肌の悩み

シミ、シワ、ニキビ…。思春期からはじまって適齢になればエイジングサインと、肌の悩みは尽きません。だからこそ、肌のコンディションを見極めて素早くケアしてあげることが大切です。あなたの悩みにこたえるために、とっておきの商品やケア方法をご紹介させていただきますね。
敏感肌で「肌が荒れやすい」といった肌の悩みを抱える人は、少なくありません。 とくに、空気が乾燥しやすい冬は症状が重くなる人もいるでしょう。 ではなぜ、敏感肌になってしまうのでしょうか。 敏感肌の原因や、改善方法を細かくま
「乾燥して全身がかゆい」 「粉を吹くほど肌が乾いている」 「肌がボロボロ、皮がむけて痛い」 乾燥がまねくさまざまな皮膚トラブルは、1年中おこります。 とくに、外気にさらされている顔は念入りにケアをしていても、体の乾燥肌対
産後に感じる変化にはいろいろありますが、だれにでも起こりやすいのが、肌荒れです。 とくに「乾燥」と「かゆみ」に悩まされているママは、とても多いようです。 「顔がかゆくてガサガサ、くすみもひどい」 「いつもと同じ基礎化粧品
顔の頬や鼻の周りなどに赤味をおびてしまう赤ら顔ですが、解決策がわからずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 とくに女性の場合は、ファンデーションで隠すなど、メイクで対策している人もいるでしょう。 一時的な対策であれ
「なんとなく肌が乾燥してヒリヒリしたり、赤くなったりする」という悩みを抱えている方は多くいるようです。 なんらかの原因で、肌のバリア機能が低下すると、刺激を感じやすくなります。 これが、敏感肌といわれるものです。 敏感肌
敏感肌は、肌のバリア機能が低下し、乾燥肌が悪化している状態です。 そのため、効果的なケアをすると、改善につながります。 しかし過剰なスキンケアは、肌に負担がかかり、新たな肌トラブルを招く可能性があるのです。 敏感肌の人こ
「季節の変わり目になると、とくに肌が荒れやすい」と悩みを抱えている女性は、多いようです。 季節の変わり目は、さまざまな刺激で肌が敏感になります。 肌が敏感になると、いつも使っている化粧品が合わなくなったり、刺激を感じるケ
敏感肌は、少しの刺激でも、赤みや炎症などのトラブルが起きやすいため、乳液選びはけっこう難しいものです。 今回は、肌にやさしく保湿力の高い、敏感肌の方にオススメな乳液10選をお届けします。 乳液の選び方や、正しい使い方と一
シミやそばかすなどを、ポイントで隠すために使うのがコンシーラーです。 ファンデで隠そうとすると、厚塗りになって化粧崩れが起こりやすく、肌にも負担になってしまうため、オススメしません。 とはいえ、コンシーラーでも乾燥肌だと
肌のうるおいやハリを保つために、必要な天然保湿成分であり、注目を浴びているセラミド。 実は、クレンジングのときに減ってしまうこともあるんです。 セラミドが減ってしまうと、多くの女性の悩みでもある乾燥や肌のシミ、しわ、たる
1 2 3 4 36

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー