• 化粧品白書 > 保湿化粧品トライアルセット人気ランキング 

保湿化粧品トライアルセット人気ランキング

20151105-hoshitsu-top

保湿化粧品を選ぶ際の2つの成分に注目!

①セラミドが配合されているものを選ぶべし!

20151104-hoshitsu023

保湿に欠かせない成分のひとつがセラミド。
セラミドはもともと肌に備わっているもので、セラミドが不足してくると肌が乾燥してきます。
肌内部の潤いを整え、そして外からの刺激をバリアする働きもあります。

②ヒアルロン酸が配合されているものを選ぶべし!

20151104-hoshitsu024
肌の奥に水分を蓄える働きがヒアルロン酸。
これがなくなると肌にハリがなくなりニキビや黒ずみ毛穴などの肌トラブルも起こします。
セラミドとヒアルロン酸を掛け合わせるとより効果的に保湿力アップ!

【ここにも注目!】ライスパワーNo.11の成分

肌が自分でセラミドを作り出してくれるのが“ライスパワーNo.11”。
その名の通り、お米のエキスを抽出した成分なので安心してつけることができます。そしてライスパワーNo.11は水分保持能が改善されると厚生労働省から認可された成分なのです!

保湿化粧品トライアル人気ランキングBest5

第1位/アヤナス(decencia)

ay_3102-2

価格(税込) ¥2,700 → ¥1,480円
内容量(日数) 約10日間分
  • セラミド&コラーゲンが両方配合!保湿化粧品の中でもダントツの人気商品!
  • 敏感肌、乾燥肌の肌用に開発されたスキンケア。だから安心して使える!
  • 肌に合わなければ全額返金OK!(30日間以内)
アヤナスの特徴

どの保湿化粧品を使ってもダメだった、という方はコレ!敏感肌の方用に作られたアヤナス!
美容液のような濃密は化粧水、肌の奥深くまで浸透する美容液、冬でも安心のバリア機能抜群のクリームの3つで、うるおいある肌へと生まれ変わります!
>>>レビューを見てみる

第2位/つつむ(decencia)

tsutsumu-top

価格(税込) ¥1,470
内容量(日数) 約14日間分
  • アヤナスの姉妹ブランド!20代向けの保湿化粧品!
  • セラミド&ヒアルロン酸を含む成分に申し分ないスキンケアセット
  • セット内容充実の10種類!いろいろ試せるのがうれしい♪
つつむの特徴

とろみのあるローションの後にセラミドたっぷりの保湿クリームをつけることでバッチリ保湿が可能です!
その他にも、スキンケア効果のあるクレンジングや、肌をやわらかくしてくれる洗顔石けんなどもトライアルセットについてきます。
乾燥しやすい秋冬も怖くない、つつむのスキンケアは20~30代に人気です!
>>>レビューを見てみる

第3位/ヒフミド(小林製薬)

hifmid-top

価格(税込) ¥980
内容量(日数) 約1週間分
  • ヒト型セラミドを配合。肌にしっかりと浸透してくれるスキンケアです。
  • しっかりと保湿しているけれどベトつきもなし!朝も夜も使いやすい!
  • 大手製薬会社が開発したから安心のスキンケア
ヒフミドの特徴

ヒフミドには、ヒト型セラミドのⅠ、Ⅱ、Ⅲが配合されています。それらの成分が肌に直接働きかけ、乾燥による肌トラブル(小じわ、粉ふき、毛穴、ニキビなど)を予防できます。
高保湿の化粧水&クリームで乾燥知らずの肌に!
>>>レビューを見てみる

第4位/米肌(KOSEプロビジョン)

keana-maihada

価格(税込) ¥1,500円
内容量(日数) 約14日間分
  • セラミドを作り出す“ライスパワーNo.11”配合の、KOSEの人気商品!
  • 使用されている成分は全て口に入れても害がないもの。低刺激処方だからどんな肌の人でも安心!
  • 女性雑誌、美容雑誌に多数掲載!乾燥が気になってくる30代からの女性に大人気
米肌の特徴

米肌自体にセラミドは入っていません。しかし、セラミドを自ら作り出してくれる成分のライスパワーNo.11が配合されています。年齢とともにセラミドが減少してくる肌に対して肌自体を強く育てていくことが大切。
そうすることで今後何年たっても肌トラブルがない、乾燥知らずのお肌を保つことができるのです!
>>>レビューを見てみる

第5位/ビーグレン(ビバリーグレンラボラトリーズ)

THMC

価格(税込) ¥1,944
内容量(日数) 約7日間分
  • 角質の奥まで成分を浸透させる独自のテクノロジーで効果抜群!
  • タレントの安田美沙子さんも絶賛!雑誌の登場も多い実力派
  • 365日間返金保証付きだから安心
ビーグレンの特徴

どんな肌の悩みにも対応できる万能のビーグレンは保湿も抜群!
ビーグレンにセラミドは含まれていませんが、ヒアルロン酸やコラーゲンが含まれており、保湿効果が期待できます。
角質の奥まで浸透する独自テクノロジーでしっかりと成分をお肌に閉じ込めます。

購入する

あなたにピッタリの保湿成分は?スキンケアの基本を5分で学ぶ!

肌の美しい女性

スキンケアをするにあたって『保湿』は基本!
保湿をするためにスキンケアを行うといっても過言ではありません!

でも、数あるスキンケア商品が配合している保湿成分、どこがどう違うのでしょうか?
保湿成分の代表格である「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」についてを詳しく解説します。

・今まで保湿を意識していなかった人
・保湿は考えているけど成分までは意識していなかった人
・今の化粧品で本当に大丈夫かな?と不安に思っている人

スキンケア商品を選ぶにあたっての基礎知識になり、良い保湿化粧品を選ぶポイントになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

ヒアルロン酸とは(特徴、性質、働き)

ヒアルロン酸とは 皮膚の奥のほう「真皮」の部分で水分を抱えもつ働きをしている成分。
その水分保持能力はたったの1gで6000mlの水分を保持できるといわれ、その能力の高さから保湿成分として多くのスキンケア商品に配合されるようになった。

真皮で水分をしっかりと保持してくれているうちは、弾力ある肌やみずみずしい肌といった若々しい肌作りに役立ってくれていますが、加齢とともにヒアルロン酸は減少していき若々しい肌が保てなくなっていきます。

ヒアルロン酸が不足するとどうなる?

加齢とともにヒアルロン酸が不足しがちになると、肌の水分量が低下することからシワ、シミ、毛穴の目立ちといった肌の劣化が目立つようになっていきます。

また、大人になってからのニキビは肌乾燥からくるものが多いので、そんな肌トラブルの原因にもなりがちです。

ヒアルロン酸を摂取する方法

ヒアルロン酸は分子が大きいので、皮膚の一番奥の真皮まで届けるのは難しい成分です。スキンケア商品で補いたい場合は、浸透性の高い低分子のものを選ぶようにしましょう。

ただ、真皮まで届かずに角質層で留まったとしても、角質層内で水分を保持することで水分の蒸散を防ぐ効果が期待できます。

また、さまざまな食品からも摂取が可能ですが、やはり分子が大きいために吸収が難しいといわれています。
そこで注目したいのはサプリメント

「低分子化ヒアルロン酸」「ナノ化ヒアルロン酸」といった、より吸収しやすいサプリメントで摂取するのが一番効率的です。

コラーゲンとは

ヒアルロン酸とは(特徴、性質、働き) たんぱく質の一種。筋肉の構成などとは異なって「細胞同士を結合させる」という働きを背負っている。
つまりコラーゲンが減少すると結合力が衰えるということになる。

真皮や骨、歯、血管など、体中のあらゆる部分に存在しながら、細胞の結合という大事な働きをしているので、コラーゲンの減少はそのあらゆる部分の劣化を意味するので大問題です!
特にスキンケアで大事な意味をもつのは「真皮」の部分。
真皮とは肌の一番奥の部分にあたり、この部分の結合力が衰えて細胞が下がってしまうと、肌が垂れ下がってしまいます。

肌だけではなく、体全体に必要なコラーゲンですがピークは20代までで、40代になるとその量は約半分ほどになってしまうといわれているんです。
20代を過ぎたらコラーゲンを意識的に取り入れていかないと、どんどん肌が劣化していってしまいます。ただし、たんぱく質は肌に浸透させにくいうえ、コラーゲンは分子が大きいので真皮まで届けるのが難しい成分といえます。

コラーゲンが不足するとどうなる?

コラーゲンは細胞の結合だけでなく、網目状の構造をしていて水分や油分を抱え込む働きもしています。
真皮の約70%はコラーゲンで構成されていて、水分を保つことで弾力効果、つまり「肌のハリ」を生み出しています。そのコラーゲンが不足していくと、結合力が衰えるだけでなく水分も抱えることができなくなっていき、肌はダルンダルンと垂れ下がっていくばかりか、ハリとうるおいも失われていってしまいます。

コラーゲンを摂取する方法

分子が大きく、真皮まで到達するのが難しいコラーゲンをスキンケアで外側から取り入れるならば、なるべく分子が小さい「低分子」「ナノ化分子」などを選択するのが効果的です。
代表的なもので「ペプチドコラーゲン」「マイクロコラーゲン」などがありますので、商品を選択するときの参考にしてください。

また、体の内側に取り入れたコラーゲンは真皮の形成に使われるので、積極的に経口摂取も心がけたいところです。
豚足やフカヒレといったゼラチン質のものが代表的ですが、最近ではさまざまなサプリが発売されていますので、それらをうまく利用してコラーゲン不足を補っていきましょう。

セラミドとは

ヒアルロン酸とは(特徴、性質、働き) 角質層の中にある細胞間脂質のこと。角質層は皮膚の一番外側にある層で、外部刺激からのバリアや水分を逃がさないための働きといった、肌の中でも最前線といえる重要な役割をもっている。

この角質層は、何層もの角質細胞がつながりあって構成されているわけですが、つなぎ合わせる働きをしているのが細胞間脂質、つまりセラミドということになります。
バリア機能や保湿機能といった、肌にとって重要な役割をもっているセラミドですが、やはり加齢や外部刺激によって減少し続けていきます。

セラミドが不足するとどうなる?

セラミドが水分や油分を抱え持つことで、角質細胞はしっかりとした層となって外部からの有害な刺激から肌を守っているわけですが、セラミドが減少すると角質層の中は隙間だらけになってしまい外部刺激が入り放題になってしまいます。
急激な乾燥肌や、肌が敏感になって荒れやすくなったりした場合は、セラミドを補充してバリア機能を高めるのが効果的といえるでしょう。

セラミドを摂取する方法

セラミドは皮膚の奥のほうである「真皮」で働くヒアルロン酸やコラーゲンよりも、皮膚の外側にある「角質層」で働いている成分なので届けやすい、つまり効果が得られやすい成分といえます。

スキンケア商品で外側からでも十分補充していけるので、最近ではセラミド配合のスキンケア商品が充実していて人気となっています。
セラミドにもさまざまな種類があるのですが、「動物性セラミド」「ヒト型セラミド」などが即効性があり、短期間でも効果が実感できるのでオススメです。

また、肌のターンオーバーを整えることでセラミドの生成が促されるので、睡眠をしっかりとるなどの生活習慣の見直しでもセラミドの量を増やすことができます。
セラミド配合のスキンケア+睡眠でしっかりとセラミド不足を解消するようにしましょう。

自分に合った保湿化粧品で乾燥知らずに!

いかがでしたか?「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」は肌の保湿、若々しい肌作りに欠かせない成分です。
もともとは体内にたっぷりとあった成分ですが、加齢とともに減少してしまう分をしっかりと補っていかなくてはいけません。

自分の肌にはどの成分が足りていないかな?と肌に相談しながら、積極的に保湿成分を取り入れていきましょう!

これであなたもセラミドデビュー!セラミドの種類がまるわかり!

20151105-hoshitsu06

肌の保湿はスキンケアの基本中の基本。そんな中でどんな保湿成分を選ぶべきなのかは悩みどころですよね。
「セラミド」は保湿を目指す女性にとっては1番の注目株!スキンケア商品を選ぶときに、セラミド配合かどうかを気にかけている人がどんどん増えています。
それもそのはず、肌への浸透が難しいコラーゲンやヒアルロン酸とは違い、皮脂膜のすぐ下にある角質層で保湿の働きをするセラミドは、外側からのアプローチとしては他のどの成分より効果が期待できます!

さて、そんな保湿効果バツグンのセラミドですが実はいくつか種類があるので、今回はその特色についてをまとめてみました。
1口にセラミドといっても種類によって特徴が違ってくるので、自分に合ったセラミドを選び、より高い効果を目指していきましょう!

天然セラミド(動物性、植物性)

まずは保湿効果の高さで人気の天然セラミドですが、「動物性セラミド」と「植物性セラミド」の2種類があり、同じ「天然」でも特色が大きく違います。

植物性セラミドは米や小麦といった身近な食材から抽出したものもあり、また「植物」というキーワードが親しみやすくもあります。
ただ、動物性セラミドと比較すると数字的には保湿力が劣ると考えたほうがいいでしょう。
植物性セラミドのメリットとしては、動物性よりも価格が安く、手に取りやすいという点になります。

動物性セラミドの特色

では、同じ天然セラミドでも人気も保湿力も高い動物性セラミドについて、少し詳しく解説していきましょう。

人間と同じ、哺乳類から抽出したセラミドなので親和性も高く、浸透しやすいので保湿効果が期待できます。
厳密にいうと、人間のもつセラミドは「セラミド1」~「セラミド7」の7種類から成り立っています。動物性セラミドは、その7種類のセラミドを最も人間に近い形で保持している高機能なセラミドといえるでしょう。

浸透性が高いので、短期間の使用でもハリ感や弾力感が実感できます。
ただし、植物性セラミドと違って価格が高いというデメリットがあります。

セラミドの配合率について

動物性セラミドはとても高価な成分で、配合率も1%~2%くらいの商品が多く「高いから配合率が少ないの?」と思われがちですが、そうではありません。セラミドはそもそも2%以上は水に溶けない成分といわれているからです。
配合率が低くても性能が悪いわけではなく、1%~2%でも十分な機能性をもっていると考えてください。

バイオセラミド(ヒト型セラミド)

バイオセラミドは「ヒト型セラミド」とも呼ばれていて、その名前の通り人間とほぼ同じ構造をもったセラミドです。
加齢とともに減少してしまったセラミドの欠落部分にピッタリとはまってくれるので、浸透性も保湿力も高い効果が期待できます。

酵母の発酵を利用したバイオ技術で生成されるので、安全性の高さも人気の一つです。
天然由来の成分なので肌にやさしく、保湿力も高いことから、敏感肌なら動物性セラミドよりもバイオセラミドを選ぶ人が多いようです。

表示成分の選びかた

バイオセラミドの場合、表示が「セラミド1」というようにセラミドの後に数字が入っています。
これは人間のもつセラミドがセラミド1~セラミド7までの7種類があるので、そのままその機能に充てた表示となります。

すると、どのセラミドが機能的に大事なのか?ということになりますが、ピックアップしておきたいのはセラミド1、2、3、6です。

■セラミド1…水分保持機能、バリア機能
■セラミド2…高い水分保持機能
■セラミド3…水分保持機能、シワを軽減させる機能
■セラミド6…水分保持機能、ターンオーバーの促進

商品を選ぶときの参考にして欲しいのですが、強くオススメしたいのは「セラミド2」です!

擬似セラミド

擬似セラミドは「合成セラミド」や「合成擬似セラミド」とも呼ばれていて、化粧品にセラミドが取り入れられた当初から配合されていた一番古株のセラミドです。

はっきりいってしまうと「セラミドに似せた成分」なので、セラミドではありません。
肌に不足しがちなセラミド2に似せて作られた代用品です。
今ではさまざまな種類のセラミドが開発され、バイオセラミドや天然セラミドに保湿力では敵わないので、擬似セラミドを配合した商品はあまり見かけなくなってしまいました。

それでも擬似セラミドを選ぶわけ

保湿力や浸透力では他のセラミドたちに勝てない擬似セラミドですが、大きな魅力があります。それは「配合率」です。
本物のセラミドは2%までしか水に溶けないため、配合率は2%以下のものがほとんどです。ところが擬似セラミドなら2%以上の配合率も可能となります。

実は、アトピー性皮膚炎や乾燥肌の改善に有効な配合率は8%以上といわれているんです。
本物のセラミドではその配合率を望めませんが、擬似セラミドなら望めるということになります。実際にアトピー性皮膚炎の患者を対象にした臨床実験で、擬似セラミドが有用であるという結果が出たそうです。
アトピー性皮膚炎や乾燥肌を改善したいなら、擬似セラミドが適任ということになります。

そしてなんといっても擬似セラミドの魅力は価格の安さ。
コストを気にせずたくさん使いたい人や、まずはセラミドというものを試してみたいという人には擬似セラミドがオススメです。

自分に合ったセラミド選び

同じ「セラミド」でもいろいろあるのがわかっていただけたでしょうか?
毛穴、シワ、あらゆる肌トラブルは肌の保湿力の低下からくるといわれています。肌の保湿はスキンケアの最優先事項です。
保湿機能の高いセラミドの中から、より自分に合ったセラミドを選んで、しっかりと肌保湿していきましょう!

必見!気になる乾燥肌を防ぐ毎日のポイント9つ

20151105-hoshitsu07
毎日の生活の中でふとした瞬間にお肌の乾燥が気になることはありませんか。
冬場は特にお肌のかさつきが気になって、お肌にミストを吹きかけている人もいるのではないでしょうか。
気候による乾燥は環境要因なので私たち自身で解決することは難しいですが、お肌の乾燥を防ぐために毎日の生活の中で何か出来ることはないのでしょうか。
今回は、お肌の乾燥を防ぐ毎日の暮らし方について紹介したいと思います。

水分補給

「乾燥」の対局にあるものは「水分」ですね。
やはり乾燥に対処するには水分は重要です。

お肌の乾燥には、化粧水で水分補給をすることで対策すれば良いと思う人は多いでしょう。
もちろん化粧水をたっぷり使ってお肌に潤いを与えることは必要なのですが、口から水分を取り込んで内側から潤すことも非常に重要なことといえます。
冬は寒いしあまり汗をかかないので、水分補給の必要性をあまり感じないかもしれません。
しかし、お肌の潤いのためには体の中を循環している水分も大切なのです。
毎日の生活の中でこまめに水分補給をすることは乾燥肌の対策となるでしょう。

食生活改善

私たちが食べているものが私たちの体を作っているので、毎日の食事の質はとても大切です。
脂っこいものを食べる日が続いた時、お肌の皮脂が増えたと感じたことはありませんか。
皮脂の分泌だけでなく、乾燥肌にも食生活は多大な影響を持っています。
お肌のトラブルを抱えやすい人は食事が偏っている場合が多いです。
偏食だけではなく、ダイエットで必要な栄養素が不足してしまっている場合もありますが、どちらにしても必要な栄養素が不足しているとお肌のターンオーバーが乱れてしまうし、乾燥してしまいます。
お肌のターンオーバーを整えて健康なお肌を維持するためには、様々な栄養素を取り込んだ食生活を送る必要があります。
特にたんぱく質はお肌の乾燥を防ぐといわれています。
お肌のためにはバランスのとれた食生活を送ると良いでしょう。

亜鉛

亜鉛は鉄の次に体内に多く存在する微量ミネラルです。
亜鉛は味覚に重要な役割を果たしているのですが、それ以外にも不足すると皮膚炎や湿疹等を引き起こします。
もちろん乾燥肌も引き起こします。
主にカキ、レバー、卵等に含まれているので、お肌と健康のために積極的に摂取すると良いでしょう。

ビタミンA

ビタミンAはお肌の潤いのもとである天然保湿因子の生成を促進する働きがあります。
乾燥肌対策には非常に重要なビタミンといえるでしょう。
主にレバー、緑黄色野菜、卵の卵黄等に含まれているのでこちらも積極的に摂取すると良いでしょう。

ビタミンB群

お肌のためには特にビタミンB6とビタミンB2が重要です。
ビタミンB群はお肌のターンオーバーを正常に整えるために必要なビタミンです。
お肌のターンオーバーが整っているとお肌の生まれ変わりが正常に行われるので、お肌のトラブルを防ぐことにつながります。
現に肌荒れ等のお肌トラブルにはビタミンBが処方されます。
日本人の食生活でビタミンB不足になることはあまりありませんが、甘いものを良く食べる人やストレスがかかっている場合等では、ビタミンBが消費されてしまうので不足気味になることもあります。
お肌のためにも積極的に摂取しましょう。

ビタミンC

お肌に良いビタミンといえばビタミンCは鉄板ですね。
ビタミンCといえば美白が思い浮かぶと思いますが、美肌に万能のビタミンCなのでもちろん乾燥肌にも良いです。
ただし、ビタミンCは水溶性ビタミンなので、効率よく摂取するには摂取の仕方に工夫すると良いでしょう。
生で食べるとビタミンCが壊れずに摂取出来ます。
煮た場合は煮汁も一緒に食べると溶けだしたビタミンCも一緒に摂取出来て効率が良いでしょう。

ビタミンE

ビタミンEはアンチエイジングのビタミンという気がしますが、こちらも乾燥肌に良いです。
血行促進効果があるのでお肌をいきいきとさせてくれるでしょう。
主にアーモンド等のナッツ類に含まれています。

生活習慣見直し

美肌のためには生活習慣の見直しは非常に大切なポイントといえるでしょう。
バランスのとれた食生活と十分な睡眠はお肌のために必要です。
しっかりと栄養がないとお肌が元気にならないし、睡眠時間が少ないとお肌が生まれ変わることができません。
生活習慣を整えることはお肌のためには非常に大切なことなのです。

加湿器の利用

外からの乾燥肌対策としては加湿器の利用が挙げられます。
冬の乾燥した環境を変えるには加湿器で湿度を上げれば良いのです。
加湿器で湿度自体を上げるとお肌だけでなく喉も潤せるので、風邪予防にもなりますよ。

恐怖。お肌のバリア機能が失われると起きるお肌の危機

20151105-hoshitsu08

私たちのお肌にはバリア機能があります。
このお肌のバリア機能によって外の刺激からお肌が守られ、お肌の潤いも保たれています。
お肌のバリア機能は皮脂や天然保湿因子、セラミド等の細胞間脂質から構成されており、お肌からの水分蒸発を防ぐ働きと、紫外線やアレルゲン等の外部からの刺激からお肌を守る働きを持っています。
この働きのおかげで私たちは綺麗なお肌を保つことが出来ているのです。

しかし、お肌のバリア機能は強いクレンジングの使用や洗顔のしすぎ等によって壊れてしまうことがあります。
では、私たちのお肌を守っているこのお肌のバリア機能が壊れてしまった場合、どのようなことが起きてしまうのでしょうか。

乾燥肌になる

お肌のバリア機能には、お顔の水分が外へ逃げるのを防ぐ働きがあります。
バリア機能が失われてしまうと、お肌の水分が蒸発してしまうので、乾燥肌となってしまうでしょう。

敏感肌になる

バリア機能にはお肌の刺激となる外からの異物による刺激からお肌を守る働きもあります。
お肌のバリア機能が失われてしまうと、外からの異物にお肌が刺激されてしまいます。
その結果お肌は荒れてしまい、敏感肌となってしまいます。

肌トラブルが起きやすくなる

お肌のバリア機能が失われてしまうと、お肌の水分が外へ逃げてしまい、乾燥肌となります。
さらに、外の異物にお肌がさらされてしまうことになるので、異物にお肌が反応してしまい、敏感肌となってしまいます。
このような状態のお肌は非常にお肌トラブルが起きやすいといえるでしょう。
つまり、お肌のバリア機能が失われるということは、お肌トラブルが起きやすいお肌となってしまうことと言い換えられるでしょう。

肌の乾燥に悩む人は多いのです!

お肌の乾燥の悩みは冬に多く見られます。
冬は乾燥する季節なので、お肌が乾燥しやすい環境といえるでしょう。
美容に興味がある人程、しっかりとお肌に水分補給をして潤いのあるお肌のために念入りにスキンケアをしているでしょう。
しかし、いくら潤いを与えてもなかなか潤いが保持されず、いつまでもお肌が乾燥していると感じたことはありませんか。
実は、乾燥肌は女性のお肌の悩みの上位に位置しており、多くの人が乾燥肌に悩んでいるのです。

そもそも乾燥肌とは?

乾燥肌とは、皮脂の分泌の低下、お肌の潤いを保持する成分の減少等からお肌の水分量が減少したお肌のことを言います。
つまり、お肌の水分が失われた状態のお肌のこと。

お肌が乾燥してしまうとカサカサしてツッパリ感を感じ、酷い場合は白く粉を吹いてしまう場合もあるでしょう。
お化粧のりも悪くなり、敏感肌にも繋がります。

角質層に含まれる水分が30%以下になった状態

お肌のバリア機能は皮脂の膜、天然保湿因子、細胞間脂質によって構成されています。
正常なお肌では、このお肌のバリア機能によって、角質層におよそ30%の水分を含んでいます。
角質層の水分量がこの水準以下になるとお肌は乾燥肌となり、バリア機能も壊れていきます。
そして外からの異物によりお肌が刺激を受けやすくなり、敏感肌となります。

また、肌荒れを引き起こしやすくなり、ニキビにも悩まされるようになるでしょう。

なぜ肌は乾燥するのか?

私たちは毎日家に帰るとクレンジングでお化粧を落とし、そして洗顔をします。
様々なクレンジングや洗顔料がありますが、洗浄力が高いものはお肌の潤いに必要な成分までも落としてしまうものがあります。
するとお肌のバリア機能が失われてしまい、乾燥肌となってしまうのです。

また、お顔を洗う時にお湯を使用してしまうと更にお肌が乾燥してしまうので、ぬるま湯を使用すると良いでしょう。

乾燥肌対策のまとめ

お肌のバリア機能には、お肌の水分を守ることでお肌の潤いを保つ働きと、外からの刺激からお肌を守る働きという重要な役割があります。
お肌のバリア機能が失われてしまうと乾燥したり、敏感肌になったりと、トラブルが起きやすいお肌となってしまい、お肌にいい影響はありません。
いつまでも美しいお肌を守るためにもお肌のバリア機能が失われないように心がけたいですね。

保湿に有効な成分一覧

角質層に水分を挟み込むタイプ セラミド、ステアリン酸コレステロール、水素添加大豆レシチン、リピジュア
水分を抱え込むタイプ ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲン
水を吸着するタイプ アミノ酸、PCA、尿素など
ワセリン 角質層にほとんど浸透せず、肌を上から覆い、水分を閉じ込める。無添加で刺激がなく、敏感肌でもOK。
オイルなど 人間の皮脂の成分に近いものや、ビタミンなどを含むもの

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー