• 化粧品白書 > セラミド美容液ランキング【無添加×効果のあるおすすめ商品】 

セラミド美容液ランキング【無添加×効果のあるおすすめ商品】

kasou_bnr15

保湿に効果のある成分の代表格「セラミド」

スキンケア商品を選ぶ時にも、セラミドが配合されているかを確認している人も増えています。

しかし、「セラミド」というフレーズだけに飛びついてはいけません。
保湿の効果を求めるのならば、セラミドの種類を知って製品を選ぶ必要があるのです!

セラミドの中でも一番高い保湿効果が期待できるのは、「ヒト型セラミド」
このヒト型セラミドは、どんな商品に配合されているのでしょうか。

保湿のためのスキンケア商品の選び方と、高い効果のあるセラミドの化粧品を紹介していきます。

セラミド美容液1位

目次

セラミドの特徴

セラミドは角質層に存在している成分です。
保湿効果が高く、外部の刺激からお肌を守ってくれる機能を持っています。
また、お肌に元々存在する成分なので、お肌に優しいのが特徴です。

そのため、セラミド美容液を使うと良い方は次のような方々です。

  • 口周りの乾燥が気になる方
  • 目の下の乾燥が気になる方
  • 年間を通して乾燥肌の方
  • どんなクリームをつけても潤いが足りないと感じる方
  • 肌が敏感で常につっぱり感がある方
  • エイジングケア、肌トラブル対策をしたい方

セラミドの詳しい紹介は後ほどするので、少々お待ちくださいね。

セラミド配合美容液の選び方

保湿効果が高いセラミド配合の美容液ですが、選ぶのにもポイントがあります。
ここでは5つのポイントをあげましたので、1つ1つチェックしましょう。

① ヒト型セラミドが配合されているもの

セラミドにはいくつか種類があり、そのなかでもヒト型セラミドは人が本来持っているセラミドと非常によく似た構造になっています。
そのために、肌にとても浸透しやすいのです。

だから、セラミド成分を肌にしっかりと浸透させるには、ヒト型セラミドがベストな選択になります。
ヒト型セラミドはセラミドのあとに数字やアルファベットが付き、中でもセラミド1~3が重要と言われています。

② セラミド配合量が多いもの

セラミド配合の美容液を買うのであれば、その配合量が多いものを選びましょう。
現在、化粧品は全成分を表示することが法律で義務付けられています。
配合量が多いほど、成分表の上に表示されるようになっています。

美容液を選ぶときは成分表も見て、どのくらいの割合でセラミドが配合されているのかも確認しましょう。

③ 使い続けることのできる価格であること

セラミド美容液は使い続けてこそ効果が出るもの。
そのため、一時的に高価な美容液を使っても思うような効果が得られないことも…。

自分の経済状況に合わせて、値段もしっかり考えるようにしましょう。

④ 他の保湿成分が配合されているもの

セラミドももちろん保湿効果が高いのですが、その他の保湿成分も配合されていると保湿力はアップ!
コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタ、アミノ酸、グリセリンなどが配合されているかも確認しましょう。

⑤ お肌への刺激が少ないもの

乾燥したお肌に使うことが多いセラミド配合美容液。
乾燥しているお肌は少しの刺激にも弱く、化粧品によってはヒリヒリしてしまうことも…。

アルコール不使用や合成界面活性剤不使用、パラベンフリーなど、お肌への刺激が極力少ないものを選びましょう。

総合おすすめ!セラミド美容液ランキングTOP5

ヒト型セラミド配合、配合量の多さ、価格、保湿成分の多さ、そして刺激の少なさ。
これらを加味して編集部のおすすめランキングを紹介します!
自分にぴったりのセラミド美容液を見つけてくださいね。

【第1位】アヤナス エッセンス コンセントレート(アヤナス)

全成分をチェック
水、グリセリン、ジグリセリン、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、水添ポリオレフィン(C6-12)、プロパンジオール、BG、水添ナタネ種子油、水添レシチン、PEG-150、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、セラミド2、コウキエキス、オタネニンジンエキス、紅藻エキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、アルギン酸硫酸Na、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、ラベンダー花水、フィトステロールズ、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、カルボマー、エチルヘキシルグリセリン、水酸化K、トコフェロール、オレイン酸ポリグリセリル-2、セタノール、クエン酸Na、クエン酸、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

トライアル価格(税込) ¥2,700 → ¥1,480
内容量(日数) 約10日分

保湿効果が最も高いセラミド2とハリ成分が配合

ヒト型セラミドのなかでも、一番保湿効果が高い「セラミド2」をナノサイズで配合しています。
また、ハリアップサポート成分としてCVアルギネートや、粘度の高い植物由来の油剤「オーガニックリフトオイル」も配合。
これらが保湿膜をつくり、水分を逃がさないため、保湿力が高くなっているのです。

ストレスによるバリア機能低下をケア

皮膚温の低下を引き起こす原因となるストレスや睡眠不足。
皮膚温が低下すると健康的な角層を生み出すことが難しくなり、お肌のバリア機能が低下。
その結果乾燥してしまうことも…。

アヤナスはストレスに負けない正常な角層のために、3種類の成分を複合化してオリジナルの成分を配合。
ただの保湿だけではない、内側から肌荒れをケアしていくれます。

敏感な乾燥肌でもエイジングケアができる!

アヤナスはポーラ・オルビスグループが、敏感肌や乾燥肌専門に開発しているシリーズ。

アルコール不使用、合成香料不使用、その他、皮膚科医の立ち会いテストも承認済。
スキンケア化粧品選びに慎重な敏感肌の人でも使いやすいのがポイントです。

>>レビューを見る

【トライアルセットの内容】
化粧水(10日間分)、美容液(10日間分)、クリーム(10日間分)、アイクリーム(1回分)

公式HPを見てみる

【第2位】ノブ Ⅲ バリアコンセントレイト(NOV)

全成分をチェック
有効成分:グリチルレチン酸ステアリル
その他の成分:水、BG、スクワラン、濃グリセリン、ベタイン、ホホバ油、ジメチコン、ベヘニルアルコール、親油型ステアリン酸グリセリル、SEステアリン酸グリセリル、モノミリスチン酸デカグリセリル、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸Na-2、α-グルコシルグリセロール液、dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩、カルボキシビニルポリマー、クエン酸、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、ワセリン、水酸化K、軟質ラノリン脂肪酸コレステリル、フェノキシエタノール

nov3

トライアル価格(税込) ¥1,620
内容量(日数) 約7日分

セラミド3を配合の医薬部外品でもちもち肌に

肌荒れや乾燥を防ぐ高保湿美容液。
シリーズの中でもセラミドの配合量は最大で、保湿成分が角層に入り水分をしっかり閉じ込めてくれます。

セラミド液晶化技術でより肌馴染みがいい!

NOVⅢでは皮膚内部と同じ構造を持つセラミドにすることで、角層までの浸透力を高めています。
すきまにしっかり入り込むため、あっという間に浸透し、うるおいを与えてくれるのです。

低刺激で敏感肌に定評のあるNOVの美容液

治療現場での考え方を取り込み、臨床皮膚医学に基づいて開発されているNOVの製品。
無香料、無着色、アルコールフリーなど、低刺激にこだわっています。

また、パッチテストやアレルギーテストも済んでいるので安全性が高いのが特徴です。
※すべての人にアレルギーが起こらないわけではありません。

【トライアルセットの内容】
メイク落とし(15g)、洗顔料(15g)、化粧水(20ml)、乳液(8ml)、保湿クリーム(4g)、さっぱり化粧水(2ml×2個)、保湿美容液(0.8g×2個)、ノブバリア混戦とミニ(5g)

公式HPを見てみる

【第3位】モイスチャライジングセラム(エトヴォス)

全成分をチェック
水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱ、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油、メドウフォーム油、シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

20160225-celamido04

トライアル価格(税込) ¥2,592 → ¥2,052
内容量(日数) 約2週間分

20年間皮膚科学を研究している肌の専門科医が考えた、セラミド配合のスキンケアシリーズです。

ヒト型セラミドを高濃度で配合、みずみずしい肌に

高価なヒト型セラミドが、セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド5、セラミド6Ⅱと、5種類配合!
人が持つセラミドの中で、保湿に関わるセラミドをすべて配合しているので、優れた保湿効果が期待できます。

湿度が0%になっても乾燥しない美容液?!

エトヴォスのセラミド美容液は5種類のセラミド配合で、肌の内部から潤いが持続。
そのため肌の保水力がUPし、その実力は湿度が0%なっても乾燥しない!
赤ちゃん肌に近づける美容液です。

無添加処方だから敏感肌でも使える!

セラミディアルは肌の専門科医がしっかりと考えて作られています。
だから、界面活性剤やパラペン、鉱物油などが無添加。

そのため敏感肌の人でも使えます。

>>レビューを見る

【トライアルセットの内容】
洗顔石鹸、化粧水(2週間分)、美容液(2週間分)、クリーム(2週間分)

公式HPを見てみる

【第4位】ジェリー アクアリスタ(アスタリフト)

全成分をチェック
水、グリセリン、ベタイン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、BG、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、セラミド1、セラミド3、セラミド6II、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、アセチルヒドロキシプロリン、加水分解シロバナルーピンタンパク、トコフェロール、コレステロール、エチルヘキシルグリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸スクロース、レシチン、ダマスクバラ花油、ラウリルカルバミン酸イヌリン、オレイン酸、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、香料、フェノキシエタノール、メチルパラベン

20160225-celamido06

トライアル価格(税込) ¥1,080
内容量(日数) 約5日分

潤いに欠かせない「ヒト型ナノセラミド」を配合、隅々までぷるぷるに!

テレビCMでもおなじみの富士フイルムが開発したナノ技術満載のスキンケアシリーズ。
アスタリフトは、新開発の「高密度Wヒト型ナノセラミド」を配合しています。

具体的には「セラミド1」、「セラミド3」、「セラミド6II」の3種類のセラミドが、しっかりと潤いをとどめて、肌をプルプルにしてくれます。

独自のナノ技術で美容成分をしっかり浸透させる

富士フイルム独自のナノテクノロジーで、美容成分を肌のすみずみまで浸透させます。
これは、富士フィルムが持つ超微粒子を安定的に配置するの技術で実現しています。

ナノ化した赤いトマトの「リコピン」が、潤い成分とともに美白ケアを3倍に!

コエンザイムQ10の1000倍もある、ハリ肌パワー「アスタキサンチン」だけでなく、リコピンも配合。
ナノ化されたリコピンによって、アスタキサンチンの効果が3倍にも高まっているのです。

>>レビューを見る

【トライアルセットの内容】
ジェリー(5日間分)、化粧水(5日間分)、美容液(5日間分)、クリーム(5日間分)

公式HPを見てみる

【第5位】ハリーズアップ美容液(イデア)

初回限定価格(税込) ¥3,750
内容量(日数) 約30日分

セラミドをはじめ、ヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿成分がたっぷり

40代からの肌ケアとして新しくできたハリーズアップ美容液。
セラミドやコラーゲンの低下により、水分が失われ、ハリがなくなってしまうこの年代のお肌に必要なのは何より“保湿”です。

ハリーズアップ美容液はセラミドはもちろん、ヒアルロン酸などの保湿成分を多く含んでいるため、乾燥やたるみなど40代~50代のお肌の悩みを解決してくれます。

内側からハリと弾力をもたらすリンゴ幹細胞エキス配合

4カ月くさらない奇跡のリンゴから抽出された、幹細胞エキスを配合。
ダメージを受けがちな40代からのお肌にハリと弾力を与えます。

皮膚科医監修!無添加美容液でお肌に優しい

ハリーズアップ美容液はオバジクリニックトウキョウ院長の橋爪良枝先生監修の美容液。
40代のお肌に必要な成分を厳選して、もっちりお肌を手に入れることができます。

また、合成香料・合成着色料・パラベン・フェノキシエタノール、石油系界面活性剤、アルコール、鉱物油を無添加に。
製造は国内工場で、徹底的な品質管理を行うなど、安全管理に気を配っている商品です。

公式HPを見てみる

特徴別のおすすめセラミド美容液

総合的におすすめの商品を紹介してきましたが、ここからは特徴別におすすめの美容液を紹介します。

ニキビ肌向けのセラミド美容液
お手軽なオールインワン美容液
プチプラのセラミド美容液
ドラックストアや市販で買えるセラミド美容液
【番外編】セラミドを増やす美容液

自分にぴったりのセラミド美容液を見つけてくださいね。

ニキビ肌向けのセラミド美容液

アドバンス保護美容液(ラミューテ)

全成分をチェック
水、グリセリン、BG、グリコシルトレハロース、ダマスクバラ花水、加水分解水添デンプン、温泉水、プラセンタエキス、セラミド3、セラミド6II、セラミド1、ヘキサペプチド-3、フィトスフィンゴシン、コレステロール、メバロノラクトン、スクワラン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ノバラ油、ローズマリーエキス、グリチルリチン酸2K、トコフェロール、ラフィノース、キサンタンガム、カルボマー、ラウロイルラクチレートNa、1,2-ヘキサンジオール、フェノキシエタノール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、水酸化K、香料
アドバンス保護美容液 ¥7,884→¥3,942

セラミド3、セラミド6Ⅱ、セラミド1のほか、プラセンタエキスやグリセリンを配合。
お肌本来の力を目覚めさせ、ハリ・弾力・潤いを保つようサポートします。

また、パラベン、鉱物油、アルコール、石油系界面活性剤、合成着色料を完全フリーに。
また、皮膚科医所見によるパッチテストも済んでいます。
お肌への優しさにこだわった美容液です。

公式HPを見てみる

べルブラン(あいび)

全成分をチェック
有効成分:トラネキサム酸、グリチルリチン酸2K
その他成分:ヒドロキシエチルセルロース、キサンタンガム、BG、濃グリセリン、カルボキシビニルポリマーアルギニン、”POE(40)硬化ヒマシ油、1,2-ペンタンジオール、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ジラウロイルグルタミン酸リシンナトリウム液、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸ヒアルロン酸Na-2、エクトイン、油溶性甘草エキス、水溶性コラーゲン液-4、加水分解コラーゲン末、アーティチョークエキス、アセチルチロシン酢酸チロシン、牡丹エキス、カッコンエキス、プルーン酵素分解物、テンニンカ果実エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、シルバーバイン果実エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、アマチャヅルエキス、スターフルーツ葉エキス、セイヨウナシ果汁発酵液、カンゾウ葉エキス、党参抽出物加水分解液、アルピニアカツマダイ種子エキス、カモミラエキス-1、フェノキシエタノール、精製水
べルブラン ¥7,862→¥4,566

スキンケア大学でも紹介されたべルブラン。
ニキビ染みやニキビがある人に人気の商品です。

セラミドはステアロイルフィストフィンゴシンという表記で、セラミド3と同じ成分です。
その他、ヒアルロン酸を三種類配合し、保湿効果も期待できます。
メラニンの生成を抑え、シミそばかすを防ぐ美白効果と、ニキビの悪化を抑えるグリチルリチン酸2kを配合しています。

また、紫外線吸収剤、動物性原料(魚以外)、合成香料、タール系色素、パラペン、シリコン、石油系界面活性剤、鉱物油をフリーに。
お肌のダメージを少なくする配慮もされているのです。

公式HPを見てみる

お手軽なオールインワン美容液

メディプラスゲル(メディプラス)

全成分をチェック
水、BG、グリセリン、ベタイン、ジグリセリン、温泉水、1,2-ヘキサンジオール、メチルグルセス-10、グリコシルトレハロース、スクワラン、アボカド油、カルボマー、加水分解水添デンプン、水酸化K、トコフェロール、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解シルク、PCA-Na、グリシン、タウリン、ヨーロッパブナ芽エキス、カワラヨモギ花エキス、アルカリゲネス産生多糖体、3-O-エチルアスコルビン酸、リシンHCl、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、クコ果実エキス、ビフィズス菌培養溶解質、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、セイヨウトチノキ種子エキス、オニイチゴ根エキス、プラセンタエキス、フェニルアラニン、オウゴン根エキス、ラウロイルラクチレートNa、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、アルギニン、プロリン、ノイバラ果実エキス、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、チロシン、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、マヨラナ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解エラスチン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ワイルドタイムエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、セラミドNP、加水分解コラーゲン、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、キサンタンガム、水溶性コラーゲン、クエン酸、アーチチョーク葉エキス、クエン酸Na、セラミドEOP
メディプラスゲル ¥3,996→¥2,996

セラミドNP(セラミド3)、セラミドAP(セラミド6Ⅱ)、セラミドEOP(セラミド1)を配合。
うるおいをしっかりサポートします。

また、その他3種類のヒアルロン酸、2種類のコラーゲン、プラセンタエキス、15種類のアミノ酸、ビタミンCなど、合計で66種類の美容成分が配合!
多くの成分が入っているので、これ1本でお手入れが完了するのです。

もちろんお肌に不必要なものはカット。
香料、合成着色料、合成乳化剤、防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)をフリーにしています。
また、皮膚科医指導のアレルギーテストも済んでいるため、安全性も高くなっています。
※すべての人にアレルギーがおこらないわけではありません。

公式HPを見てみる

プチプラのセラミド美容液

リマーユプラセラ原液(リバテープ製薬)

全成分をチェック
水、BU、1,2-ヘキサンジオール、プラセンタエキス、セレブロシド、サイタイエキス、キサンタンガム、ポリソルベート80、フェノキシエタノール、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン
リマーユプラセラ原液 ¥2,700→¥1,080

ヒト型セラミドではありませんが、こちらは馬セラミドを配合。
馬プラセンタ、馬サイタイエキスを配合し、ハリのあるお肌へと導きます。

製薬会社だからこそ、原液で主成分が濃い美容液なのにお試し価格はダントツのプチプラ!
初回は最大3本まで注文できるのも大きなポイントです!

>>レビューを見る

公式HPを見てみる

ドラックストアや市販で買えるセラミド美容液

アルージェ モイスト トリートメント ジェル(アルージェ)

全成分をチェック
有効成分:グリチルリチン酸2K、ε-アミノカプロン酸
その他の成分:水、BG、濃グリセリン、ペンチレングリコール、PEG(20)、カンゾウ葉エキス、米ヌカエキス、スクワラン、トリメチルグリシン、ヒアルロン酸Na‐2、ビオセラミド、水添大豆リン脂質、天然ビタミンE、フェノキシエタノール、粘度調整剤、pH調整剤
アルージェ モイスト トリートメント ジェル ¥1,944

アルージェ モイスト トリートメント ジェル50ml

医薬部外品であるアルージェ モイスト トリートメント ジェル。
セラミドはビオセラミド、その他はグリチルリチン酸2kやヒアルロン酸、スクワランを配合しています。

無香料、無着色、界面活性剤無添加、鉱物油無添加、ノンエチルアルコール、ノンパラベンです。

潤浸保湿 美容液(キュレル)

全成分をチェック
有効成分:アラントイン
その他の成分:水、グリセリン、PEG1540、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、ジメチコン、水溶性ショウキョウエキス(K)、ユーカリエキス、フィトスフィンゴシン、セタノール、グリセリン脂肪酸エステル、BG、N,N-ジメチルアミノエチルメタクリル酸ジエチル硫酸塩・N,N-ジメチルアクリルアミド・ジメタクリル酸ポリエチレングリコール共重合体/PEG混合物、L-グルタミン酸、パラベン
潤浸保湿 美容液 ¥2,484

医薬部外品であるキュレル。
配合されているセラミドはヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドという合成セラミド(疑似セラミド)になります。
ヒト型セラミドよりは保湿効果が下がってしまいますが、気軽に購入できて安く手に入るというメリットがあります。

また、キュレルは乾燥性敏感肌のパッチテストをおこなう、アレルギーテストを行うなど、安全面にも配慮。
弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリーなど、低刺激であることも特徴です。

「セラミド200」(TUNEMAKERS)

全成分をチェック
水、1,2-ヘキサンジオール、コメヌカスフィンゴ糖脂質、フェノキシエタノール、水添レシチン、リゾレシチン
セラミド200 ¥4,752

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) セラミド配合200エッセンス 20mL

ドラックストアや雑貨店の化粧品コーナーで手に入るチューンメーカズ。
コメヌカスフィンゴ糖脂質という米ぬかが原料の植物性セラミドを使用しています。
ヒト型セラミドとは構造が少々異なるので、保湿力は少し弱めですが、動物性よりも安全性が高く、肌に優しいといわれています。

ナノセラミドなので浸透しやすいのが特徴です。

【番外編】セラミドを増やす美容液

セラミドが配合されているわけではありませんが、お肌のセラミドを増やす効果が期待できるライスパワーNo.11が配合されている美容液もご紹介します。

肌潤改善エッセンス(米肌)

全成分をチェック
有効成分:ライスパワー®No.11(米エキスNo.11)※
その他の成分:精製水・ 1.3-ブチレングリコール・濃グリセリン・エタノール・セトステアリルアルコール・ dl-α-トコフェロール・オレンジ油・グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液・ビフィズス菌エキス・納豆エキス・アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80 ・エデト酸二ナトリウム・クエン酸・チオ硫酸ナトリウム・バチルアルコール・ベヘニルアルコール・ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、メチルポリシロキサン・リン酸一水素ナトリウム・水素添加大豆リゾリン脂質、乳酸ナトリウム液・無水エタノール・流動パラフィン・フェノキシエタノール・メチルパラベン
肌潤改善エッセンス トライアル価格 ¥1,500

医薬部外品である米肌の肌潤改善エッセンス。
ライスパワーNO.11は医薬部外品効能として、皮膚の水分保持能の改善を認められた、唯一の成分です。
セラミドを産生することで、お肌のバリア機能を高め、お肌の水分を保持する力を改善します。

グリセリンやグリコシルトレハロース、大豆発酵エキスなど、保湿成分も多くふくみ、透明感のある肌へと導きます。
また、無香料、無着色、アレルギーテスト済、鉱物油フリー、弱酸性と、低刺激処方となっています。

公式HPを見てみる

セラミド美容液の正しい使い方

美容液は導入美容液以外、基本的に化粧水のあとに使います。
なので、順番としては「化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリーム」となります。
化粧水をしっかりなじませてから使うことで、美容成分が角質層に浸透しやすくなります。

また、美容液をつける際、ハンドプレスであたためると成分が浸透しやすくなりますので、お試しくださいね。

より効果を高めるためのポイント

せっかくセラミド美容液を使うのであれば、しっかり効果をだしたいですよね。
より効果を高く出したいのであれば次の2つのポイントを守るように意識しましょう。

メーカーの推奨量、使用方法に従う

セラミド美容液と一言で言っても、その使用方法はメーカーによってさまざま。
一番効果の出す方法と言えば、そのメーカーが指定する量や使用方法を守ることです。
各メーカーの使用方法をよく読んで、正しい使い方を心掛けましょう。

継続して使用すること

セラミドは保湿力が高く、つけた瞬間からお肌がもちもちすることも多くあります。
しかし、お肌の本質を徐々にでもよくしたいのであれば継続して使うことが大切です。

継続して使うことでお肌の状態を整え、バリア機能をサポートすることで乾燥しにくい肌になるでしょう。

セラミドが生成されやすい肌環境を作る方法

セラミド美容液の効果を高める方法をお伝えしてきましたが、そもそもお肌にもともとあるセラミドが増えれば万々歳。
ここではセラミドが生成されやすい肌をつくるコツをお教えします。

セラミドが作られる仕組み

セラミドは肌のターンオーバーによってつくられています。
一般的に正常なターンオーバーは28日とされています。

表皮はもともと「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」4つの層に分かれています。
まずは、一番下の層である「基底層」で作られる新しい細胞が28日かけて、一番上の角質層へと進んでいきます。
それと同時に古い角質が剥がれ落ちていき、古い角質から新しい細胞にチェンジするのです。

この新しく基底層で作られる細胞が健康で潤っているものであれば健康な肌に生まれ変わることができます。
新しい細胞が肌の外側へと進んでいく過程でセラミドがどんどん作られていくのです。

乱れたターンオーバーを整え、お肌の状態をよくするコツ

ターンオーバーは早くても遅くてもいけません。
28日より早くなってしまうとじゅうぶんにセラミドが生成されないまま細胞が上にあがってしまいます。
逆に28日より遅くなるとセラミドが少なくなってしまいます。

ターンオーバーを正常化することがしっかりとしたセラミドを作る土台となります。
では、ターンオーバーを正常化するコツをお教えします。

正しいスキンケアを行う

スキンケアは優しく行うのが大前提。
汚れを落としたいから、しっかり浸透させたいからとゴシゴシお肌をこすっていませんか?

お肌に刺激を与えないスキンケアを行うことが、肌状態を整えるのには必須事項。
そのため、以下のポイントをおさえてスキンケアを行っていきましょう。

  • クレンジングは多くの量を使い、ごしごし擦らずに短時間で落とす
  • 洗顔はぬるま湯で泡を使い、優しく行う
  • 化粧水は手のひらで温めてこすらず、お肌を覆うようにつける
  • 美容液はつけたあと、ハンドプレスをしてお肌に浸透させる
  • 乳液、クリームは時間をあけないよう、こすらずにつける

“お肌に刺激を与えない”ということが大前提です。
ふき取りシートを多用したり、コットンでごしごし擦っている方は一度スキンケアの方法を見直してみましょう。

規則正しくバランスのいい食生活

ターンオーバーを整えるためには体内に栄養をとりこむことも大切。
緑黄色野菜を食べる、タンパク質をとるなど、バランスのいい食生活を心掛けましょう。

食事でもセラミドを増やす食べ物があります、
積極的にとることで、お肌の調子を整えつつ、セラミドを

セラミドを増やすおすすめの食べ物

セラミドを多く含む食べ物
お米、小麦、こんにゃく、黒豆、ゴボウ、ヒジキなど

セラミドの生成を助ける食べ物
血行促進:キャベツ、里芋、ジャガイモ、玉ねぎなど
抗酸化作用あり:ニンジン、ホウレンソウ、

サプリで補う

ただ、セラミドが多く含まれている食品を食べても、栄養を摂取する過程で排出されてしまうのが現状です。
そのため、実際にお肌に反映されるには大量に食べなくてはいけないことも…。
なので、より高濃度でセラミドを摂取できるサプリメントで補うという方法もあります。

うまく食事にとりこんで、セラミドを摂取していきましょう。

睡眠を十分にとる

十分な睡眠をとることで、お肌のターンオーバーを整えることができます。
夜の睡眠時間は成長ホルモンが多く分泌され、お肌が活性化します。
6時間は寝るように意識しましょう!

そもそもセラミドとは?

では、ここでセラミドについておさらいしておきましょう。
“セラミド”とは、いったいどんな成分なのでしょうか。

セラミドの役割

肌の角質層の中には、細胞間脂質が存在しています。

細胞間脂質は、油分と水分を抱え込むことで隙間をなくし、
「肌から水分を逃がさない」「外部の刺激から肌を守る」といった働きをしています。

セラミドとは、この細胞間脂質を構成する主成分です。

役割1.肌を保湿してくれる

セラミドはもともと人の肌の中にある成分であり、セラミドが多いと高い保湿効果が期待できます。
しかし、セラミドは年齢とともに減少し、不足すると水分を抱え込むことができなくなってしまいます。
保湿力を低下させないためには、セラミドの補強が大切になってきます。

役割2.バリア機能を高める

セラミドが不足すると、細胞間脂質がスカスカになります。
すると、隙間から紫外線や外部刺激などが肌内部に侵入して肌を傷めます。
だから、肌のバリア機能を正常に保つためにもセラミドが不可欠なのです。

セラミドの種類

20151110-seramido01

セラミドには大きく分けて4種類があります。
それぞれどんな特徴があるのかを見てみましょう。

天然セラミド 動物から抽出したセラミドで、「動物性セラミド」とも呼ばれる。
人と同じ哺乳類から抽出しているため浸透性が高く、セラミドの中でも保湿効果が高い。
ヒト型セラミド 名前の通り、人が持つセラミドと同じ構造をしたセラミド。
減少してしまったセラミドの隙間にピッタリとフィットするので、セラミドの中でも浸透性が一番高い。

天然由来の酵母から抽出するので、安全性が高いのも特徴の1つ。
敏感肌の人なら、特におすすめしたいセラミド。

植物性セラミド 植物性セラミドは、小麦や米などの植物から抽出したセラミド。価格は安価。
ただし、保湿力は天然セラミドやヒト型セラミドと比べると弱い。
類似セラミド セラミドに似せて作られた成分なので、正確にはセラミドではない。

セラミドは2%以上水に溶けないので、配合率は2%以下になるが、擬似セラミドの場合は2%以上の配合も可。

ヒト型セラミドの種類

人が持つセラミドは、わかっているもので7種類あります。
そのため、ヒト型セラミドも7種類あり、それぞれ特徴があります。

セラミド1 水分保持機能を持っており、バリア機能が高いのが特徴
セラミド2 水分保持機能がとても高いのが特徴
セラミド3 水分保持機能を持っており、シワを軽減する機能も保有
セラミド4 角質層内のバリア機能を助ける
セラミド5 水分保持機能を持っており、ターンオーバーを促進する
セラミド6 水分保持機能を持っており、ターンオーバーを促進する
セラミド6 Ⅱ 水分保持機能を持っており、シワの軽減、ターンオーバーを促進する

セラミドは、肌を美しく保つために、本当に大切な成分です。
加齢や外部刺激で減少したままにすると、肌は枯れていくだけになってしまいます。

減少してしまったセラミドは、スキンケアで補いましょう。
さまざまなセラミドがありますが、種類はヒト型で「セラミド2」がおすすめです。
しっかりと保湿してくれるセラミドを選んで、肌をみずみずしく保っていきましょう!

<セラミド2がおすすめな理由>
もともと肌に備わっているセラミドの中でも、一番割合が多いのは「セラミド2」。
また、保湿力も非常に高いとされています。
このセラミドの量によって肌の乾燥も左右されるのです。

セラミドが不足すると起こる肌トラブル

肌の水分量が全体の30%を切ると俗に言う「乾燥肌」の状態になります。
この水分量が進行すればするほど、乾燥肌からアトピー肌へと変わっていきます。

そうすると肌がどんどん敏感な状態になり、通常のスキンケアでは肌が整わなくなったり、常に粉を吹いたりかゆみがある状態になります。
さらに、肌の水分が足りていない(=セラミドが足りていない)状態が続くと、ニキビができたり、しわの原因となったりします。

乾燥肌対策をすることで、ニキビ、毛穴、シミ、しわなど肌悩みを改善することができます。

セラミド不足が引き起こす1つにアトピーも

アトピーに悩む人はなんと日本人に10人に1人と言われています。
アトピーの原因はいくつかありますが、その中にはお肌が乾燥しバリア機能の低下が原因で、肌が刺激やかゆみを感じたり、アレルギー反応を起こすことも。

そもそもセラミドは外からの刺激から肌を守ったり、異物が入らないようにする働きがあります。
そのため、セラミドが不足してくると、バリア機能がうまく働かくなり、アレルゲンが簡単に侵入してしまうのです。

さらにいろんな刺激を受けることで皮膚が炎症を起こし、アトピー特有のかゆみに悩まされてしまいます。
掻くことでそこから菌が入ってしまい、さらに炎症が悪化してしまう…まさに負のスパイラルに陥ってしまいます。

アトピーのセラミド不足改善にはセラミド美容液

もともと備わっているセラミドが少ないため、外からの補充が必要です。
このタイプはセラミド美容液の中でも、敏感肌&乾燥肌用に作られている商品を選んでいきましょう。

アトピー肌の方でも使える化粧品が知りたい方はアトピー肌の保湿におすすめ!毎日安心して使える保湿化粧品も参考にしてみてください。

セラミド美容液で保湿して健やかで滑らかな肌に

セラミド配合の美容液は保湿効果も高く、乾燥に悩んでいる人にはぜひ一度使ってほしい商品です。
特に、ヒト型セラミドを配合している美容液は刺激も少ないため、おすすめです。
自分にぴったりのセラミド美容液を見つけて、様々な肌トラブルを引き起こす“乾燥”を防いでいきましょう!

■参考文献
セラミドを増やす食べ物・減らす食べ物(スキンケア大学)

スポンサーリンク

Ranking

Category

化粧品白書をフォロー