• 化粧品白書 > ぐんぐん伸びる!長いまつげが手に入るオススメまつげ美容液10選 

ぐんぐん伸びる!長いまつげが手に入るオススメまつげ美容液10選

もっとまつ毛を長く伸ばしたい!
抜けたり、切れたりしてしまったまつ毛をなんとかしたい。

そんな悩みを持つ方にぜひチェックして欲しい、オススメまつ毛美容液とまつ毛を伸ばす5つの方法を紹介します。

人気のオススメまつ毛美容液

まつ毛を伸ばすためには?


まつ毛を伸ばすために、まず知っておきたいのがまつ毛自体のことです。
日本人のまつ毛の長さや、生えてくる周期などを見ておきましょう。

日本人のまつ毛の平均値は?

日本人のまつ毛は外国の方よりも量が少ない印象がある方も多いと思いますが、そもそも、日本人のまつ毛の平均値はいくつくらいなのでしょう?

日本人と欧米人の平均と言われているのがこちらです。

日本人 欧米人
まつ毛の長さ 7mm 8mm
まつ毛の本数 100本 120本

日本人のまつ毛の長さを平均すると、 7mm前後と言われています。
欧米の人の平均は8mm前後なので、約1mmの差があることになります。

外国の方のようなパッチリとしたドールアイを手に入れたいのなら、まつ毛を伸ばし、太くすることが必要です。

まつ毛の毛周期(ヘアサイクル)

まつ毛は、ずっと生えているものではありません。
まつ毛も毛の一部なので、生えては抜けを繰り返しています。

この抜け替わりのサイクルを、毛周期と呼びます。

まつ毛の毛周期は 120〜150日といわれています。
もし、今あるまつ毛が短かったり切れてしまったりしていても大丈夫。

ちゃんとケアしてあげることで、次に生えるまつ毛を長く伸ばすことができるのです。

毛周期には4段階あり、まつ毛は常にこの周期を繰り返しています。

成長初期

まつ毛が毛穴の奥で栄養を吸収し、生え始める時期です。

成長期

まつ毛が毛穴から顔を出し、長く成長して行く時期です。
成長初期と成長期を合わせ、約 40 日の期間があります。

退行期

まつ毛の成長が止まり、長さを保ったまま生えている時期です。
約 14日たつと、まつ毛が抜け落ちます。

休止期

まつ毛が生えていない時期です。
毛穴の中にもまつ毛はなく、次にまつ毛が生えるために必要な栄養が毛穴の奥に蓄えられます。
この期間が一番長く、約 60〜90日休止期が続きます。

まつ毛を伸ばすコツ


まつ毛を伸ばすためには、まつ毛を生やすために必要な栄養や環境を整えることが大切です。
特に、まつ毛が伸びる成長初期、成長期を、いかにケアしてあげるかが重要になってきます。

1.睡眠をとる

美肌を作ることで知られている、22時〜2時のゴールデンタイムの睡眠ですが、この時間の睡眠は、まつ毛の成長も左右します。

まつ毛が栄養を吸収するのは、私たちが眠っている間です。
良質な睡眠をとることで、まつ毛にも栄養を届けることができるのです。

生活時間の関係でゴールデンタイムに睡眠が取れない場合は、それぞれの生活時間の中で規則正しい睡眠をとるようにしましょう。

2.食事を見直す

毎日の食事からも、まつ毛の成長に役立つ栄養素を摂取することができます。

まつ毛の成長をサポートしてくれる主な栄養素は以下のものになります。

  • アミノ酸(鶏肉、牛肉、マグロ、カツオなど)
  • タンパク質(鶏ささみ、イワシの丸干し、卵、油揚げなど)
  • ビタミン(うなぎ、イチゴ、緑黄色野菜など)
  • ミネラル(生牡蠣、豚レバー、納豆、牛乳など)

自炊をしている方はもちろん、外食やコンビニ食が多い方も、これらの食材を食事に摂り入れるよう意識してみましょう。

3.血行促進する

まつ毛の育毛には、目の周りの血行を促進することも大切です。
血行が良くなることで毛根に栄養を送り、刺激を与えてまつ毛の発毛を促すことができるのです。

マッサージ

目の周りのマッサージも、血行促進に役立ちます。
上まぶたと下まぶたを、目頭の方からこめかみにかけて、指の腹で撫でるようにしてマッサージしましょう。

マッサージを行うときは力を入れないように気をつけてください。
目の周りは皮膚が薄く弱いため、力を入れてマッサージを行うと、シワやたるみの原因になってしまいます。

ホットタオル

ホットタオルを使うのも、目の周りの血行促進にオススメです。

タオルを水で軽く絞り、耐熱袋に入れて電視レンジで温めます。
電子レンジからタオルを取り出し、火傷しないよう温度を確かめてから、5~10分ほど目の上にホットタオルをのせましょう。

このとき、タオルが冷たくなるまで置いておくと目元が冷えてしまいます。
時間通りというよりも、タオルが冷めてきたら外すようにすると良いでしょう。

4.まつ毛を痛めない

まつ毛をケアすることと同じくらい、まつ毛を痛めないよう気をつけることも大切です。

  • メイクを落とすときや、アレルギーなどで目元をこする
  • ビューラーを使う時に力を入れすぎる(古いゴムだと力が余計にかかりやすい)
  • つけまつ毛を無理やり引っ張って外す
  • メイクを落としきれていない

などが、まつ毛を痛める原因となります。
刺激や圧力、摩擦をかけないよう心がけましょう。

5.まつ毛美容液を使う

まつ毛美容液を使うことで、まつ毛を伸ばす効果を期待できます。
メイク時や寝る前などのスキンケアにプラスするだけなど、手軽に使えるものが多いので、まつ毛を伸ばしたい方にオススメの方法です。

まつ毛美容液でまつ毛が伸びる理由

まつ毛美容液でまつ毛が伸びるのはなぜでしょう?
主な理由は3つです。

まつ毛を伸ばす成分が配合されている

まつ毛美容液には育毛成分が配合されているものがあります。
その効果により、まつ毛の発毛を促し、長く伸ばすためのケアができるのです。

抜け毛や切れ毛を防ぐ

まつ毛美容液には保湿成分や美容成分が含まれているものが多くあります。

使うことでまつ毛のハリや強度をサポートし、成長期にまつ毛が最後まで伸びきる力を与え、途中で切れたり抜け落ちたりすることを防ぎます。

目まわりに使う化粧品なので刺激が少ない

目元の刺激はまつ毛のダメージにもなるため、まつ毛を伸ばすためには避けたいことです。

まつ毛美容液は、もともと目の周りに使うために作られた化粧品です。
そのため刺激が少ないものが多く、安心して目元に使うことができます。

まつ毛が伸びる!オススメのまつ毛美容液10選

通販で購入できるものや期購入すると割引価格になるもの、またドラッグストアなどでも手に入るものなどから、オススメまつ毛美容液を10つ集めました。

プレミアムアイラッシュエッセンス

内容量:6ml 価格(税込):4,104円/送料別
定期購入(税込):3,694円/送料無料

【公式HP】へ


アットコスメの口コミ評価で星5つ越えをしている、まつ毛はもちろん眉毛にも使えるまつ毛美容液です。

プレミアムアイラッシュエッセンスには、まつ毛の育毛やハリをサポートするアロエベラやオタネニンジンエキス、昆布エキスが配合されています。

また、セイヨウナシエキスやビルベリーエキスがまつ毛だけでなく、目元のケアもしてくれるのも嬉しいところです。

公式HPを見てみる

マユライズ

内容量:4ml 価格(税込):9,698円/送料別
定期購入(税込):初回限定1,058円(最安540円)
2回目以降6,458円/送料無料

【公式HP】へ

育毛剤にも使われるアミノ酸が含まれた、卵美容液配合の眉毛美容液です。

眉毛美容液として販売されていますが、まつ毛にも使うことができるため、薄眉の悩みとまつ毛の悩み両方を抱えている方におすすめします。

まつ毛成長に役立つオタネニンジンエキスとビワの葉エキスが配合され、血行促進と美容効果をもたらします。

公式HPを見てみる

湘南美容ロングラッシュリッチ

内容量:8ml 価格(税込):4,860円/送料別
2本セット(税込):9,234円/送料無料
3本セット(税込):14,337円/送料無料
定期購入(税込):3,985円/送料無料

【公式HP】へ

まつ毛エクステしていない人はもちろんですが、この商品はまつ毛エクステをしている方使うことができますラピッドラッシュ。

まつ毛エクステの多くはオイルに弱く、オイル入りの化粧品を使うと取れやすくなってしまいます。
しかし湘南美容ロングラッシュリッチはオイルフリーで作られているので安心です。

ブラシとチップが一体化した独自のブラシで、まつ毛エクステをしている目元でも細かい部分を塗りやすく作られています。

まつ毛の長さを出すのに効果的な成分を数種類配合しているほか、トリートメントに効果的な成分なども配合されています。

公式HPを見てみる

ラピッドラッシュ

内容量:1.5ml・3ml 価格(税込):5,940円(1.5ml)/9,720円(3ml)/送料無料

【公式HP】へ

世界的に人気のあるコスメブランド、ベリタスから発売されている、まつ毛の長さだけでなく、太さ、カール、密度にも効果を発揮するまつ毛美容液です。

ヘクサチンR1複合体が、傷んだまつ毛の補修をサポートし、潤いやハリなどを与えてくれます。
忙しい方でも使えるような、1日1回、夜のスキンケアでアイラインを引くように塗るだけでいい手軽さもおすすめのポイントです。

公式HPを見てみる

リバイタラッシュ

内容量:2ml 価格(税込):10,584円/送料無料

【公式HP】へ

※画像はサイトのキャプチャーです。

3週間ほどでまつ毛の変化に気づく方が多い、まつ毛美容液です。
細い筆が採用されていて、まつ毛のキワにも塗りやすくなっています。

リバイタラッシュ独自の成分BIOPEPTIN COMPLEXが、ボリュームとハリのあるまつ毛へと導き、小麦タンパクやトウキンセンカエキスなどの成分がまつ毛に潤いや強さを与えてくれます。

公式HPを見てみる

Eyelash ONE

内容量:6ml 価格(税込):5,500円/送料別
定期購入(税込):4,500円/送料無料

【公式HP】へ

毛髪診断士が開発した、まつ毛とまぶたの美容液です。
メイクの上からも塗れるので、外出時に目元の乾燥が気になる時や、メイク直しの時などにも便利に使うことができます。

ヒト幹細胞エキスやキャピシキル、リデンシルなどの成分が配合され、ハリやコシ、そして長さとの密度のあるまつ毛へと導きます。

公式HPを見てみる

ディアモストアイラッシュ

内容量:5ml 価格(税込):5,184円
定期購入初回(税込):2,628円(以降4,298円)

【公式HP】へ

マツエクサロンの経営者と研究開発をしたまつ毛美容液です。

まつ毛の潤いやハリを、アルガンオイル、ホホバオイル、マヌカハニーで実現します。
また、ワイルドラッシュが配合されていることにより、毎日のビューラーやマツエクでのダメージもケアします。

オーガニック処方なため目元にも優しく、まつ毛だけでなく目元や眉毛にも使えるのもオススメのポイントです。

公式HPを見てみる

市販で買えるオススメのまつ毛美容液

使おうと思ったら空っぽに近かった時や、お出かけついでに買いたいという方にうれしい、ドラッグストアやコスメショップなどで買える、市販のオススメまつ毛美容液も紹介します。

全て通販でも購入できるので、生活に合わせて便利な買い方が選べます。

フローフシ THEまつ毛美容液

内容量:5g 価格(税込):1,296円
フローフシ THE まつげ美容液

フローフシと言えば、大人気のマスカラを思い浮かべる方も多いことでしょう。
しかしマスカラを塗るまつ毛のケアも、フローフシは忘れていません。

まつ毛に塗るというより、指でアイクリームのようにまぶたとまつ毛に塗るタイプなので、スキンケア感覚で使うことができます。

まつ毛だけでなく眉にも使え、オイルフリーなためまつ毛エクステをしていても、メイクの上からも使えるなど、便利なポイントがたくさんあります。

エンドミネラルが配合されていて、密度のある抜けにくいまつ毛に育てていきます。
また、指でクリームを塗ることによりマッサージ効果も得られ、長いまつ毛を育てるために必要な血行促進にも役立ちます。

DHC アイラッシュトニック

内容量:6.5ml 価格(税込):1,296円
DHC アイラッシュトニック

ダメージを受けたまつ毛の状態を整えてくれるまつ毛美容液です。
ジェル状で液だれしにくく、まつ毛にも塗りやすくなっています。

まつ毛のヘアサイクルも整え、成長期のまつ毛状態をよくすることにより、長いまつ毛が育つよう導いてくれます。

スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュ

内容量:4ml 価格(税込):3,460円
まつ毛美容液 スカルプD ボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム

口コミも多く、人気や注目度も高いまつ毛美容液です。

ワイルドラッシュやミツイシコンブエキスなどが配合され、抜けにくく健やかなまつ毛を育てます。
また、まつ育に効果的な成分をナノカプセルに凝縮させることで、肌の奥へと届ける力を高めています。

番外編:まつ毛を伸ばすサプリ

まつ毛を伸ばすためには、まつ毛美容液を使った外からのケアだけでなく、体の内側からもケアできるサプリを使うこともオススメの方法です。

ぱっちりウィンク

内容量:60粒 価格(税込):3,300円
定期購入(税込):初回0円(2回目以降2,640円)

【公式HP】へ

まつ毛の成長に役立つタンパク質合成をサポートする、ポリアミンを配合したサプリメントです。

食べ物の好き嫌いが多い方や、肉類、豆類などタンパク質を多く含む食材が苦手な人など、まつ毛のためとはいえ嫌いなものを食べるのはストレスが溜まるものです。
そんな時にはサプリメントを使うことで、ストレスフリーにまつ育に必要な成分を補うことができます。

他にもセラミドやコラーゲン、シルクペプチドなど、ハリや潤いのあるまつ毛のために役立つ美容成分やマルチビタミンも配合されています。

公式HPを見てみる

正しいまつ毛美容液の使い方


メイクの上からも使えるタイプのもの以外は、クレンジングでメイクをしっかりと落とし、洗顔をして目元に何も付いていない状態で美容液を塗るようにしましょう。

まつ毛の生えている皮膚に美容液をつけ、そのあとにマスカラを塗るようにしてまつ毛全体に塗っていきます。
下まつげにも同じように塗りましょう。

まつげ全体にはブラシやチップを横に寝かせて面を広く使い、目頭や目尻などの細かい部分には先端を使うと塗りやすいです。

まつ毛美容液を使う時の注意点

まつ毛だけでなく、まつ毛が生えている根元の皮膚に塗るため、気をつけないと目の中に美容液が入ってしまうことがあります。

ブラシやチップに美容液をつけすぎると液だれも起こしやすく、目にも入りやすくなります。
つけすぎに注意し、明るい場所で鏡を見て丁寧に塗るようにしましょう。

まつ毛美容液のQ&A


まつ毛美容液に対して多くの人が疑問に思っていることを3つ選びました。

眉毛にも使える?

まつ毛に使えるものは、基本的な眉毛にも使えると思って良いでしょう。
逆に眉毛美容液は、まつ毛にも使えると書いていない限りまつ毛には使わないほうが良いでしょう。
まつ毛美容液は目の粘膜にも触れやすいため、低刺激だったり目に入っても安全な成分で作られたりしていますが、眉毛美容液の場合も同じとは限りません。

マツエクの上からでも使える?

マツエクの上からでも使うことはできますが、まつ毛美容液の種類を選ばないと、マツエクのモチが悪くなることがあります。

マツエクの多くはオイルに弱いと言われています。
マツエクに使う接着剤がオイルによって溶け、せっかくつけたマツエクが外れやすくなるというのが主な原因です。

そのため、マツエクをしている方はオイルフリーのものを選ぶようにすると良いでしょう。

オイルに強いタイプのマツエクも出てきましたが、自己判断せずにマツエクサロンでオイル入りのものを使っても良いかを確認するほうが安心です。

美容液で失明するって本当?

まつ毛美容液で失明という報告はされていませんが、目元のトラブルが起こる可能性はあります。

美容成分に対するアレルギーがある場合は、かゆみが出ることがあります。
また、かゆみがあっても使い続けることでまぶたが腫れるなどの炎症を起こすことがあります。

人気商品にはニセモノや類似品が出回っている場合があります。
正規品とは成分が違ったり、偽者に関しては成分表と中身が違ったりすることもあるため、目元に使えるものかどうかという保証もありません。
公式HPや正規取扱店で購入すると安心です。

SNSでも話題!?まつ毛が伸びる噂の方法


まつ毛美容液を使う以外にも、SNSなどでも話題のまつ毛が伸びる方法について紹介します。

ニベアを塗る

昔から親しまれているニベアを顔の保湿に使っていたら、まつ毛も伸びた!という口コミが多く見られます。

顔と一緒にまつ毛が保湿され、肌状態も整うことでまつ毛が伸びるようなことがあるのかもしれません。

綿棒などを使ってまつ毛に塗る方もいるようですが、まつ毛用美容液と違い、目元用に作られている製品ではないので、あまりおすすめはできません。

RJローション(ダイソー)をつける

100円ショップのダイソーから発売されているスキンケアアイテムです。
育毛にも効果があると言われているローヤルゼリーが配合されているため、まつ育にも使っている方がいるようです。

ただし肌に塗りやすい液状のものなので、目に入らないよう注意しておきましょう。

馬油を塗る

馬油は保湿効果があり、刺激も少ないのが嬉しいところです。
しかし、目元への刺激がないというわけではありません。

スキンケアに使っていて、まつ毛にもついかくらいならいいかもしれませんが、目元に使うのはやはりおすすめできません。

リップクリームを塗る

リップクリームは唇に塗るもので、舐めても安全なもので作られていることがほとんどです。
しかし、目への使用は推奨されていないので注意が必要です。

メンタムや柑橘系のフレイバーが付いているものなどは、目に入ると特に痛みを感じます。

まつ毛を切る

髪の毛先を切ると早く伸びるなんて話があります。
まつ毛も同じ毛ということで毛先を切ってみたという人もいるようです。

しかし、それでまつ毛が伸びるようなことはありません。

逆に目元を保護しているまつ毛を切りすぎてしまうと、目に痛みを感じてしまうこともあります。
刃物を目元に当てるのも危険なので、やめた方が良いでしょう。

ワセリンをつける

ワセリンは油分が多く、保湿をするという意味では効果があるかもしれません。
しかし、医療用や目の軟膏として使われているもの以外は純度があまり高くありません。

不純物が目に入ることを考えると、使用は控えたほうが良いでしょう。

緑内障の目薬を使う

グラッシュビスタという、睫毛貧毛症に使われる医薬品があります。
まつ毛の長さや太さの改善のために病院で処方される薬ですが、この薬に使われているビマトプロストが配合されている緑内障の目薬があります。

そのため、まつ毛を伸ばすのに有効だという話が出てきました。
しかし、目の治療とまつ毛の治療では、その方法が異なります。

わざわざ本来の目的とは違う緑内障のものを使うのではなく、ちゃんとまつ毛の悩みを病院で相談し、まつ毛の薬を処方してもらいましょう。

まつ毛を長く見せる方法は?


まつ毛美容液を使ってまつ毛自体を伸ばすだけでなく、まつ毛を長く見せる方法もチェクしておきましょう。
すぐに目元の印象を変えられるので、デートやパーティなど、特別な日にも使えます。

つけまつげ

以前は舞台メイクで使うようなものが多かったつけまつげですが、今は1本1本の毛が細く作られていたり、密度もより自然なものに近づけていたりと、ナチュラルメイクにも使えるつけまつげが発売されています。

部分的に使えるものもあるので、目尻だけ長くしてセクシーにしたい、目の中央だけ長くしてぱっちり見せたいなど、与える印象で使い分けることもできます。

まつげエクステ

長さやボリューム、カールの強さまでカスタマイズできるまつ毛エクステは、つけまつ毛のように毎日つけかえなくて良いメリットがあります。

メイクを落としても目元の印象がはっきりしているので、温泉に入る時やお泊まりの時にも可愛い目元でいられます。

ボリュームタイプのマスカラ

ボリュームタイプのマスカラは、濃密なまつ毛を演出してくれます。
長さだけでなくボリュームを意識することで、まつ毛の黒い色が強くなり、より印象的な目元にしてくれます。

簡単に塗れて、簡単にオフできる。
一番簡単にまつ毛の長ささや印象を変えることのできる方法です。

まつげに栄養を与えて濃く長いまつげをゲット!


メイクやエクステなどでまつ毛を長く見せることはできます。
しかし自分のまつ毛を伸ばすことができれば、一番自然で目や肌に負担をかけることなく印象的な目元にすることができるのです。

そのためにもまつ毛美容液を使って、毎日まつ毛に栄養を与えましょう。

今回紹介したまつげ毛美容液は、使い方が簡単で手間のかからないものばかりです。
化粧水やクリームのように、まつ毛ケアも毎日のスキンケアに加えて、濃く長いまつ毛をゲットしましょう。

もう一度人気の
まつ毛美容液を見てみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー