What's New

頬や鼻、額が赤みを帯びた状態の赤ら顔。 一見して愛らしい印象を与える赤ら顔ですが、当の本人からしたら単なる悩みの種だということを他人はわかってくれません。 顔の赤みがひとつが、ファッションにもメイクにも影響します。 そこ
「Tゾーンや鼻の周りはテカテカなのに、頬はカサカサ…」「鼻だけメイクが崩れる」「メイク直しをしたときに、キレイにならない」という悩みがある方は、とても多いといわれています。 これらで悩んでいる方は、日本人の8割が悩まされ
お風呂上りに顔がカサカサになる、つっぱってヒリヒリする、粉ふく、かゆみを感じるなんて経験がある方は多いようです。 せっかく体も温まってリラックスしたのに、残念ですよね。 今回は、そんなお風呂上りの顔の乾燥について、原因と
肌が乾燥しているように感じて鏡を見たら、カサカサして、粉を吹いたように白くなっていることがあります。 いわゆる、粉吹き肌と呼ばれるものですね。 「こんな肌じゃ恥ずかしい」 「メイクのノリが悪くて困る」 このような悩みを抱
30代に入ると、それまで乾燥知らずだった肌でも、乾燥しやすくなることがあります。 そのため、化粧水などを使わなくても問題なかった人だとしても、油断すると肌荒れにつながってしまうケースもあるのです。 そこで、なぜ30代から
1 4 5 6 7 8 9 10 133

Special

Pick Up

「透明感が欲しい」「色白肌になりたい!」…そんな思いで美白化粧水を使い始める人が多いと思います。 でも、プチプラから高級化粧水までたくさんの種類があって、どんな美白化粧水を使ったらいいのか分かりませんよね。 お肌のトーン
女子同士のお泊り会や、彼とのお泊りデート、会社の旅行……普段メイクした状態で会ってる人にすっぴんを見せなくてはいけない機会ってありますよね。 でも、化粧を取ったら毛穴が目立つ、ニキビ跡が汚くてとても見せられない…! どう
頬や口元、鼻の頭の皮膚がカサカサ、ポロポロ…。 乾燥してしまったお肌は非常にデリケートです。 粉が吹いてしまうだけではなく、いつも使っている化粧水が急に合わなくなったり、ピリピリしてしまうことも…。 そんなつらい乾燥肌の

スポンサーリンク

Category

化粧品白書をフォロー