがちです。
でもお手入れって具体的にどうしたらいいの?

そんな疑問を解決するのが「保湿美容液」です。
いつものケアにプラスアルファをするだけで乾燥知らずのしっとり肌になれる優れモノなのです!

「でも美容液って高くてなかなか手が出せない…」

そう思っているあなたに、プチプラ美容液の人気商品と効果を紹介しましょう。
プチプラだってしっかり使えば効果は絶大なのです!

冬の乾燥肌を卒業してしっとり潤い肌を手に入れましょう!

冬の美容の大敵、乾燥


冬はお肌がとても乾燥しますよね。
肌が乾燥するのは、空気が乾燥しているからです。
空気中の水分が減って湿度が下がると、それを補おうとお肌からどんどん「水分」が逃げていくのです。

夏と冬ではスキンケア方法を変えるべき?

当たり前ですが夏は気温・湿度が高く、冬は気温・湿度が低くなります。

特に冬は寒さと乾燥で肌の「バリア機能」が崩れがちです。
だから冬は夏と同じスキンケアではお肌を充分にケアができず、肌トラブルを起こすことになるのです。

乾燥をほっておくとどんな影響が?

では、肌が乾燥したまま放置しておくと、どんな影響が起きるのでしょうか。

肌が潤いをなくすと、皮膚の組織が崩れて「シワ」の原因になったり、「たるみ」が起きたり、お肌が硬くなり「くすみ」が目立つことになります。恐ろしいですよね。

乾燥対策には保湿が一番!


肌の潤いが不足すると、深刻なトラブルが増えてしまいます。
潤いを補うために、「保湿」はとても大切なのです。

保湿力の高い成分とは?

肌の保湿に有効な成分にはいくつか種類があります。
それぞれの特徴を説明していきます。

セラミド

セラミドは、元々私たちの皮膚の表皮にある「角質層」に存在する保湿成分です。
分子の量が小さいので、“お肌内部まで浸透する”のが特徴です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、皮膚や軟骨・筋肉を構成している「粘度」が高い保湿成分です。
無数の細胞が、バラバラにならないように維持するとても大切な成分なのです。

コラーゲン

コラーゲンは、体を構成するたんぱく質の一種です。
表皮の下の「真皮」は、ほとんどがコラーゲンから作られています。

人気のプチプラ保湿美容液4選

では、ここで人気のプチプラ保湿美容液4本とその特徴をそれぞれ紹介しましょう。

①メディプラスゲル

メディプラスゲル ¥3,996円(税込)

【公式サイト】

@cosme(アットコスメ)で口コミが多数のオールインワンゲルです。
使い続けることで、お肌の「水分量」がアップしたという声も寄せられています。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンすべて配合!

メディプラスゲルは肌の乾燥に欠かせない保湿成分が全部入っているのが最大の特徴です。
さらに、プラセンタなどの美容成分や美肌の湯とされる温泉水も配合されています。

オールインワン!これ1本で保湿対策OK

メディプラスゲルは化粧水・美容液・乳液・クリームが1つになった「オールインワン」です。

これ1本で保湿化粧品をいろいろとそろえる必要がないのが嬉しいですよね。
朝の忙しい時間や面倒くさがりの方にもピッタリです。

プチプラなのに悪い成分が入ってない!

プチプラ化粧品には、質が悪かったりするイメージもあるかと思います。
しかし、メディプラスゲルにはお肌に必要がない合成着色料や防腐剤、香料などは入っていません。

公式HPを見てみる

②TUNEMAKERS セラミド200

TUNEMAKERS セラミド200 ¥4,752
チューンメーカーズ セラミド配合200エッセンス 高濃度 20ml 原液美容液 [乾燥ケア]

「お肌の悩みに高濃度の1滴」がコンセプトの保湿化粧品です。
お手持ちのスキンケアにプラスして気軽に使えるのも嬉しいですね。

@cosmeでも人気なプチプラ美容液

TUNEMAKERS セラミドは、@cosmeでも高評価で人気です。
プチプラなのに「お肌が内側から潤う」のを実感する方が多くいます
ビックリするほどお肌がしっとりするそうです。

原液美容液だから使い方もさまざま

こちらは、原液の美容液なので化粧品に入っている有効成分のみを直接お肌に届けることができます。
特に乾燥が目立つ部分に「直塗り」したり、「ファンデ」に混ぜてもOKなのです。

③ザ・ダイソー RJローション

ザ・ダイソー RJローション ¥108

出典:@コスメ

100円ショップのダイソーで購入できる話題の保湿化粧品です。
プチプラなのに効果が、「超優秀」なため、今人気になっています。

美容液が108円!ローヤルゼリー配合

天然の保湿成分「ローヤルゼリー」が配合されています。
そのため、お肌の馴染みもよく、使い心地もしっとりしています。

実はさまざまな使い方ができる万能商品

この製品は保湿美容液以外にもさまざまなな使い方ができるのも魅力です。

シャンプーに混ぜたり、タオルドライした髪につけて「アウトバストリートメント」にも使えます。
毛を伸ばす作用もあるので「まつ毛美容液」としても使うことができるのです。

ここが残念!100均のため保湿成分は少量

RJローションは1つだけ残念な点があります。
それは、保湿成分が「少量」しか配合されていないことです。
これは108円という値段を考えれば仕方のないことかもしれません。

④ちふれ化粧品 美容液ノンアルコールタイプN

ちふれ化粧品 美容液ノンアルコールタイプN ¥999
ちふれ化粧品 美容液ノンアルコールN 45ml 45ML

昔からあるプチプラコスメ「ちふれ」の保湿化粧品です。
コスパがよいのも人気の理由になっています。

元祖プチプラ!ヒアルロン酸とトレハロースを配合

数あるプチプラコスメの中でも、ちふれは「元祖」といわれる程、昔から知られています。
ヒアルロン酸とトレハロース配合で、角質層までしっかり届いて内側からしっとり潤い肌に導いてくれます。

お肌にやさしいノンアルコール

化粧品にアルコールが入っていると、アルコールが蒸発して、肌の水分まで奪って乾燥を招く可能性もあります。
こちらは、「ノンアルコール」なので乾燥する心配がなく安心です。

ここが残念!界面活性剤、防腐剤が含まれている

こちらの化粧品の唯一残念な所が、界面活性剤や防腐剤が入っている点です。
お肌が特にデリケートな方の場合は避けたほうが無難かもしれません。

プチプラの美容液を選ぶ際はここに注意点!


プチプラの商品は、価格を安くするため、どうしても肌に悪い成分が配合されています。

そのお肌に悪い代表的な成分が「防腐剤」と、「合成界面活性剤」です。
成分表記はこのような名前では書いていません。
だから、「この商品なら安全だ」と勘違いしてしまう方がとても多いのです。

例えば、次の成分は実は合成界面活性剤と防腐剤になります。

合成界面活性剤

  • グリセリルウンデシルジメチコン
  • 酢酸グリセリル
  • PEG~  など

防腐剤

  • フェノキシエタノール
  • グルコン酸クロルヘキシジン など

プチプラ商品に配合されていることが多い成分名を挙げてみました。
このように、プチプラの美容液には、実はお肌のために避けたい成分が入っている可能性もあるのです。

美肌になるために美容液を使っているのに、実は逆効果だったら笑えないですよね。
だからプチプラの商品を購入する時は、「裏の成分表記」をよく見て購入するように心がけましょう。

一番のおすすめは高品質なのにプチプラのメディプラスゲル!


【公式サイト】

メディプラスゲルは、美容液としての効果も抜群なオールインワンゲルです。

美容成分がなんと「62種類」も配合されています。
お肌の保湿成分として欠かせない「セラミド」、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」も入っています。さらに肌の細胞を活性化させるプラセンタも配合されているのです。

あれもこれもといろいろなスキンケアを試さなくても、これ1本で保湿はバッチリです。

1か月あたりに換算すると「¥1,498」です。
化粧水代、乳液代、クリーム代が浮くと考えるとスキンケア代の大きな節約になります。

そして一番の特徴は、プチプラなのに界面活性剤も防腐剤も全く入っていないということです。
乾燥が特に気になるデリケートな肌の方でも安心して使える美容液です。

効果的な保湿美容液の使い方


ここで、さらに保湿美容液の効果を上げるために、効果的な使い方をお教えしましょう。

美容液をつけるタイミング

実は、美容液をつける「タイミング」も重要です。

ベストなタイミングは、洗顔後タオルドライをして「5分以内!」です。
そして化粧水をつけてから美容液をつけます。

乳液やクリームは、油分が多いので最後につけるようにしましょう。

浸透させるためにハンドプレスをしっかり

保湿美容液をお肌の奥に入れ込むには、ただ塗るだけではダメです。

コツは、しっかりと「ハンドプレス」をすること。
「じわーっ」とお肌内部に美容液を浸透させるように、意識することが大切です。

保湿美容液を使う際の注意点


保湿美容液を使う時には注意するポイントがいくつかあります。覚えておきましょう。

つけすぎないこと

乾燥を補おうとするあまり、美容液をたくさんつけがちですが、それは逆効果です。

実は保湿美容液をつけすぎることで、「乾燥の元」になるケースもあります。
肌が元々持っている皮脂を出す機能を低下させる原因になり、お肌の乾燥につながるのです。
だから、つける量は必ず守りましょう。

使用期限を守る

一般的に美容液の期限は、「未開封で3年」、「開封後は約1か月」といわれています。

使用期限を過ぎてしまうと、雑菌などが繁殖しやすくなり「腐敗」が進みます。
それをお肌につけるなんて、考えただけで恐ろしいですよね。
お肌のトラブルを避けるためにも必ず使用期限は必ず守りましょう。

保湿美容液を賢く使って乾燥知らずに!


冬場は、いつものスキンケアに「保湿美容液」をプラスして保湿しましょう。

化粧水の後に、「ハンドプレス」でしっかりと美容液をお肌に入れ込めば保湿効果も抜群です。
そして、保湿美容液を選ぶ時は、保湿成分や添加物などをよく見るクセをつけて下さい。

保湿美容液を賢く使って、乾燥を撃退しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー