シワ・たるみ

鏡を見たときに発見すると思わずため息をつきたくなってしまうシワやたるみ。 このエイジングサイン、実は加齢のせいだけではないことをご存知ですか? 姿勢や表情のくせなども原因に挙げられますが、意外と知られていないのが、甘い物の食べすぎによる「糖化」という現象が原因のこともあるのです。 「糖」は人間にとって必要なエネルギーですが、過剰に摂り過ぎるとタンパク質と結びつき、強力な老化促進物質をつくってしまうのです。 この「糖化」は肌にたるみやシワを引き起こし、さらにすすむと美容面だけではなく、健康面でも重大なトラブルが引き起こされてしまいます。 美容と健康のために甘い物の摂り過ぎには日ごろから気をつけておきたいですね。
美容に関心の高い方は、美容成分「レチノール」を耳にしたことがあるでしょう。 しわやしみへの効果があるエイジングケア成分として、注目を集めています。 一方、レチノールは効果が高いぶん、肌トラブルや副作用も報告されています。
世の女性達を老け顔に見せる憎きしわ! なんとかしたいと皆さん思ってらっしゃるのでは? できることならなるべく簡単な方法で消せないものか? 1度できてしまったしわは、残念ながら完全に消すことはできません。 しかし簡単なスキ
小鼻の脇から口元へ向かうエイジングの象徴、ほうれい線。 一気に老けた印象を与えてしまうため、できるだけ目立たなくしたいシワのひとつです。 ほうれい線は年齢を重ねて現れるのではなく、実は20代のお肌にも見られるのです。 ケ
50代は肌の曲がり角。 女性ホルモンの減少に伴い、シミやシワといった悩みがドッと現れやすくなります。 ですからスキンケアのポイントは「今の肌をキープする」こと。 いくつになっても美しさを追い求められるのは、女性ならではの
顔のたるみは、エイジングのお悩みの中でも代表的なものの1つ。 なかでも頬のたるみは、フェイスラインに直結するのでとても深刻です。 口角が下がってブルドッグ顔になったままでは、表情も沈んでしまいますね。 今回は、エクササイ
鏡を見ると小ジワやホウレイ線が目立っている。 自分ってこんなに老けていたっけと愕然としてしまうことありませんか? 昨日まですべすべだった肌に、ある日突然シワが表れてくることだってあるのです。 シワは放置することが何よりい
シミ、シワ、たるみ、乾燥、ほうれい線…。 急激に気になりはじめたのは、30代になってからではないですか? 30代は、体や肌が大きな変化を迎える年齢。 これまでのスキンケアは通用しません。 とはいえ妊娠・出産を考えれば、ス
通勤電車の窓に映った自分の顔を見て、愕然としたことはありませんか? 年齢とともにハリがなくなってくると、たるみで目元や口角が下がって見えます。 しかし、しわやたるみは年齢にあった化粧品を使ったり、ケアをすることで目立たな
加齢とともに、目元にはしわやたるみが増えてきます。 そしてしわやたるみは、見た目年齢を大きく左右するものです。 とくに目元は目立つ場所なので、目元がピンとしているか、たるんでいるかで印象に大きく差がついてしまいます。 そ
「乾燥肌だから、人一倍スキンケアには気を遣っています」という人も多いですが、実は気を遣ってやっているスキンケアこそ、乾燥肌を助長している可能性もあることを感がたことがありますか? 肌に良いスキンケアに思えるあなたの習慣、
1 2 3 4

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー