肌荒れ

ちゃんとケアしているはずなのにお肌が荒れている。毎日忙しくて肌荒れが治らない。 そんな大人女子の皆さんに。 肌荒れは「カサカサする」「赤くなる」「かゆみがある」「ニキビができる」「くすんでいる」「毛穴が開いている」状態が主な症状で、それぞれに対策法があります。 スキンケアを見直して健康的な食事を摂ること。まずそれが美肌への第一歩です。 さらに詳しく知りたい人は記事をチェック!
出産後のママの生活は常に赤ちゃん中心、自分のことは後回しになってしまいがちです。 そのため、気が付いたら肌荒れがひどい…ということもあるでしょう。 産後は体の調子も万全ではないため、肌荒れが起こるのは普通の現象です。 赤
本当なら、肌を健やかに導くために日々使っているはずの化粧水。 それなのに使えば使うほど肌がヒリヒリ、カサカサ、おまけにニキビがポツポツと…。 「毎日ケアしている意味って何!?」 なんて、思わず叫びたくなってしまいますよね
通勤電車の窓に映った自分の顔を見て、愕然としたことはありませんか? 年齢とともにハリがなくなってくると、たるみで目元や口角が下がって見えます。 しかし、しわやたるみは年齢にあった化粧品を使ったり、ケアをすることで目立たな
ニキビは顔のどこにでもできますが、眉毛やこめかみにできてしまうと大変! 毛に邪魔されて、なかなかケアがしにくいですよね。 眉毛やこめかみのニキビは、実はかなり身体の不調を訴えている状況。 これ以上ひどくならない内に、身体
つい最近まではなかったはずのニキビ、肌のカサつき、ベタつき。 いつもと違う肌を見て「どうして!?」と慌てるよりも「あぁ、やっぱり」となぜか納得…。 誰に言われたわけでもないのに心当たりを覚えてしまうのは、自分の体だからで
ブラシで髪をとかしていると、突然チクッと刺すような痛み。 気になるところを見てみたら、頭皮にポツンと赤いニキビができていたことはありませんか。 「できやすい体質だから」「勝手に治るから」…。 その考え方は赤信号。 原因を
人によって形も生え方もちがう、眉毛。 顔の印象を決める眉毛は、抜いたり剃ったりして、常に綺麗に整えておきたい箇所です。 そんな眉毛が、かゆくなってしまったことはありませんか? 眉毛は毛が多いため皮膚を直接掻くことはできず
今大人気の美容オイルと言えば、無印良品のオイルシリーズ。 特に人気が高いのは、低刺激かつさまざまな用途で使えるホホバオイルです。 美容感度の高い女性であれば、一度は使ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、実際に使
スキンケアにかかせないアイテムの乳液。乳液は、化粧水で与えたうるおいを乾燥しないようにふたをする重要な役割を果たしています。 しかし、何を使っても肌に合わない、もしくは荒れてしまったという方は多いのではないでしょうか。
繰り返す生理前の肌荒れ あごやおでこ、こめかみにまでニキビができて、自分の姿を鏡で見ると溜息が出ます。乾燥による痒みや、日頃使用している化粧品が肌の刺激になるのも悩みの種です。 生理に関わらず綺麗な肌でいたいですよね。こ

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー