• 化粧品白書 > お悩み別!毛穴の汚れに効果アリな美容液5選 

お悩み別!毛穴の汚れに効果アリな美容液5選

毛穴トラブル対策に、美容成分の濃度が高い美容液を使おうと思っている方もいるでしょう。
しかし、「どんな美容液を使えばいいのか」は正直よくわからない…という方も多いのでは?

毛穴トラブルを美容液で解決しようとするのなら、自分の毛穴タイプを把握し、一番効果の高い成分が配合されている美容液を選ぶ必要があります。

今回は毛穴のタイプ別に取り入れるべき美容成分をはじめ、オススメの美容液や効果の高い使い方についてご紹介します。

毛穴美容液に期待できる効果は?

そもそも、毛穴美容液に期待できる効果は次の3つです。

  • 毛穴を目立たなくさせる
  • 色素沈着や角栓ができるのを予防する
  • 毛穴開きを予防する

毛穴自体を消したり、毛穴そのものの大きさを変えることはできません。
また、黒ずみを取り除くことはできません。

お肌の状態を正常に戻し、毛穴の汚れを目立たなくさせる&予防することが美容液に期待できる効果です。

とはいえ、美容液は美容成分が濃密に含まれているため、化粧水などでのケアよりも早めの効果が期待できます。

毛穴タイプによってオススメの美容液は変わる!

毛穴トラブルと一言で言っても、タイプは数種類あるので、対策もそれぞれ少しずつ異なります。
しっかり効果を出すためにも、自分の毛穴タイプを知り、どんな成分を積極的にとったらいいのか確認しましょう。

詰まり毛穴(黒ずみ毛穴)

  • 毛穴が黒ずんでいる
  • 触るとざらざらする
  • 毛穴の中に白いものが詰まっている

これらの特徴に当てはまる場合は詰まり毛穴のことが多いです。
毛穴パックや洗顔をしても黒ずみがまったく改善されない場合は“メラニン黒ずみ”の可能性があります。

詰まり毛穴の原因

詰まり毛穴は毛穴に汚れや不要な角質が溜まってしまった状態の毛穴です。

原因は乾燥による過剰な皮脂分泌のほか、メイクの残しや洗顔不足による汚れの蓄積です。

詰まり毛穴にオススメの成分

詰まり毛穴にオススメの美容成分は、皮脂分泌を抑えるものを選びましょう。

セラミド、ビタミンC誘導体、ライスパワー、イソフラボンなどがオススメです。

メラニン毛穴

  • 毛穴が黒ずんでいる
  • 触ってもざらつきがなく、なめらか
  • 洗顔や毛穴パックでも治らない

ざらざらしている毛穴の場合は“メラニン(黒ずみ)毛穴”の可能性があります。

メラニン毛穴の原因

詰まり毛穴とよく似ているのがメラニン毛穴ですが、毛穴の周りに色素沈着していることで黒ずんで見えます。

紫外線やお肌への摩擦が原因です。

メラニン毛穴にオススメの成分

メラニンの沈着が原因なので、美白成分と保湿成分を積極的にとりましょう。

ビタミンC誘導体、プラセンタ、セラミド、ヒアルロン酸などがおすすめです。

開き毛穴

  • 肌がべたつく
  • クレーターのような毛穴になっている
  • 洗顔や毛穴パックでも治らない

毛穴が詰まっているわけではなく、ザラザラしていないけど、ポッカリと毛穴が開いている状態です。
Tゾーンなどの、皮脂が多い部分に多く見られます。

開き毛穴の原因

開き毛穴はお肌の乾燥や過剰は皮脂分泌が原因です。
オイリー肌の人に多いですが、インナードライでも起こりやすい毛穴タイプです。

開き毛穴にオススメの成分

皮脂の過剰分泌を抑える成分と、ターンオーバーを整える成分がオススメです。

APPS(高浸透型ビタミンC誘導体)、ライスパワー、セラミドなどが配合されているかチェック。

たるみ毛穴

  • 頬の毛穴が気になる
  • 楕円型、涙型である
  • 肌を持ち上げると毛穴が目立たなくなる

開き毛穴と同じように毛穴が開いているのですが、しずくのような形で開いています。
肌のたるみにともなって、毛穴もたるんでしまった状態です。

たるみ毛穴の原因

たるみ毛穴は加齢によってコラーゲンなどの減少し、お肌がたるんでしまうのが原因です。
30代以降から増え始めてきます。

たるみ毛穴にオススメの成分

たるみ毛穴にはお肌のハリや弾力をサポートする成分が配合されているか確認しましょう。

ビタミンC誘導体、EGF、セラミド、フラーレン、レチノールがオススメです。

オススメの毛穴美容液

それぞれの毛穴にオススメの美容成分を紹介してきました。
どの毛穴にしても、“皮脂の過剰分泌を抑える”、“保湿成分”が必要です。
そこで、これらの成分を含んでいるすべての毛穴に対応できる美容液を編集部でピックアップしました。

※価格は全て税込みです

Remery(リメリー)



【公式HPへ】

料金 4,298円 / 1か月分
皮脂を抑える成分 EPC(ビタミンCとビタミンE配合)
保湿成分 プラセンタ、大豆イソフラボン、ヒアルロン酸Na

リメリーは芸能人も多く利用している毛穴&ニキビ美容液で、口コミも多く寄せられている人気商品です。

医薬部外品にも指定されているので毛穴やニキビへの効果効能も認められています。

朝から1日中皮脂の分泌を抑えるEPCという成分を配合し、プラセンタや大豆イソフラボン、ヒアルロン酸で保湿性を高めています。
黒ずみ、開き、たるみなど、色々な毛穴に対応できる美容液です。

また、お肌への低刺激性にもこだわっており、国内工場での製造の他、合成香料・着色料・鉱物油・パラベン・アルコールが不使用となっています。

一日当たり132円で試すことができ、今なら180日間の返金保証付きなので、お得に試すチャンスです!

公式HPを見てみる

ソワン



【公式HPへ】

料金 4,727 / 1ヶ月
皮脂を抑える成分 ビタミンC誘導体
保湿成分 アーティチョーク葉エキス、プラセンタエキス

皮脂を抑える成分と保湿成分はもちろん、開いた毛穴を収縮させる収れん効果もあるので、様々な毛穴に対応が可能な毛穴専用の美容液です。

また、低刺激性にこだわっているため、合成香料、パラベン、着色料、石油系界面活性剤、鉱物油などは全てフリー。
敏感肌でも安心して使うことができます。

値段は定期コースで申し込むと割引率が高くなり、最大だと40%OFF!
続けやすい価格が魅力です。

公式HPを見てみる

ビーグレン Cセラム



【公式HPへ】

料金 通常:5,076円 / 1ヶ月
トライアル:1,944円 / 7日分
皮脂を抑える成分 アスコルビン酸(ビタミンC)
保湿成分 なし

ほぼビタミンCでできたビーグレンのCセラムは、毛穴はもちろん、たるみ、ニキビ、くすみにもオススメな美容液。

つけた瞬間にじんわりと温かくなるのが新しい感覚です。

色々な肌トラブルに高い効果を持つビタミンCを濃密に配合することで、綺麗なお肌へと導きます。

保湿成分は配合されていないので、クリームや乳液などでしっかり保湿するように心掛けてくださいね。

お値段は少し高めですが、7日分のトライアルセットにも含まれているのでまずはそちらから試してみるのがオススメ!

公式HPを見てみる

ドラッグストアでも買える美容液

先ほど紹介した美容液は全て通販限定での販売です。
とにかく今すぐほしいという方はドラッグストアや薬局など、市販で買える美容液も気になりますよね。

市販で買えるものは1,000円程度で買えるプチプラのものも多くありますが、プチプラのものは美容液といいつつ、水の成分が多い場合もあるため、成分表の確認は忘れないようにしましょう。

今回は市販でも美容液濃度が高いものに絞ってご紹介します。

オバジC10、オバジC20

オバジ C10 セラム 12mlロート製薬 オバジ C20 セラム 15ml 美容液

オバジCは独自技術によりビタミンCを高濃度配合している美容液で、様々な化粧品売り場で販売されています。
長年販売されているので、愛用者も多く、評価も高い美容液です。

10と20の違いはビタミンCの配合量の違いです。
20の方が濃度が高く、シミやニキビ跡も薄くなるといった口コミもあります。

ただ、どちらも成分自体が強いのでお肌に合わず、ヒリヒリしてしまうという口コミも…。
いきなり顔に使わず、まずは手などでパッチテストを必ず行いましょう。
また、オバジCセラムシリーズは香りや使い心地が独特で、苦手と感じるかたも中にはいるそう。

まずは使用感を確かめることをおすすめします。

ダイソー RJローションシリーズ

DAISO プラセンタ美容液DAISO コラーゲン美容液

SNSでも話題になったダイソーのRJローションシリーズ。
100円で美容液が買えると今でも人気ですが、毛穴に効果的な美容成分を選ぶことで毛穴対策にもなるでしょう。

ただ、1つの美容液に対し、主な美容成分は1種類なので、本格的な毛穴ケアをしたいのであれば数種類使う必要があります。
軽い悩みであればこちらの美容液でも大丈夫でしょうが、しっかりケアしたい場合は専用の美容液を使った方が手間もかからないのでおすすめです。

毛穴美容液の選び方

毛穴美容液の選ぶコツは主に3つです。

毛穴に効果のある成分の濃度が高い

毛穴トラブルをよくしたいのであれば、効果的な美容液成分が配合されているのが大前提。
しかし、その濃度が低ければ期待する効果を得ることはできません。

濃度が高いかチェックするコツは、成分表。
最初の方に表示されていればされているほど、濃度が高い証拠です。
というのも、化粧品の成分は配合順に表示するという規定があります(医薬部外品の場合はこの規定がないので一概には言えません)

「これいいかな?」と思った時はまず成分表を確認しましょう。

お肌に浸透しやすい作り

濃度が高くても、お肌にしっかり浸透しなくては効果がありません。
そのため、ナノ化など成分がお肌に浸透しやすいように手を加えている美容液は特にオススメです。

続けやすい価格

お肌の状態を徐々によくする美容液なので、一定期間ケアを続ける必要があります。
なので、継続しやすい価格であることが前提。

とはいえ、美容液は化粧水程たっぷり使うわけではないため、プチプラよりも少し高めのものを選ぶのがベスト。
あまりにも安いものだと成分が凝縮されていなかったりするため効果が期待できない場合もあります。

また、毛穴が気になるヵ所のみ使うのであればさらに使う量は減るので、通常の化粧品よりも高いものを買っても、コスパ的には実はかなりいいものが多数!
5000円~1万円のものがおすすめです。

毛穴美容液の効果を高める使い方


ここからは毛穴美容液の効果をさらに高めるためのコツをご紹介します。
普通に使うよりも効果が出やすくなるので、実践したことがない方は試してみましょう!

毛穴美容液の正しい使い方

効果を高めるためにも、まずは毛穴美容液の正しい使い方をマスターしましょう。

日が当たらないところで保管する

毛穴美容液の保存方法ですが、直射日光が当たらない場所での保管を心掛けましょう。

日の光によって成分の品質が低下し、劣化に繋がります。

化粧水の後に使用する

一般的に、美容液は化粧水と美容液の間に使用するものです。
しかし、配合されている成分によって、より確実に浸透させるタイミングが違ってきます。

化粧品には推奨される使用方法があるので、必ず確認するようにしましょう。

毎日使用する

美容液は一般的には夜に使用するものが多いです。
しかし、毛穴美容液は、普通の美容液と少し仕組みが違うので、朝に使ったほうがよい場合もあります。

日中の保湿効果を高めるだけでなく、薄い膜で肌表面を覆うので化粧ノリがよくなる製品もあるからです。
それぞれの美容液には「正しい使い方」が記載されているはずなので参考にしましょう。

規定量でケアする

毛穴美容液は少し高めの設定のため、もったいなくて少ししか使わない…という方も中にはいるかもしれません。
しかし、それこそが効果がでない原因。
効果をしっかり出したいのであればメーカーが定める規定の量を使いましょう。

使用期限を守る

化粧品にも使用期限があります。
普通の美容液は3か月程度と考えましょう。

しかし、配合されている成分によって、もっと早く使い切らなければならないものもあります。
使用期限は製品によって異なるので、これもしっかり確認しましょう。

効果を高めるためには

正しい使い方をマスターしたところで、効果を高める使い方のコツです。

成分を浸透させるため毛穴を開く

美容液をしっかり浸透させるためにも、毛穴をまずは開いておくといいでしょう。
2つの方法をご紹介します。

洗顔で黒ずみや汚れを除去する

まずは洗顔で毛穴の汚れを落とし、毛穴とお肌自体をキレイにしましょう。
オイルでの毛穴ケアは、角栓や角質を浮き上がらせるものなので、もし毛穴詰まりがある場合は試してみるのもいいかもしれません。

オススメの毛穴洗顔料を知りたい人は次の記事を参考にしてみてくださいね。

しつこい毛穴詰まりをオフ!5タイプの毛穴別おすすめ洗顔料

また、温感ジェルで温めて毛穴をスッキリさせる洗顔方法もおすすめです。

人気のホットクレンジングジェル5つを徹底比較!毛穴レスにおすすめなのは?

ホットタオルで毛穴を開かせる

ホットタオルを使うことで皮膚を柔らかくし、毛穴を開かせる方法もあります。
皮膚を温めることで毛穴が開いていくので、汚れが落ちやすくなり、美容液も浸透しやすくなります。

お風呂などで熱湯に浸して作るのもOKですが、もっと簡単な方法は次の通りです。

ホットタオルの作り方

1.タオルを濡らして絞る
2.レンジで1分ほど加熱する
3.とり出せば完成!温かさが足りないようならさらに加熱する

毛穴をよくするためにできること


毛穴トラブルを予防し、毛穴を目立たなくさせるためには、美容液の他にもケア方法があります。
ここではさらにしっかりとしたケアをしたい方に、+αで行えるケア方法をご紹介します。

控えた方がいい毛穴ケア

まず、毛穴ケアの中でもより毛穴を開かせる原因になってしまったり、お肌への刺激になってしまうケアがあります。
全てダメというわけではありませんが、実践する際は要注意です。

  • 毛穴パック
  • 角栓プレッシャー(コメドプレッシャー)
  • あぶら取り紙の使い過ぎ
  • 手作りパック(重曹やハチミツ、ヨーグルトなど)
  • オイルパック
  • オロナインH軟膏でのケア
  • ニベアでのケア

なぜダメなのか?しっかり理由があります。

毛穴パック、角栓プレッシャー

毛穴パックや角栓プレッシャーはお肌への負担が大きく、頻繁にするのはNGです。
特にお肌の弱い方は控えた方がいいでしょう。
やるにしても2週間に1度など、頻度を決めておこないましょう。

あぶら取り紙

大人の女性のお肌が皮脂を分泌しているのは、乾燥が原因のことが多いです。
あぶら取り紙で皮脂をとりすぎてしまうことで、さらに乾燥を招いてしまうことも…。

そのため、化粧直しの時に使用するのはティッシュなどがおすすめです。

手作りパック

プチプラで家にあるものでケアできると人気ですが、衛生面からしてもあまり良いとはいえません。
逆に肌荒れを起こしてしまう可能性もあるので、行うのであればパッチテストなどを行い、作ったパックはその日のうちに使い切ってしまいましょう。

オロナインやニベアでのケア

オロナインやニベアでのパックで毛穴が目立たなくなったという声もありますが、これらは毛穴ケア用に作られた化粧品ではありません。
ニベアは毛穴ケアに必要な成分が足りませんし、オロナインに関しては医薬品ですので目的が違います。

お肌を守るためにも、無理なケアはしないほうが無難です。

普段のスキンケアでも保湿重視!

毛穴の原因である皮脂の過剰分泌やメラニンの色素沈着、たるみ毛穴のコラーゲンの減少などは、保湿でサポートことができます。

そのため、普段のスキンケアでも保湿を最重視して行いましょう。

オススメはこれ一つだけでスキンケアが完了するコンシダーマルです。

コンシダーマル スキンライズローション ¥2,268


【公式HPへ】

黒ずみ、たるみなど、毛穴にも効果的な成分を多く配合しているコンシダーマル。
6役を担い、導入液、化粧水、乳液、美容液、クリーム、パックなどがこれ1本で完了します。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸はもちろん、ターンオーバーをサポートするノーベル賞受賞成分「EGF」や、プラセンタも配合しています。

また、お肌の水分を逃がさないよう、特殊な技術で膜をはっているので、赤ちゃんのような潤い肌が1日続きます。

低刺激処方にこだわっていて、5つのフリー処方、3つのテストも実施済み。
30日間の全額返金保証付きなので、敏感肌の方でも安心して使うことができます。

公式HPを見てみる

毛穴にオススメの化粧水や収れん化粧水を知りたい方は次の記事も参考になりますのでよくチェック!

毛穴ケアにオススメ!毛穴開きを目立たなくする化粧水9選

毛穴を目立たなくさせる食事

いくらお肌を外からケアをしても、お肌は内側からも作られていくもの。
そのため、体を作り出す日々の食事で毛穴を目立たなくさせる工夫はできます。

特に、揚げ物やスナック菓子など、脂っぽいものは毛穴の角栓が出来やすくなります。

錆びない体を作り出す食材(トマトやニンジンなど)、ターンオーバーを整えてくれる食材(レモンやカボチャなど)を中心に、健康的な食生活を送るように意識しましょう。

毛穴改善のコツは食生活!毛穴のタイプ別おすすめの食べ物でふっくら美肌に!

毛穴を目立たなくさせる生活習慣

スキンケアの他に、毛穴を目立たなくさせるためには普段の生活にも気を付けるべきポイントがあります。

適度な運動

汗をかくことで毛穴がキレイになることもあります。
角栓詰まりの場合は運動することで肌の新陳代謝がよくなり、ターンオーバーを促進することで、角栓が毛穴に詰まりにくくすることができます。

有酸素運動であるウォーキングやエアロビクスなどがおすすめです。

紫外線対策

紫外線はお肌のハリを保つコラーゲンやエラスチン繊維を劣化させるため、たるみの原因になります。

防ぐためには紫外線をカットする日焼け止めや日傘などで対策をしましょう。

【絶対美白】日焼け止め最強オススメ人気ランキング!選び方のポイント

飲むだけで日焼け止め効果のある日焼け止めサプリもオススメです。

【2017年度版】安全性&効果高め!飲む日焼け止めサプリランキング!

睡眠

お肌のターンオーバーを整えたり、皮脂の正常な分泌を促すのに必要なのが睡眠。
夜10時から2時の間はゴールデンタイムと言われ、新しいお肌が生まれる時間とも言われていますよね。

質のいい睡眠は美肌には必要不可欠。
上記の時間に眠るのが難しくても、6~8時間は寝るように意識しましょう。

美肌を作るためには必須!質のいい睡眠をつくる8つのコツ

毛穴美容液で陶器のような美肌をゲット!

毛穴のタイプ別に、毛穴美容液を紹介してきました。
自分の毛穴にあわせて選ぶことで、しっかり効果のある化粧品選びができるようになるでしょう。
正しいケアをしてキレイなお肌を手に入れましょう!

人気の毛穴化粧品をチェック!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー