シミ・くすみ

気が付くと顔にできていたシミやくすみ。「あれ?いつのまに?」なんて思った経験をされた方は多いと思います。

シミ・くすみといっても実はいろいろな種類があり、それぞれ解決方法や予防などが変わってきます。このカテゴリでは、いろいろな観点からシミやくすみを改善していけるような情報を紹介していきます。

「歳だから…」なんて諦めないで、何歳になっても透き通るようなお肌を目指してスキンケアをしていきましょう!

ライフスタイルの一部として楽しむスキンケア。 それは女性らしさをグンと引き立てるエッセンスです。 いつまでも美しくあるために、スキンケアを「趣味」に加えてみませんか? 美容と末永く付き合いたいあなたへ、とっておきの商品と
50代は肌の曲がり角。 女性ホルモンの減少に伴い、シミやシワといった悩みがドッと現れやすくなります。 ですからスキンケアのポイントは「今の肌をキープする」こと。 いくつになっても美しさを追い求められるのは、女性ならではの
シミ、シワ、たるみ、乾燥、ほうれい線…。 急激に気になりはじめたのは、30代になってからではないですか? 30代は、体や肌が大きな変化を迎える年齢。 これまでのスキンケアは通用しません。 とはいえ妊娠・出産を考えれば、ス
通勤電車の窓に映った自分の顔を見て、愕然としたことはありませんか? 年齢とともにハリがなくなってくると、たるみで目元や口角が下がって見えます。 しかし、しわやたるみは年齢にあった化粧品を使ったり、ケアをすることで目立たな
20代になって今までの化粧水やスキンケアが合わなくなった…。 今まで使っていた化粧品では肌トラブルが防げなくなった。 そんなことはありませんか。 20代はお肌の曲がり角とも言われ、10代の頃とは違う肌トラブルが起きます。
自分のクマの種類は?タイプをチェック! クマには青クマ・茶色クマ・黒クマと3つのタイプがあります。 まずは自分がどのタイプのクマなのか、確認しましょう。 確認方法 目の下の皮膚を下に引っ張る(あっかんべーの状態) 鏡を持
【b.glen(ビーグレン)】とは? 肌の悩みは人それぞれですよね。 b.glen(ビーグレン)では8つのプログラムの中から、自分の悩みに合ったセットを選んでケアすることができます。 特に3、40代は肌の衰えを感じる年代
ほほ骨やこめかみのあたりに薄い茶色のシミが広がる症状、肝斑(かんぱん)。 なじみのない言葉でしたが、テレビCMで使われて一気に認知度と関心が高まり、気になるという方が増えてきました。 肝斑は30歳を過ぎたアジア女性に多い
年齢を重ねるごとに、肌の悩みは増えていくばかり。 そのなかでも紫外線によって日常的に増えていくシミは、なかなか改善することの難しい肌の悩みの1つです。 しかし、シミができる原因は紫外線によるものだけではありません。 まず
日焼け対策をしていたつもりでも、顔や体にいつの間にか出来ているシミ。 1つでも見つけたら、憂鬱になってしまいますよね。 そんな今回はシミが出来るメカニズムや原因、シミの種類を徹底解説します! この機会にシミを正しく知って
1 2 3

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー