シミ・くすみ

気が付くと顔にできていたシミやくすみ。「あれ?いつのまに?」なんて思った経験をされた方は多いと思います。

シミ・くすみといっても実はいろいろな種類があり、それぞれ解決方法や予防などが変わってきます。このカテゴリでは、いろいろな観点からシミやくすみを改善していけるような情報を紹介していきます。

「歳だから…」なんて諦めないで、何歳になっても透き通るようなお肌を目指してスキンケアをしていきましょう!

年齢を重ねると増えてくる肌トラブル。 その中で最も悩む方が多いとも言えるのが「シミ」です。 シミの原因として“紫外線”は代表的ですから、なるべく避ける努力をしている方が多いと思います。 しかしどんなに家にいたくても、お仕
年齢と共にだんだん増えたり目立ったりしてくるシミ。 30代頃から気になるようになった方も多いのではないでしょうか。 増える肌トラブルの中でもシミは女性を悩ませますよね。 シミは若い頃と同じスキンケアでは不十分なため、美白
シミは、女性にとって悩む方が多い肌トラブルです。 シミを薄くするため美白の努力をしても、なかなか薄くならなず困っている方が多いようです。 気になるシミやソバカスを隠そうとしても「なんだか厚塗りになって、化粧崩れがひどい」
ライフスタイルの一部として楽しむスキンケア。 それは女性らしさをグンと引き立てるエッセンスです。 いつまでも美しくあるために、スキンケアを「趣味」に加えてみませんか? 美容と末永く付き合いたいあなたへ、とっておきの商品と
50代は肌の曲がり角。 女性ホルモンの減少に伴い、シミやシワといった悩みがドッと現れやすくなります。 ですからスキンケアのポイントは「今の肌をキープする」こと。 いくつになっても美しさを追い求められるのは、女性ならではの
30代になってなんだか肌の調子がよくないという人いませんか? 30代は10代、20代と違って肌トラブルが起こりやすくなります。 お手入れの仕方によって40代以降の肌の状態も差が出てくるともいわれる30代。 でも何から手を
通勤電車の窓に映った自分の顔を見て、愕然としたことはありませんか? 年齢とともにハリがなくなってくると、たるみで目元や口角が下がって見えます。 しかし、しわやたるみは年齢にあった化粧品を使ったり、ケアをすることで目立たな
自分のクマの種類は?タイプをチェック! クマには青クマ・茶色クマ・黒クマと3つのタイプがあります。 まずは自分がどのタイプのクマなのか、確認しましょう。 確認方法 目の下の皮膚を下に引っ張る(あっかんべーの状態) 鏡を持
【b.glen(ビーグレン)】とは? 肌の悩みは人それぞれですよね。 b.glen(ビーグレン)では8つのプログラムの中から、自分の悩みに合ったセットを選んでケアすることができます。 特に3、40代は肌の衰えを感じる年代
ほほ骨やこめかみのあたりに薄い茶色のシミが広がる症状、肝斑(かんぱん)。 なじみのない言葉でしたが、テレビCMで使われて一気に認知度と関心が高まり、気になるという方が増えてきました。 肝斑は30歳過ぎから現れるとされてい
1 2 3

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー