肌の悩み

シミ、シワ、ニキビ…。思春期からはじまって適齢になればエイジングサインと、肌の悩みは尽きません。だからこそ、肌のコンディションを見極めて素早くケアしてあげることが大切です。あなたの悩みにこたえるために、とっておきの商品やケア方法をご紹介させていただきますね。
赤ら顔が気になって、治したいけれど、 「どうすれば治るかわからない」 「できるだけお金をかけずに自分で治したい」 という方は、非常に多いようです。 赤ら顔というだけで恥ずかしく、自分に自信がもてない状態になるのは、なんと
20代の女性は、社会人になってからの生活環境やライフステージの変化、仕事によるストレスなどで肌トラブルが増えがちです。 以前は「25歳がお肌の曲がり角」といわれていましたが、現代は「10代からメイクを始める女性が増え、お
体や手の乾燥対策として使われるワセリン。 ドラッグストアや通販で、お手頃価格で購入できます。 そんなワセリンですが、医療用に処方されるほど安心で、顔にも使える万能アイテムだったのです。 今回は、そんなワセリンについて使い
丁寧にスキンケアをしているのに、「顔の赤み」「頬などのかゆみ」「ヒリヒリする」「化粧水がしみる」などの悩みをもつ方がいるようです。 これらは「乾燥」が原因の肌トラブルである場合が多く、冬だけではなく1年中の悩みになること
文字通り顔が赤くなる「赤ら顔」に悩む方は、結構多くいるようです。 赤ら顔にはいくつか原因があり、今回はそのうちのひとつ、ニキビによる赤ら顔について原因や対策をまとめています。 ニキビによる赤ら顔の改善をするにあたり、原因
一年中肌が乾燥して、化粧品を使うとヒリヒリと痛むという女性が増えています。 ライフスタイルの変化などによって乾燥肌になりやすい昨今、自分の肌質にあったスキンケア商品を選ぶことはとても大切です。 しかし、毎日のスキンケアに
1年中コンシーラーを使って肌色をカバーしないといけないほど赤みがあったり、寒くなって肌が乾燥すると、顔に赤みが出たりと、赤ら顔のタイプはさまざまです。 その多くの原因に対して効果的な成分は、セラミドです。 オススメのセラ
頰や小鼻の周り、おでこなどが赤くなってしまう赤ら顔は、赤みがなかなか引かないので、メイクでも隠しにくく憂鬱になりがちです。 赤ら顔のケア方法は化粧水やクリームのほかにも、洗顔が大きなカギを握っています。 ひととおりケアを
「熱があるわけではなのにいつも顔がが赤い」 「赤ら顔を隠すために厚化粧になってしまう」 こんな悩みを持って、困っている方にとって、顔の赤みはなんとかしたいものです。 そこで「肌が赤いせいで、自分に自信が持てない」という人
顔が赤くなった状態の、赤ら顔は「一瞬だけならともかく、ずっと赤いままだと恥ずかしい」と感じる方が多いようです。 メイクでなんとかしたいけれど、 「なかなかカバーできない…」 「カバーしようとして厚塗りになってしまう…」
1 2 3 4 32

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー