日焼け止め・UVケア

綺麗なお肌は一日にして成らず。UVケアは一年中気が抜けません。 毎日しっかり日焼け止めは塗っていますか? 紫外線のトラブルは数年後のお肌に影響します。 何年経ってもキレイでいるために、しっかり紫外線対策もしていきましょう。 塗り方のコツやケア方法はここで確認!
新感覚の日焼け止め対策、noUV(ノーブ)。 従来の肌に塗布する紫外線対策から進化して、体の内側から紫外線をカットする日焼け止め商品です。 しかし新しいものって、知らないことだらけで不安もあります。 とくに、飲んで体の中
日差しギラギラの夏本番、大切なお肌を紫外線から守るためにも、日焼け止めをしっかり塗っておきたいですよね。 特に絶対日焼けしたくない方は、ウォータープルーフの日焼け止めで紫外線対策を万全にしておきたいところでしょう。 その
夏の紫外線対策は、女性の必須項目ともいえます。 紫外線は肌の老化を進め、シミのもとにもなるため、どこまで上手にUV対策できるかがポイント。 そんな中、日焼け止めパウダー(UVカットパウダー)が、ここ最近で大注目されていま
年々、夏の紫外線が強くなってきて、女性の紫外線対策への意識も強くなってきています。 紫外線は、肌の保湿成分を壊し、光老化を招き、シミを作りだす怖い存在です。 そんな紫外線をしっかりとカットできるかどうかで、数年後の肌年齢
夏の紫外線対策に必ず必要になってくるものが、日焼け止め。 肌の老化を進行させたり日焼けの原因となる紫外線から肌を守るため、ほとんど毎日日焼け止めを塗っているという人は多数います。 そんな日焼け止めですが、乳液などのミルク
パソコンなどから発生するブルーライトは、目に悪いイメージが強いですよね。 しかし、実はブルーライトは太陽からの紫外線と同じく、肌にも悪影響を与えます。 今回は、ブルーライトからお肌を守る効果のある化粧品をご紹介します。
夏の天敵といえば、日中の紫外線。 肌や髪へのダメージや体内の健康に及ぼす害など、人間にとって紫外線ダメージは大きな負担になります。 そんな紫外線から守ってくれる紫外線予防アイテムといえば、日焼け止めです。 なかでも塗りや
夏の紫外線対策のために、必ず必要になってくるのが日焼け止め。 クリームタイプやスプレータイプなどさまざまな種類が発売されている日焼け止めですが、肌に刺激がある成分が配合されているものは絶対に避けたいところです。 とくに敏
日焼け止めをどういう基準で選んでいますか? 「成分表示を見たって何が違うのかさっぱり分からないし、特徴や中身もみんな同じように思える。」 種類がこれだけあると、かえって自分に合うものが分かりづらいですよね。 そんな迷って
外出するときは紫外線対策として、日焼け止めをするのが当たり前です。 しかし、日焼け止めを塗るのがイヤっていう人もいますよね? それでも、日焼け止めを塗らないと多くの紫外線を吸収してしまうので、塗る必要があります。 特に、
1 2

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー