• 化粧品白書 > ミネラルファンデーションおすすめランキング8!人気も成分も◎ 

ミネラルファンデーションおすすめランキング8!人気も成分も◎

肌に優しいと、口コミでも話題のミネラルファンデーションは、なにかと気になる存在です。

最近は通販だけでなくドラッグストアでも取り扱っており、たくさんの商品があって選びきれない方もいるのではないでしょうか。

そもそも、ミネラルファンデーションは、本当に肌によいのかも、気になるところです。

そこで、オススメのミネラルファンデーションランキングや、そもそもミネラルファンデーションはなにか、選び方や使い方などを、しっかり紹介していきます。

おすすめミネラルファンデーション BEST8

ミネラルファンデーションのなかでも、とくに優秀なミネラルファンデーションを厳選しました。

肌に優しく、化粧崩れをしにくいファンデをみていきましょう。

そんな方のために、口コミで人気かつ評価が高く優秀なミネラルファンデーションを調査してみました。
ぜひ、参考にしてみてください。

第1位 ヴァントルテ シルクファンデーション

ヴァントルテ シルクファンデーション 価格(税込):4,476円
初回価格(税込):3,564円

天然ミネラルとシルクからつくられた、ミネラルファンデーションです。

シルクに含まれる保湿成分「ピュアセリシン」が、肌を乾燥から守り、メイクしながらうるおいをキープします。

パウダーは特殊コーティングされているため、皮脂に吸着し、メイクしてから時間がたっても、テカリやくすみを防ぐため、長時間でも崩れにくいのが特徴。

石油系界面活性剤・紫外線吸収剤・タール・合成香料・鉱物油・シリコンなどが使われておらず、石鹸でオフ出来るほど優しいファンデーションなので敏感肌・乾燥肌の人にもおすすめです。

使用していても、30日間返金保証があるため、安心して試すことができるのも高ポイントといえるでしょう。

ヴァントルテの詳細を見てみる

第2位 エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション

エトヴォス マットスムースミネラルファンデーション 価格(税込):3,240円
トライアルセット(税込):1,944円

主成分がミネラルで、防腐剤・タルク・香料・ワックス・合成着色料は不使用なため「つけたまま寝られる」というほど肌に優しい、ファンデーションです。

エトヴォスの独自技術で、パウダーを保湿コーティングしているため、肌への密着度を高め、乾燥から守ります。
SPF30 PA+++なので、日常の紫外線もしっかりカット。

また粒子が細かいため、ふわっとした軽いつけ心地で、毛穴をカバーするので、陶器のようなつるんとした肌を目指せるアイテムです。

エトヴォスの詳細を見てみる

第3位 レイチェルワイン ミネラルファンデーション SPF27 PA+++

レイチェルワイン ミネラルファンデーション SPF27 PA+++ 価格(税込):3,240円
トライアルセット(税込):1,980円

日本人の肌質や、肌色を考えて作られた国産のファンデーションです。

油分・アルコール・界面活性剤・防腐剤不使用なため、こちらも肌に優しい処方。

クレンジングを使わなくても洗顔料だけで落とせるので、肌に不要なダメージを与えずにすみます

化粧下地が不要なので、時短ができるため、忙しい人にもおすすめです。

レイチェルワインの詳細を見てみる

第4位 オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション

オンリーミネラル 薬用ホワイトニングファンデーション 価格(税込):3,348円
トライアルセット(税込):2,052円
定期(税込):3,014円
20160302-only03

オンリーミネラルファンデーションは、SPF50+ PA+++という高い日焼け止めにもかかわらず、肌に優しいミネラルファンデーションです。

美白有効成分を配合しているため、メラニンの生成をおさえ、シミ・ソバカスを予防します。

肌の刺激になる成分を排除した、肌に優しい処方です。

ミネラルに含まれる光の拡散成分が、毛穴やシミを目立たなく、微粒子パウダーが肌にしっかり密着します。

また化粧下地・コンシーラー・日焼け止め(SPF17PA++)・ファンデーション・フェイスパウダーの5役を1つでこなせる優れものです。

オンリーミネラルの詳細を見てみる

第5位 24hコスメ シルキーエアヴェール ミネラルファンデーション

24hコスメ シルキーエアヴェール ミネラルファンデーション 価格(税込):5,119円
igari-24h

24hコスメシリーズは「24時間落とさなくてもOK!」のキャッチフレーズで有名です。

薄付きだけど高カバー、SPF30 AP+++なので日常の紫外線対策もできます。

24hコスメはファンデーションだけでなく、フルメイクラインが揃っているので、ライン使いをした方にはオススメ。

商品数が多く、定期的にお得な限定セットもあるので、気になる人はチェックしてみてください。

24hコスメの詳細を見てみる

第6位 モイストラボ BBミネラルファンデーション

モイストラボ BBミネラルファンデーション 価格(税込):1,296円
モイストラボ BBミネラルファンデーション 01 (ナチュラルベージュ)

パラベンやオイルを使用しておらず、ミネラル由来成分100%のパウダーファンデーションです。

なんといっても、プチプラなのが魅力的なファンデーション。

またSPF50・PA++++とUVカット効果が高く、紫外線から肌を守ります

第7位MiMC ミネラルクリーミーファンデーション

MiMC ミネラルクリーミーファンデーション 価格(税込):7,020円
【MiMC】ミネラルクリーミーファンデーション SPF20 PA++ (102 ニュートラル)

10種類の天然美容成分と、ナチュラルミネラルパウダーでつくられたクリーミーなファンデーションで、一日中保湿をできます。

高いカバー力と、エイジングケアに優れたファンデーションなので、肌のゆらぎが気になる方にはオススメ。

水や汗で崩れにくく、しっとりとした仕上がりになります。

第8位 メイベリン スーパーミネラルパクトポアカバーロングキープ

メイベリン スーパーミネラルパクトポアカバーロングキープ 価格(参考価格):1,700円
メイベリン SP ミネラル パクト ポアカバー ロングキープ OC1 オークル1

長時間崩れにくい、ミネラルファンデーションです。

両面の専用スポンジを使うと、薄い仕上がりで厚塗り感がありません。

マットで自然な仕上がりになり、しっかりとカバーできるのが人気です。

ミネラルファンデーションってなに?


ミネラルファンデーションは、ミネラル(鉱物)を原料としているファンデーションのことです。

もともとはアメリカの形成外科で、治療中の患者さんでも使えるファンデーションとして開発されました。
そのくらい、肌の負担が少ないファンデーションなのです。

鉱物(ミネラル)が主成分

主に使われているミネラル(鉱物)には、マイカ・酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄などがあります。

ミネラルが原料なので、敏感肌や乾燥肌といった、肌が弱い人でも安心して使うことができるのです。
刺激物が少ないため、ニキビ肌やアトピー肌など肌トラブルが多い人にも向いています。

付け心地は軽く「ファンデを塗っている感」が少ないものが、比較的多いのも特徴といえるでしょう。

また界面活性剤やシリコンなどの、肌に刺激を与える成分を、使用しない商品が多く開発されているため、肌に優しいファンデーションが多いのです。

クレンジングを使わずに、石けんでオフできるファンデーションや、24時間つけっぱなしでも肌への負担が軽いものなどもあります。

パウダータイプが基本ですが、最近はリキッドタイプやプレストタイプなど、幅広く販売されているようです。

ミネラルファンデーションのデメリットは?


肌に優しいミネラルファンデーションですが、デメリットもあります。

カバー力が弱い

ミネラルファンデーションは、一般的なファンデーションと比較した場合、肌に密着して落ちにくくする成分が入っていません。

そのため、カバー力に欠けると感じる人もいるようです。

ミネラルファンデーションだけで、しっかりとシミなどの肌トラブルを隠したい方は、隠したい部分はコンシーラーを使うなど、工夫が必要かもしれません。

なかには、気になるシミ部分にファンデーションを重ね付けすれば、問題ないというものもありますが、大きな痣やタトゥーを消すようなカバー力は期待できないのです。

オイリー肌や混合肌はこまめにお直し

オイリー肌や混合肌の方は、汗や皮脂でムラになったり、ヨレて崩れやすいため、こまめな化粧直しが必要になります。

しかし、こまめな化粧直しは紫外線対策にもなるので、決して損ではありません

プレストパウダータイプなど、コンパクトで手軽に化粧直しが出来るものをひとつポーチに入れておきましょう。

ミネラルファンデーションのよさは素肌感と肌への優しさ


さらっとした軽い付け心地で、厚化粧にならず、素肌感を演出できるのがミネラルファンデーションの特徴です。

また、肌への刺激となる成分が含まれておらず、敏感肌の人でも使える、肌に優しい処方のファンデーションが多く開発されています。

そのため、肌へ負担をかけずメイクを楽しみたい人や、乾燥やべたつきが気になる方、敏感肌の人にはとくにおすすめです。

ホントに付けたまま寝ていいの?

肌に負担が少ないミネラルファンデーションは、「つけたまま寝ても大丈夫」とうたっている製品も多くあります。

確かに、つけたまま寝ても負担はないかもしれませんが、つけっぱなしが肌によいというわけではありません。

毛穴に粉が残らないように、メイク落としのあと、洗顔フォームをしっかり泡立てて洗い落としましょう。

ミネラルファンデーションの上手な選び方はコレ!


上手にファンデーションを選ぶには、コツがあります。

ポイントを押さえて、無駄な買い物を防ぎましょう。

ミネラル以外の成分が入っていないか確認しよう

まずは、成分表示を確認しましょう。

現在、日本ではミネラルファンデーションに、きちんとした定義がありません。

なかには、ミネラルファンデーションとうたっているのにも関わらず、ミネラル以外の成分を多く使っている商品もあります。

商品のパッケージや、公式ホームページの全成分表示を確認して、どんな成分が入っているのかチェックするのが、ファンデーション選びに失敗しないコツです。

ブランドで信頼するのは危険

ネームバリューがあるブランドだと、それだけで信頼性が高いと思いがちです。

ただ、ミネラルファンデーションは、ミネラル以外の成分を入れてはいけないという制限がありません。

だから、ハイブランドでも、ミネラル以外の成分が配合されているものもあります。

かなり有名なメーカーのミネラルファンデーションでも、たくさんの配合物が使われています。

ネームバリューで安心をすることなく、配合成分は、しっかりと調べましょう。

石けんでオフできる

ミネラルだけで作られたファンデーションは、油分が使われていないため、石鹸だけで落とせます。

クレンジングを肌に使うことは、かなり肌にとって負担になるのです。

しかし「ファンデーションを肌に残したままにするよりは、肌によい」からクレンジングをしているにすぎません。

クレンジングの必要がなくなれば、肌への負担はかなり軽減できます。

タイプで選ぶ

ミネラルファンデーションといえばルースタイプ(粉状のタイプ)が主流でした。

しかし、最近はさまざまなタイプのファンデーションが発売されています。

特徴を押さえて、自分に合ったファンデーションを探しましょう。

ルース(粉)タイプ

ルース(粉)タイプとは、さらっとした粉の状態で、固めずに容器に入っているファンデーションのことです。

ファンデーションを固めるための成分などが、入っていないケースが多く、もっとも肌への刺激が少ないタイプだといわれています。

素肌感のある、ふわっとした仕上がりになることが多いです。

パウダータイプ

パウダータイプは粉状のファンデーションを押し固め、コンパクトケースに詰めてあるタイプのファンデーションです。

プレストタイプとも呼ばれます。

ルースタイプと比べると、肌への密着度が高いという特徴があるタイプです。

仕上がりは透明感のあるものから、マットなカバー力のあるものまで、商品によってさまざまです。

リキッドタイプ

液状のファンデーションで、カバー力が高いのが魅力です。

液状なので、美容成分を入れてあるものもあり、メイクをしながら、しっとりと保湿をできるタイプもあります。

のびがよく、しっとりとした仕上がりの製品が多く、毛穴カバーなどに使う方が多いようです。

トライアルキットやスターターキットを有効活用しよう

自分の肌に合うか心配だという人は、まずはトライアルセットやスターターキットを利用してみましょう。

通常価格よりお値打ちに販売されていることも多く、お得に気になる商品を試すことができます

敏感肌の方は、パッチテストを忘れずに。

パッチテストをするためにも、トライアルセットはお得といえるでしょう。

ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーションをオススメする理由

この記事では、ヴァントルテのミネラルシルクファンデーションを、オススメ第1位としました。

石けんでオフできる肌への優しさは、もちろんですが、パフが不器用さんでもかなり使いやすいのが高ポイントです。

よくあるミネラルファンデーションは、ブラシでクルクルするので、慣れるまでムラができることも…

ヴァントルテについてくるエアリーパフは、とても柔らかくフワフワで滑りがよいのが特徴。
粉ムラなく、だれでもササッと塗れるのです。

通常はファンデーション以外に、別途パフを販売しているものですが、初回購入に限りパフも付いてくるので、このチャンスにGETするとよいでしょう。

日本人の肌色に合わせて5色展開のため、自分にぴったりの色を見つけられます。

また、肌に合わなかったら、使用済みでも30日間の返金保証があるのも、安心できるポイントです。

もちろん1位以外の製品も、魅力的なものばかりなので、自分に合った好みの製品を探してみてください。

ヴァントルテの詳細を見てみる

正しく使って、綺麗な肌を演出しよう


メイクをするときにいくつかポイントを押さえれば、ファンデーションのよさを発揮できます。

ぜひ普段のメイク方法とも比べて、チェックしてみてくださいね。

基礎化粧品を肌になじませてから、メイクするとだまにならない

化粧水や美容液、クリームといった基礎化粧品は、ファンデーションを塗る前に、ハンドプレスをして肌になじませるようにしましょう。

叩くのではなく、手で優しく押さえればOKです。

油分や水分は抑えてから

化粧水や乳液に含まれている、油分や水分が肌から引いてからのほうが、きれいにファンデーションを塗れます。

そのため、化粧品が肌になじむまで待つことがポイントです。

もしも時間がないときは、ティッシュオフで対応して、油分と水分を抑えてから塗り始めましょう。

1回に付ける量は少な目

「少し足りない」と思うくらいの量を、一回分とします。

回数を重ねることで、カバー力を調節していってください。

ブラシやパフにしっかりと、なじませる

ブラシやパフの根元まで、粉をしっかりとなじませます。

ブラシの奥まで粉が入り込むことで、肌の上で均一に粉が乗るようになるのです。

ブラシ・パフは週一回洗おう

古いファンデーションがパフやブラシに残っていると、ダマになってしまうことがあります。

また衛生的にもよくありません。

そのため、ブラシやパフは週1回は洗って、清潔に保ちましょう

洗うときは、専用クリーナーがなくても、石けんで洗えます。

しっかり水気を切って、清潔なタオルに乗せて、日陰で干しましょう。

肌に優しいファンデーションを選びたい方にピッタリ


ミネラルファンデーションは、敏感肌や乾燥肌で悩んでいる方や、肌に優しくメイクをしたい方にピッタリといえるでしょう。

肌への負担が軽いのは、長い目でみても、肌にとってよいことです。

しかし、ミネラルが少し含まれているだけでミネラルファンデーションと名乗ることもできます。

しっかり成分を確認して、余計な成分が入っていないかチェックすることが、大切です。

安全性や、肌への乗り方、使いやすさ、続けやすい価格など、チェックポイントはたくさんあるので、まずはトライアルセットや初回購入で割引されるものを使用するとよいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー